シュエダゴンパゴダ ヤンゴン最大の観光名所

 

ヤンゴンでの実質的な最終日。

午前中にシュエダゴンパゴダへ行こうと思います。

 

ちょっと面倒臭く感じていたのですが、ヤンゴンに

来てシュエダゴンパゴダを見ずして帰るのは、やはり

後悔しそうですしね。

 

入場は裸足にならないといけないので、地面が暑く

なる前、朝早めに行くことにしました。

 

ホテルの部屋から朝見えた、ライトアップされた

シュエダゴンパゴダ。

 

少し距離はあるけど歩いて行こうと思っていましたが、

グーグルマップで調べると40分以上掛かりそうなので、

諦めてタクシーで。

 

タクシーの運転手は一番近い西門で降ろしたそうでしたが、

なんとなく正門っぽい南門へ行ってもらいました。

 

東西南北どの入口もそうですが、巨大な獅子の像が

鎮座しております。

 

屋根付きの参道のようなところを歩いて行きます。

 

脇には土産物屋などがずっと続いています。

 

 

6~7分歩くと境内の入口に到着。外国人は入場料

10,000チャット(約750円)を支払い、シールを貼って

貰います。ミャンマー人は無料らしいです。

 

境内に入りました。

 

シュエダゴンパゴダと言えば、この黄金の大仏塔

ですよね。

 

 

敷地内には大小無数の礼拝堂・仏塔・祠があります。

 

 

こちらの礼拝堂はブッダの歯(仏歯)を祀っている

ようです。

 

レプリカってちゃんと書いてありますけどね。

 

レプリカと言えどどんなものか見たかったのですが、

こんな祈っている人がいる中、近付いて画像撮影なんて

出来ないですよね。

 

このスフィンクスみたいな半分人間、半分ライオンの像、

タイの仏教寺院でも結構目にします(もっと小さいですが)。

 

ミャンマーではマヌッシハと言うみたいです。

 

タイ語でもマヌッ(ト)=人間、シン(シンハー)は

ライオン・獅子という意味です。

 

仏教関連の言葉は古代インド語のパーリー語から来て

いるので、共通しているのでしょう。

 

仏像に水を掛けている人がいると思ったら、英語で

サーズデーコーナーと書かれています。

 

ミャンマーもタイと同じように生まれ曜日毎に守護仏が

あるんでしたね。

 

私の誕生日の火曜日コーナーへ。

 

 

タイやラオスでもよく目にするナーン トラニー

(メー トラニー)さんです。

 

読経する僧侶を撮影する西洋人を更に撮影する私。

 

数多くの礼拝堂がありますので、様々な仏像も安置

されています。

 

 

この髭面で上半身裸の神様はどなたでしょう?

イスラム教っぽい雰囲気もあります。

 

 

蛇神ナーガと獅子の合体?

下半身は獅子の一種と言われ、タイ北部でよく見る

モーム(トゥア モーム)にも似ています。

 

ガルーダ(迦楼羅天)。

 

無数の小さな仏塔・祠があるのですが、番号らしき

ものが振ってあるんですよね。

 

 

寄進して自らの祈りの場を借りるのでしょうか?

 

薄いピンク色の仏像。

 

UMGミャンマーカンパニーという会社が奉納したのかな?

 

こちらの僧侶ご一行はタイ人のようでした。

ミャンマー人が一番多いのは当然ですが、タイ人

観光客も多く、タイ語が結構聞こえてきます。

 

インド・ブッダガヤのマハーボディ寺院風の仏塔。

 

釈迦の一生?

 

電飾の後光がいかにもミャンマーって感じです。

電飾後光はベトナムも多いですが。

 

私がイメージする、いかにミャンマーという

ばっちりメイク風の仏像。

 

所々にウォーターサーバーが設置されています。

 

 

菩提樹でしょうか。

 

こちらの鬼のような神様、結構人気でした。

 

このタバコとバナナを捧げるのはこの神様特有

なのか、神仏へのお供え物としてミャンマーでは

一般的なのかは不明。

 

 

黄金の大仏塔と椰子の木。

 

もう一周以上しているけど、どうしよう。

 

見学時間は1時間ちょっと。

真剣に見ていたら、丸1日でも足りなさそうだけど・・・

 

と思っていたら、お腹がグルグルっと鳴り始め、

トイレに行きたくなったのでホテルに帰ることに

します。

 

近くにあった北門のエスカレーターから降りようと

思ったら、結構な行列なので諦めました。

 

後から地図を見たら、東西南北、全ての方向に

エレベーターがあるようです。

 

今回は予習が足りなかったので、広い境内を漠然と

見学しただけになってしまいました。

 

自分なりのテーマを持って回ってみれば、もう少し

興味深いものになったかもしれません。

 

シュエダゴンパゴダ周辺の地図とホテル

ヤンゴン ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: ミャンマー | タグ: , , | コメントする

喜洋洋 シーヤンヤン 小籠包 ヤンゴンの日本人に人気の中華料理店

 

