the b 博多(ザ ビー 博多) 博多駅近くのホテル 旅行記・口コミ・評判

 

福岡3日目はthe b 博多(ザ ビー 博多)という

ホテルに宿泊しました。

 

シングルルーム(禁煙)という部屋を予約、料金は

1泊税・サ込、朝食なしで3,200円。Go To トラベルの

35%オフがあるので安いです。

 

元々この日は長崎に行く予定でしたが、台風接近で

行けなくなる可能性があるので、直前までホテルは

予約せずにいました。

 

いよいよ長崎に行くのは無理だと諦め、前日の夜に

予約したもの。

 

移動を考慮し、前日に泊まっていた東急ステイ博多

また翌日の朝には長崎へ向かう予定なので博多駅、

どちらからも徒歩圏内という立地条件で探しました。

 

最安プランより少し高かったのですが、チェックイン/

アウト共に13時(つまり最大24時間滞在可能)という

プランにしました。通常ですとチェックインが15時~、

チェックアウトは~11時となります。

 

このプランは「九州に縁のある方限定」となって

いました。

 

私自身九州に住んでいたこともあるし、両親も

九州出身で縁はあるのですが・・・

 

九州に縁のある方限定と言っても、単に九州好きと

いうだけでもOKで、特にチェックはありません。

 

ロケーションは博多駅筑紫口から徒歩4~5分。

コンビニは徒歩1分内にファミリーマートと

ローソンあり。

 

the b (ザ ビー)って、ブティックホテル、

デザイナーズホテルと思って予約したのですが、

外観はいかにもビジネスホテル風。

 

午前中の散歩時に見かけたthe b 福岡天神はすごく

モダンな建物だったのになあ。

 

ロビーも洒落た雰囲気はなく、古いビジネスホテルを

改装しましたという感じ。

 

福岡で先に泊った2軒のホテルはなかったのですが。

ここではチェックイン時に福岡県・市の宿泊税200円が

徴収されました(PayPayでも支払い可能でした)。

 

ホテル、予約業者、それとも予約プランによる違い

なのか、よく分かりません。最終日に宿泊した別の

ホテルでも徴収されました。

 

ヘアバンド、メイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液

などのアメニティグッズはレセプションカウンターに

あるので、各自で必要なものを持って行きます。

 

ロビーにはコーヒーサーバーが置いてあり、無料で

頂けます。

 

部屋は419号室。

そういえば福岡に来て、405号室、410号室、そして

419号室と3軒連続で4階の部屋です。

 

うっ、狭い。

予約メールには15平米と書いてあったのですが、

そんなにあるかな?

 

シングルルームだから仕方ないか・・・

 

ホテルのウェブサイトの画像ではピカピカな内装

でしたが、実際はそうでもない。

 

枕元にライトのスイッチ類や時計がありますが、

一昔も二昔も前って感じのデザインです。

 

読書灯が付いていました。

 

窓からは隣のビルの非常階段ビュー。

ちょうどドアから人が出てきて目が合い(合った

ような気がした)、気まずい雰囲気。

 

室内はエアコンが効き過ぎで寒いです。

 

エアコンの温度調節は出来ず、切・弱・中・強しか

ありません。各部屋ではコントロール出来ず、全館で

一括管理されているようです。

 

禁煙ルームなのに、何となくタバコ臭いと言うか

饐えた臭いがするのも、そのせいかもしれません。

 

ライティングデスクはそれなりに広さがあり、椅子も

立派なものですが、ベッドとの隙間がギリギリ。

 

デスクの下に空の冷蔵庫。

 

ケトルにカップ・グラス類。

 

日本のビジネスホテルでは必須アイテムの

加湿機能付き空気清浄機。

 

部屋に入ってすぐにあるクローゼット。

 

折り畳み式のラゲッジラック、スリッパ、靴ベラ、

消臭スプレー。

 

パジャマはワンピースタイプです。

 

バスルームはかなり年季を感じます。

 

それと底上げされているのか、ベッドルーム側より

一段高くなっており、バスルームを出た時に足が

ガクッとなって違和感があります。

 

