リモワ・クラシックフライト 新しい旅の相棒

今まで旅行には、ボストンバッグを使っていました。スーツケースだと、鞄自体が重いという理由です。

でも、ボストンバッグはキャスターが付いていないので、どこでも持ち上げて運ばないといけないんですよね。1週間程度の旅で航空会社のチェックインカウンターで預ける際に重量を見ると、だいたい8~9kg程度です。

結構重いなあ・・・最近、スーツケースをゴロゴロ転がしている人を見て、うらやましく感じるように。

で、スーツケースを買うことにしました。

いつもターンテーブルで他人のスーツケースを見る機会は多いのですが、ジュラルミン(アルミ合金)のが欲しいなあ。

一番メジャーなのは、リモワ(RIMOWA)のトパーズ?ボリカーボネートの商品に比べると結構お値段高いですね。

色々ネットで見ていたら、見た目ですごく気に入ったのが、

クラシックフライト(Classic Flight)

トパーズより軽くて(ジュラルミン板が薄いという説も)、値段も安め。しかも最近、マイナーモデルチェンジして、TSAロックが付き、マルチホイールになったらしい(ニ輪→四輪キャスター)。

それにトパーズと違って使っている人が少ない→ターンテーブルで間違えられる可能性が低いのもいいかな。

ということで買っちゃいました。

rimowa_classic_flight_1

rimowa_classic_flight_2

大きさは63Lにしました。

今まで使っていたボストンバッグをざっくり測ると約40Lだったのですが、ちょっと容量がギリギリで、パンパンになることもあったので。

このクラシックフライトの63L自体が重さ4.6kg、今までボストンバッグだと重さ8~9kgだったので、今回どれくらいになるかなあと思ったら、11.4kgでした。

これなら格安航空会社(LCC)の受託手荷物の一番軽いカテゴリーの15KGでも大丈夫そうです。

(追記)約2年間使用してみての感想ですが、外観はかなり好みです。既に50フライト位は経験しているので、角とかエンボスに少し凹み・キズはありますが、これはアルミ系スーツケースの宿命で仕方ないです。

今までスーツケースというものを使ったことがないので、他との比較はできませんが、重さもほとんど気にならないですね。思ったより軽いという印象。

仕切りがないので、開けると中の服とか荷物がばらけてしまうのが唯一の不満でしょうか。でもそれを考慮しても90点くらいの満足度はあり、買って良かったと思っています。

リモワ・クラシックフライト販売店

カテゴリー: 日本 タグ: パーマリンク