夜になってサンチャウンエリアがどんな街なのか

少し散歩してから夕食へ行くことにします。

 

ホテルのあるバホ(Baho)通りからサンチャウン

通り~ピィ(Pyay)通り~バガヤ(Bagaya)通りと

回って、またバホ通りへ。

 

特にサンチャウン通りは飲食店がずらっと並んで

いて、賑わっています。

 

この辺りは特に観光名所はないですが、食事には

全く困らないですね。

 

夕食はホテルから徒歩6~7分の距離にある

喜洋洋(シーヤンヤン/Xi Yang Yang)という

中華料理店にしました。

 

グーグルマップで見つけたのですが、小籠包が

人気で日本人の利用も多いようです。

 

2階に案内されると、確かに駐在員とおぼしき

中年男性3人のグループがいまして、そのうちの

一人が会社名などを含めて大声でくだを巻いて

いました。

 

他の部屋からも日本語が聞こえてきます。

 

看板メニューの小籠包は、豚肉、海老入り、

カニみそ入りの3種類があります。

 

それぞれ4個と8個で注文出来るので、私のように

一人で来ている客にはありがたいですね。

 

きれいにパックされて衛生的な食器類。

伝票を見たら、テーブルウェア代として300チャット

(約23円)をちゃかり徴収していましたけど。

 

レモンジュース、1.5Kチャット(約113円)。

 

涼拌海帯絲、2Kチャット(約150円)・

 

涼拌海帯絲は昆布のサラダですが、酸味のある

タレでさっぱり、ニンニクも結構効いています。

値段のわりに量も多いです。

 

猪肉小籠包、つまり豚肉の小籠包。

小4個入りで2Kチャット(約150円)。

 

蟹黄小籠湯包、カニみそ入り小籠包。

小4個入りで2.5Kチャット(約188円)。

 

蟹黄小籠包という位ですから、中にはスープが

たっぷり入っています。

 

小籠包は看板メニューだけあって、どちらも文句なく

おいしかったです。

 

炸醤麺、2.5Kチャット(約188円)。

日本で言うジャージャー麺ですね。

 

麺が茹で過ぎなのか、ふにゃふにゃの食感で

いま一つでした。これは失敗、炒飯にしておけば

良かった。

 

お勘定は商業税(VAT)5%が加算され、全部で

11,880チャット(約890円)。安っ!

 

炸醤麺は少し外れでしたが、他はどれもおいしく

値段も手頃で普段使いにも良さそうです。

 

お店の場所は、ヤンゴン西部のサンチャウン郡区、

Baho通りからNyaung Tone通りに入って右手すぐ。

 

サンチャウン郡区の地図とホテル

ヤンゴン ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: ミャンマー | タグ: , | コメントする

ホテル サンチャウン ヤンゴン 旅行記・口コミ・評判

 

ヤンゴン2日目はホテルサンチャウン(Hotel Sanchaung)

に宿泊しました。

 

スタンダード ダブルルームという部屋を予約、料金は

1泊税・サ・朝食込みで4,005円(約37USドル)。

 

ロケーションはヤンゴン西部のサンチャウン郡区の

バホ(Baho)通りに面しています。

 

シュエダゴンパゴダや国立博物館は比較的近いですが、

歩くとなると30分近く掛かり、周辺に観光スポットと

呼べるものは特にありません。

 

サンチャウン通りをはじめとして、レストラン・

食堂、カフェ、バーなどはたくさんありますので、

観光客より在住者向けのエリアかもしれません。

 

2019年10月に開業したばかりの新しいホテル。

11階建てで思っていたより立派な建物です。

 

部屋は最上階の1102号室。

おそらく予約したスタンダードではなく、

デラックスルームにアップグレードされたのだと

思われます。

 

このフロアだけなのかもしれませんが、廊下の

絨毯はふかふかで、スーツケースのキャスターが

回り難いくらいでした。

 

オープンしたばかりで、新しくてきれい、窓が

大きくて明るい部屋です。安っぽさは全くなく、

料金から想像するよりかなり上質な印象を受けます。

 

ベッドの寝心地もなかなか良いです。

 

テレビに日本語のチャンネルはないですが、

NHKワールド(英語放送)はありました。

 

この最上階だけだと思いますが、天井がかなり

高いです。

 

夜明け前、部屋からはライトアップされた

幻想的なシュエダゴンパゴダが見えました。

 

一人掛けのソファ。

 

ライティングデスクは広くていいのですが、

電源コンセントにプラグを差し込むのが異常に

固かったです(ベッド周りの電源も同様)。

新しいせいでしょうか?