トイレはウォシュレット付きですが、「パナソニック」

ではなく「ナショナル」ブランドの古いもの。そして

作動音がびっくりするほど大きい。

 

洗面台にハンド兼フェイスソープ。

 

ボディタオル、歯ブラシ・歯磨き粉、髭剃り、くし、

ヘアドライヤー。

 

バスタブは意外と余裕のある広さでしたが、経年の

汚れなのか少し清潔感に欠けていました。

 

シャワーなら使用上問題はないですが、バスタブに

お湯を溜めるとなると湯量が頼りなかったです。

 

ボディソープ、コンディショナー、シャンプー。

 

タオル類はバスタオルとフェイスタオルの2サイズ。

 

館内施設としては下記があります。

 

エレベーターそばに有料チャンネル用カード販売機と

貸出品のズボンプレッサー。

 

2階にランドリールーム(コインランドリー)があり、

洗濯機・乾燥機が各2台設置されています。

 

料金は洗濯機200円、乾燥機100円/30分。

 

(参考)

博多駅 洗濯機・コインランドリーのあるホテル・旅館

 

同じランドリールーム内にソフトドリンク、ビール・

缶チューハイの自動販売機。

 

製氷機も設置されています。

 

the b 博多に泊っての感想ですが・・・

 

大きな不満はありませんが、所々で古い痕跡が

見受けられます。

 

料金からすればこんなものかもしれませんが、

同じような料金・立地で他にもっと良い選択肢が

あると思いました。

 

the b 博多(ザ ビー 博多)の客室タイプ・料金を調べる

博多駅周辺の地図とホテル

福岡 中洲 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

 

カテゴリー: 日本 | タグ: , | コメントする

かんてきや 博多本店でランチ

 

博多駅周辺からキャナルシティ、中洲、天神と散歩

したのですがランチを食べる店が見つかりません。

 

早朝に台風10号は過ぎ去り、もう良い天気なのですが、

前日に決定した臨時休業で多くのショッピングモールや

レストランは営業していないのです。

 

牛丼とかハンバーガーとかファストフード店はやって

いる店も多いのですが、福岡まで来て全国どこでも

食べられるチェーン店ってのもなあ・・・

 

博多駅周辺に戻ってきて、昨日の夕方も営業していた

「かんてきや 博多本店」に行ってみます。

 

かんてきやは九州料理の居酒屋かな。

 

タイ・バンコクにも出店していてジャスミンシティ

(アソーク)スクンビット・ソイ39(プロンポン)

支店に行ったことがあるんですよ。

 

予想通り営業していました。

 

2組ほど並んでいたのですが、他に行くあてもないので

待つことにします。

 

店員がやって来て、

 

「だいぶ待ちますよ」

 

「何分くらいですかね?」

 

「分かりません!」

 

なんか愛想悪いなあ。

 

後から来た客に対しても、かなり待つとの一点張りで

とにかく追っ払おうという感じ。

 

挙句の果てにはまだ13時前なのに、店先の札を

「営業中」から「準備中」に裏返していました。

 

このお店、グーグルマップの口コミで2.9とかなり

評価低いんですよ。店員の態度と料理の味の両方で

厳しい意見が並んでいます。

 

結局、10分ほど待っただけで案内されました。

掘りごたつ式のテーブルで半個室状になっています。

 

ランチの定食はどれも780円みたいです。

 

カキフライ定食に惹かれていたのですが・・・

「当店イチオシ名物!」と書かれたチキン南蛮定食を

注文しました。

 

ご飯、味噌汁などはセルフでお代わり自由です。

 

チキン南蛮ですが・・・

タルタルソースが液状でベチャベチャです。

 

グーグルの口コミにも同じ意見が何件か書かれていて

皆さん思うことは同じだけど、店は改善する気がない?

