大龍鳳茶楼で点心・飲茶の朝食 マカオ

朝食は十月初五日街にある大龍鳳粤菜茶樓の点心・飲茶にしようと思います。

9:30発のフライトに乗るので、7時にはホテルを出発したいところ。お店の開店時間が6時なのでギリギリですね。

開店の6時に合わせてやって来たのですが・・・

tai_long_fong_restaurant_1

まさに今お店を開けたばかりで、これから準備しますって感じ。

地元客もボチボチ入ってきますが、みなさんゆったり談笑していて、私みたいに焦っている人はいません。

tai_long_fong_restaurant_2

いつになれば準備が出来るのか聞いてみるのですが、向こうは英語が出来ないし、こっちは広東語が出来ないし・・・

しばらく放置状態が続きます。

地元客のお客さんは、顔見知りの人らと大声で話している人、一匹狼派で静かに新聞を読んでいる人、人間観察をしていると面白いです。

6時15分くらいになって、おばあさん店員がお茶を準備、注文を受けてくれます。洗杯もやってくれました。

tai_long_fong_restaurant_3

こちらが急いでいるのは、何となく分かってくれているみたい。

このおばあさん、愛想は全くないのですが、こちらが慣れない外国人と思って、色々と気を配ってくれているのが分かります。なんか心温まる対応。

注文はメニュー兼オーダーシートに数を書き入れる方式。

tai_long_fong_restaurant_4

tai_long_fong_restaurant_5

 

写真と日本語付のメニューもあります。

tai_long_fong_restaurant_6

tai_long_fong_restaurant_7

tai_long_fong_restaurant_8

で、注文した点心が出て来たのは6時35分~

急がないと。

桂林馬蹄糕、MOP17。

tai_long_fong_restaurant_9

日本語メニューには「ヒシもち」と書いてありましたが、実際は「シログワイ」のデンプンで作ります。

餅自体はプルプルで甘く、中にシャリシャリの食感のシログワイの実?を小さく切ったものが入っています。

龍鳳鮮蝦餃、いわゆるエビ蒸し餃子(ハーガオ)、MOP24。

tai_long_fong_restaurant_10

 

こちらは潮州蒸粉果、MOP18。

tai_long_fong_restaurant_11

中の具がべちゃべちゃな感じ。水分が多いのかなあ。

おばさんの心遣いはうれしかったので、非常に言い難いのですが、正直、味は今一つでした。庶民的と言うか、クオリティは高くないです。

龍鳳鮮蝦餃も潮州蒸粉果も、皮が厚くてもっさりした印象でした。

計算根拠はよく分かりませんが、お茶代も含め、お会計は合計72パタカ。

大龍鳳茶樓の場所は新馬路をポンテ16の方へ歩いて行き、ポンテ16の手前で右折して十月初五日街に入って、100メートルほどの右手。

ポンテ16周辺の地図とホテル

マカオ ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: マカオ タグ: , パーマリンク