タイ航空国内線 チェンマイ・バンコク線 搭乗記・口コミ・評判

チェンマイからバンコクへはタイ国際航空のTG103便。

この路線はバンコク・プーケット線と並んで、タイ国内線最大の基幹路線なので、LCCも含めてたくさんの航空会社が飛んでいるのですが、さすがにLCCもちょっと飽きたので、今回はタイ国際航空。

タイ航空にしてはそんなに料金が高くなかったこともあるのですが。

ホテルからソンテウを捕まえて行ったところ、チェンマイ空港まで直線距離は近いので、10分くらいで着くと思いきや、かなり大回りをしないといけないみたいで、25分も掛かりました。

多少時間の余裕を持って出たのでドキドキはしませんでしたが・・・この前、ペナンで人生初の飛行機乗り遅れをしてから、安全めで出るようにしています。

タイ航空のチェックインカウンター、ガラガラです。

tg103_sep2015_1

待合室で見ていると日本人乗客も10数人?

このTG103便はバンコク・スワンナプーム空港11:25着、そのまま13:00発の東京・羽田行きTG660便に乗り継ぐ人が多いのでしょう。

tg103_sep2015_2

 

使用機材はボーイング777-300。

tg103_sep2015_3

 

ボーイング777-300ERじゃなくて777-300、古めの機材なのですが、シートのファブリックはカラフルに張り替えられています。

tg103_sep2015_4

 

機内エンタメ用のパーソナルモニター付きですが、ヘッドホンの準備もなく、プログラムもフライトマップくらい。

tg103_sep2015_5

エコノミークラスの座席配置は3-3-3ですが、私は2-3-2となっているところの窓際を、24時間前から受け付けているiチェックイン(ウェブチェックイン)の際に指定していました。

隣は空席、というか全体的にガラガラ。後ろから2つめのブロックでしたが、ざっと見て半分も埋まっていません。3割程度でしょうか。

tg103_sep2015_6

 

シートピッチは31-32インチ(約79-81cm)と、まあLCCよりはマシです。

tg103_sep2015_7

 

フライトスケジュールでは1時間20分ですが、実質1時間程度のフライトにもかかわらず機内食あり。軽食ですが。

tg103_sep2015_8

サンドウィッチ、デニッシュ、オレンジジュース、それに後からコーヒーor紅茶のドリンクサービス。

1時間程度の国内線に機内食が必要なのかと思いますが、タイ航空にはケータリング・ベーカリーの子会社もあり、そう簡単に止められない?

オレンジジュースを飲んでいたら、変な構造のカップ。

tg103_sep2015_9

 

分離して、コーヒーor紅茶用のカップ登場。

tg103_sep2015_10

出発は15分ほど遅延したのですが、バンコク・スワンナプーム空港には定刻の5分前に到着。実質1時間弱のフライトでした。

その他のタイ国際航空の搭乗記を見る

チェンマイ国際空港周辺の地図とホテル

チェンマイ 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク

タイ航空国内線 チェンマイ・バンコク線 搭乗記・口コミ・評判 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: タイ国際航空国内線 バンコク・プーケット線 旅行記・口コミ・評判 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。