 

そしてご飯もおいしくない。

安物の米を使っているのか、それとも炊き方が悪いのか。

 

不味くて食べられないってことはないですが、飲食店

としてはかなりレベルが低いと思います。

 

それにスタッフが足りないのか、店員さんの雰囲気も

殺伐としていて、いいとこなしです。

 

このブログを書く際にメニュー画像を見ていて

気付いたのですが、無料の「アフタードリンク」に

ついても何も言われませんでした。

 

言わない客には提供しないということみたいです。

 

口コミで指摘されているネガティブな意見は、どれも

頷けるものばかりでした。

 

バンコクの店にはそんな悪い印象はなかったのですが・・・

 

無理やり良い点を挙げると、博多駅からすぐという

立地くらいでしょうか。それと支払いにPayPayが使えた

のは良かった。

 

お店の場所は博多駅・筑紫口から徒歩1分、新幹線博多駅

西高架下、ヨドバシカメラの前にあります。

 

博多駅周辺の地図とホテル

博多駅 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

 

カテゴリー: 日本 | タグ: , | コメントする

筑前國一之宮 住吉神社 福岡

 

台風10号は午前5時過ぎ、福岡に最接近して

通り過ぎたようです。

 

かつてない規模と言っていたわりに大したことは

なかったような・・・

 

それでも強風により何度かホテルの建物が揺れている

のを感じました。4階の私の部屋でもそこそこの揺れ

でしたので、高層階ならもっと感じたかもしれません。

 

台風一過で良い天気なのですが、前日に決定していた

臨時休業でどこも営業しておらず、観光する所もない

のでホテルでゆっくりします。

 

11時にチェックアウトし、荷物を預けて、散歩兼昼食に

出掛けます。

 

博多駅近くのホテルからキャナルシティ、中洲、天神と

歩いて行き、ついでに昼食を食べようという計画です。

 

グーグルマップを見ていると、キャナルシティへ向かう

途中に「住吉神社」があるのを発見します。

 

そこそこ有名な神社らしいので、寄ってみましょう。

 

住吉神社への途中、もしかしてやってないかなあと

淡い期待をして「うどん平」を見てみますが、やはり

お休みのようです。

 

住吉神社が見えてきました。

 

こちらは南門になるようです。

 

官弊小社 住吉神社と書かれています。

 

官幣小社って何?

 

ネットで調べると、明治維新~戦後GHQが国家による

神社管理を廃止するまで存在した近代社格制度により

神社の社格が下記の通り分類されていました。

 

1)官社

(A)官幣社 大・中・小

(B)国幣社 大・中・小

(C)別格官幣社

格としては官幣大社>国幣大社>官幣中社>国幣中社>官幣小社>国幣小社>別格官幣社

 

2)諸社(民社)

(A)府県社

(B)郷社

(C)村社

格としては府県社>郷社>村社

 

3)無格社

 

また住吉神社は「筑前國一之宮」とされていますが、

一之宮とはその地域で最も社格が高いとされる神社。

 

但し、明確な法的根拠・具体的制度はなく、一之宮を

名乗る神社が複数あることも多いようです。筑前国では

この住吉神社と筥崎宮が一之宮を名乗っています。

 

上記の戦後廃止された近代社格制度では、住吉神社が

官幣小社だったのに対し、筥崎宮は官幣大社でした。

 

南門を入ると、すぐに三日恵比須神社が出てきます。

 

神社の中(もしくは隣接地)にある小さな神社を

摂社・末社と呼びます。

 

神社の主祭神と縁故の深い神を祀ったものが摂社で

それ以外は末社となります。

 

太宰府天満宮に関することを調べていて知りました。

 

この三日恵比須神社は末社。

祀られているのは事代主神(ことしろぬし)ですが、

この神様は恵比須(恵比寿)様と同一視されています。

 

手前に恵比須様の像がありました。

 

触れる場所によりご利益が異なるようで・・・

全身触れておきました。

 

相撲場(土俵)があります。

住吉神社では九州場所の前に横綱奉納土俵入りが

行われるなど、相撲と縁が深いです。

 

本殿が見えて来ました。

 

住吉神社の主祭神は住吉三神と呼ばれる

 

底筒男神(そこつつのをのかみ)

中筒男神(なかつつのをのかみ)

表筒男神(うわつつのをのかみ)

 

航海・海上・漁業の神様とされています。

 

最近は日本の神社に来ることもなかったし、

以前も漠然と参拝していましたが・・・

 

日本の神道の神社は仏教・道教などと異なり、

参拝対象となる仏像・神像がないですよね。

 

その代わりに依り代(よりしろ=神霊が依り付く

対象物)の鏡などが安置されています。

 

ところで住吉と言えば、私には大阪の住吉大社が

まず頭に浮かびますが・・・

 

住吉神社(福岡)、住吉神社(下関)、住吉大社

(大阪)を三大住吉と呼ぶそうです。

 

現在全国に2,300社余りある住吉神社の総本社は

住吉大社ですが、福岡の住吉神社は始祖ということ

らしい。

 

会社で言うと、住吉大社が本社で、住吉神社(福岡)

が発祥・創業の地みたいなものでしょうか。

 

本殿は「住吉造」と呼ばれる神社建築様式の一つ、

1623年黒田長政により再建されたもので、現在は

国の重要文化財に指定されています。

 

 

天皇皇后両陛下 幣饌料と書かれた立札がありますが、

幣饌料って何でしょう?

 

幣饌料とは・・・

 

天皇皇后両陛下が行幸啓なされる際に、ご訪問先の

都道府県の旧官幣社・旧国幣社の神社に下賜される

お供え物

 

だそうです。

 

本殿そばにある古代力士像。

 

さらに境内を散策しますと、赤い鳥居のトンネルの

先にあるのが荒熊・白髭稲荷神社。

 

五穀豊穣・商売繁盛の神様である豊受大神

(とようけのおおかみ)が祭られています。

 

こちらは「のぞき稲荷」。

覗いたら、依代(よりしろ)の鏡が見えました。

この鏡に自らの姿を写して、ひとつ願いを掛けると

適うそうです。

 

小さな摂末社が4社。

 

船玉神社 御祭神:猿田彦大神

志賀神社 御祭神:綿津見大神

人丸神社 御祭神:柿本人麻呂公

菅原神社 御祭神:菅原道真公

 

そういえば、志賀神社(志賀社)は太宰府天満宮にも

あったなあ。

 

同じような造り・大きさで並んでいますが、

祭られている神様により、船玉神社と志賀神社は摂社、

人丸神社と菅原神社は末社となります。

 

そろそろ次に行きますか。

 

本殿の前にあるのが神門。

 

 

神門を出た所に苔むしたいい感じの狛犬が

待ち受けていました。

 

 

 

住吉神社に行き、ブログを書く為に色々調べたことで

今まで知らなかったことを知れたのが一番の収穫です。

 

住吉神社周辺の地図とホテル

博多駅 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

 

カテゴリー: 日本 | タグ: , | コメントする

東急ステイ博多 旅行記・口コミ・評判 博多駅近くの洗濯機付きホテル

 

福岡2日目は東急ステイ 博多に宿泊しました。

 

モデレートダブルという部屋を予約、料金は1泊税・サ込み、

朝食なしで2,711円と激安。

 

Go To トラベルの35%オフがあるといっても、こんなに

安くて良いの?通常なら少なくとも1泊6~7,000円はする

はずです。

 

ロケーションは博多駅筑紫口から徒歩7分程度ですが、

すぐ周りに飲食店は少なく、静かな環境です。コンビニは

徒歩1分でローソンとファミリーマートあり。

 

駅近というほどではありませんが、博多駅から高架下を

歩いて行けるので、ほとんど雨に濡れずに済みます。

 

外観はホテルと言うより、高級マンションのようです。

 

この日の夜から明日朝にかけて、「かつてない規模」の

台風10号が最接近するということで、玄関のガラスは

養生テープで補強されていました。

 

一般的なビジネスホテルよりロビーは広くて開放感が

あり、シティホテル風ですね。

 

チェックイン時間の15時過ぎに着いたのですが、

ロビーは人で溢れかえっていました。

 

何だろう?

新型コロナウィルスの影響で中国人団体ツアー客なんて

いないはずだけど・・・

 

どうも台風接近で地元・福岡の人の一部が避難所ではなく、

ホテルに避難して来ているようです。

 

呆然と見ていると、スタッフの方が近付いてきたので

どれくらい待つのか聞いてみると、少なくとも3~40分は

掛かると。

 

順番待ちの名前だけ登録し、博多駅近くのドトールで

時間をつぶします。

 

16時前に戻ったところ、まだ私の順番は回ってきて

おらず、あと2組待ちとのことでした。

 

ロビーにはソフトドリンク、ビール、缶チューハイ

などの自動販売機。

 

無料のウォーターサーバーとコーヒーサーバー。

 

やっとチェックイン出来まして、部屋は410号室。

 

部屋に入ってすぐに乾燥機能付き洗濯機が設置されて

います。これが目当てでこのホテルを予約しました。

洗剤はチェックイン時に小袋を渡してくれます。

 

洗濯機はシャープ製。

海外でも室内に洗濯機のあるサービスアパート・

ホテルによく泊まるのですが、今まで経験した中で

一番静かな洗濯機でした。

 

(参考)

博多駅 洗濯機・コインランドリーのあるホテル・旅館

 

洗濯機の上に電子レンジも置いてありますが、

簡易キッチンがあるわけではなく、ウィークリー

マンション・サービスアパートとは違って、やはり

ホテルというカテゴリーでしょうか。

 

ズボンプレッサー。

 

クローゼット(ハンガーラック)。

 

シューポリッシャー(靴磨き用のクロス)に靴ベラ。

 

消臭スプレー。

 

スリッパ2種類。

 

オープンして2年3ヶ月程度のようですが、まだまだ

新しい感じがします。シンプルで上品な内装、豪華さは

ないものの、安っぽさも全くなく、好印象です。

 

部屋の広さは18平米と日本の一般的なビジネスホテル

よりは多少余裕があり、一人なら窮屈感はないです。

 

ダブルベッドも海外で泊まるホテルと遜色ないくらい

ゆったりしています。

 

ベッドはどこのブランドか不明ですが、マットレスの

クッション具合もリネンの肌触りも良く、寝心地は

最高でした。

 

ベッド脇にはライトのスイッチに、電源コンセント、

充電用のUSBポートがあります。

 

反対側にも電源とUSBポート有り。

部屋全体でも電源コンセントが多く、便利でした。

 

 

テーブル&チェアのセットもあります。

 

台風接近でほとんどのレストランが閉まっており、

この夜はホテルでコンビニ飯となったので、テーブルが

あって丁度良かった。

 

空の冷蔵庫にケトル。

 

海外のホテルでは当たり前にあるペットボトルの

ドリンキングウォーターですが、日本ではビジネス

ホテルですと、ほとんどないですね。

 

日本では水道水が飲めるから?

 

引き出しにはカップ・グラス、アイスペール。

 

その下にセーフティボックス。

日本のビジネスホテルでは珍しいです。

 

ライティングデスクは広くて、電源コンセントも

あり機能的ですが、椅子に背もたれはありません。

 

Wifiの通信速度も快適でした。

 

空気清浄機兼加湿器。

 

窓には透光性のあるロールスクリーンカーテンと

遮光カーテン。

 

バスルームも清潔で、ビジネスホテルのような

圧迫感はありません。

 

トイレは勿論ウォシュレット付き。

 

台風の影響で停電・断水した場合、マニュアルで

操作する方法が書かれた紙が渡されました。

 

洗面台。

 

ヘアドライヤー。

 

洗面台周りに置いてあるアメニティグッズは、

歯ブラシ・歯磨き粉とハンド兼フェイスソープのみ。

 

バスタブはゆったりしています。

 

ボディソープ、シャンプー、コンディショナーは

ポーラのエステロワイエ(Esthe Royer)ブランド製品。

 

タオル類はバスタオルとフェイスタオルの2サイズ。

 

それ以外のアメニティグッズは1階のエレベーター前に

置いてあり、各自必要なものを持っていくシステム。

 

外で博多らしいものを食べようと、朝食なしの予約に

したのですが、別途払って食べる場合の料金は1,020円と

案内がありました。

 

チェックインに時間が掛かったのは少しイラっと

しましたが、大型台風の接近に伴うイレギュラーな

ケースなので仕方ないでしょう。

 

今回福岡では料金にそれほど差がない4軒のビジネス

ホテルに泊まったのですが、この東急ステイ博多が

圧倒的に快適でした。

 

室内に洗濯機があるのは便利でしたが、それを抜きに

しても一番良かったです。

 

ビジネスホテルよりは一段グレードが上という印象。

 

他の都市でも東急ステイがあれば、また泊まってみたい、

有力な宿泊先候補になると思いました。

 

東急ステイ博多の客室タイプ・料金を調べる

博多駅周辺の地図とホテル

福岡 天神 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

 

カテゴリー: 日本 | タグ: , | 2件のコメント

サザエさん通り サザエさん発案の地 福岡・西新

 

天神でランチを済ませ、次は福岡市博物館へ行きます。

志賀島で発見され、国宝にも指定されている有名な

「漢委奴国王」の金印が展示されている博物館です。

 

天神北からバスに乗り、西南中高前のバス停で下車、

そこから歩いて行ったところ・・・

 

台風10号接近の為、臨時休館になっていました。

 

一応HPも見て、特に休館とも書いてないのを確認

したはずですが。

 

これで学習し、この後行く予定の鴻臚館跡展示館と

福岡アジア美術館に電話で確認したところ、同じく

臨時休館でした。

 

あ~あ、もう今日はダメか。

 

台風が最接近するのは明日の朝なので、明日は無理

だろうけど、この日は何とか観光出来ると期待して

いたんですけどね。

 

午前中に太宰府天満宮と九州国立博物館に行けただけ

まだマシか。

 

戻るしかないので、グーグルマップで福岡市博物館から

西新駅までのルートを確認していると、サザエさん通り

なるものがあるのを発見します。

 

サザエさん通りって、東京・桜新町じゃないの?

 

ちょうど駅までの通り道なので見て行きますか。

 

ここですね。

 

通りの左右に西南学院の建物が並んでいます。

 

何もないなあ~と思いながら歩いていると、

「西南学院前」の交差点にサザエさんの像が

立っていました。

 

サザエさんともう一人は誰?と思ったら、原作者の

長谷川町子先生でした。

 

ここの案内図を見ると、「サザエさん発案の地」

なる場所があるのですが、さっき通り過ぎて来た

ところやん。

 

距離にして約400メートル、片道5分・往復10分か・・・

博物館が閉まっていて、テンションが下がり気味。

 

特にサザエさんファンというわけでもないし、どうせ

大したものはないだろうと思ったのですが、折角なので

戻ることにしました。

 

よかとピア通りとの交差点(「西新通り」交差点)に

あり、西新1号緑地、磯野広場と言うようです。

 

 

サザエさんの原作者・長谷川町子さんは、現在の

佐賀県多久市生まれで、福岡で育ちます。

 

一旦上京しますが、疎開の為、昭和19~21年は

福岡市のこの辺りに住んでいたようです。

 

昭和21年、西日本新聞系の夕刊フクニチから

漫画の連載依頼があり、この辺りの海岸線を散歩

しながら登場人物を考案したそうです。

 

 

まあこれだけです。

 

東京・桜新町の長谷川町子美術館のような施設が

あるわけでもなく、福岡市博物館のついでに来る

程度の所でしょうか。

 

サザエさん通りを後にして、地下鉄の西新駅から

中洲川端駅へ向かいます。

 

台風接近により観光出来そうな所はどこも閉まって

いるので、預けた荷物をピックアップし、次のホテルに

チェックインするしかなさそうです。

 

福岡市博物館周辺の地図とホテル

福岡 天神 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・旅館

 

カテゴリー: 日本 | タグ: , | コメントする