 

wifiはパスワードを2枚くれました。

1パスワード1端末なのでしょう。

 

ヤンゴンにしては比較的安定していましたが、

全く繋がらない時間帯もありました。

 

冷蔵庫、ポット(ケトル)、無料の水2本、

インスタントコーヒーなど。

 

ラゲッジラックにヘアドライヤーが置いてあります。

>

 

クローゼットにセーフティボックスとバスローブ。

 

下にスリッパ代わりのビーチサンダル。

 

バスルームも新しく清潔で、気分良く使えます。

 

トイレには東南アジア、南アジアなどでお馴染みの

ホース式(ハンド式)のウォシュレット付き。

 

シャワーはレインシャワーとハンドシャワーが

ありますが、お湯の勢いが多少弱かったです。

 

アメニティグッズはシャワージェル、シャンプー、

ソープ、髭剃りセット、歯ブラシ・歯磨き粉、

くし、コットンパッド・綿棒・爪やすり、シャワー

キャップとこのクラスのホテルとしては充実。

 

タオル類もバスタオル、フェイスタオル、ハンド

タオルと3サイズ置いてありました。

 

朝食はM階のレストランでビュッフェスタイル

だったのですが・・・

 

部屋からは想像出来ないほど、朝食会場は天井が

低く殺風景で、その落差に驚きました。

 

会場の雰囲気、陳列、客層にも原因があるのかも

しれませんが、料理は食事と言うより炊き出しを

イメージしてしまう内容。

 

炒飯、焼きそば、粥、おかず6~7種類、パンは

食パンのみ、シリアル、スイカ、この程度です。

 

 

 

ジュースはケミカルな色をした得体のしれない

緑色の甘いもののみ。一口飲んで残しました。

 

朝食会場で見る限り、宿泊客の多くは中国人の

ようです。

 

プールやフィットネスジムといった設備は

ありません。

 

前日に泊まったホテルバルミと料金はほぼ同じ

でしたが、部屋は圧倒的に良かったです。

この料金で本当に良いの?というレベルです。

 

部屋が良かっただけに、余計に朝食のお粗末さが

際立ってしまいました。本当にもったいない。

 

またヤンゴンはタクシー代が安いとはいえ、個人的

には多くの観光名所に歩いていけるダウンタウンの

ホテルが良いかなあと思いました。

 

ホテル サンチャウンの客室タイプ・料金を調べる

ヤンゴン その他のホテル・サービスアパート宿泊記

サンチャウン郡区の地図とホテル

ヤンゴン ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: ミャンマー | タグ: , | 2件のコメント

SOFAER & CO ヤンゴンのお洒落カフェレストラン

 

ヤンゴンの街中を散策して、14時半過ぎ。

そろそろ昼食にしましょうかね。

 

今日はコロニアル風の建物に入っている

お洒落系カフェで食事をしようと思っています。

 

第一候補は超有名店のラングーンティーハウス。

 

お昼時も過ぎているし・・・と思って来たのですが、

こんな時間帯でもさすがに人気店で少し行列して

いました。

 

並んでまで食べようとは思わないので、近くにある

第二候補のお店へ移動します。

 

1906年頃に建設されたコロニアル風の建物の一画に

入っています。

 

SOFAER & COというカフェレストランです。

店名はこのビルを建設したイラク・バクダッド出身の

ユダヤ人、Isaac Sofaer氏から取られています。

 

このお店自体は2017年のオープンです。

歴史ある建物にマッチしたインテリア・家具類で

本当に雰囲気が良いです。

 

 

 

しかも混雑していないので、落ち着いて食事が

出来そうです。

 

バナナココナッツスムージー。

竹製のストローでした。

 

甘さ控えめで少し酸味もある上品な味です。

 

メニューは基本的にミャンマー料理です。

注文したのはマンダレースタイル ポークネック

ティーリーフという料理。

 

ポークネック、つまり豚の首周りの肉のロースト、

タイで言うコー ムー ヤーンでしょうか。

 

思ったほど脂っぽくなく、程よく脂が乗っていて

ジューシーです。

 

これはティーリーフ=お茶の葉のサラダ。

酸味のあるドレッシングでさっぱり、ミントも

効いていました。

 

ミャンマーではお茶は飲むだけではなく、

食べるのも一般的のようですね。

 

もち米の焼きおにぎり・きりたんぼ風。

もち米にはココナッツ風味がついていました。

 

豚肉は充分でしたが、欲を言えばもち米がもう1個

多ければボリューム的にも良かったかな。

 

料理の味は洗練されています。

 

お勘定は

 

バナナココナッツスムージー 4Kチャット(約300円)

マンダレースタイル ポークネック 11.5Kチャット(約860円)

 

これに商業税(VAT)5%とサービス料8.5%が加算され、

合計で17.659Kチャット(約1,330円)でした。

 

ミャンマーの物価からすれば少し高いですが、

料理の味も洗練されていますし、優雅な空間で

時間を過ごせて大満足なランチでした。

 

またヤンゴンに来た際は、同じような古い建物に

入っているお洒落系カフェレストラン巡りをする

のも悪くないなあと思いました。

 

SOFAER & COの場所は、ヤンゴンダウンタウン

(旧市街)のパンソダン通り沿い、マーチャント通りとの

交差点から南へすぐ、スーレーパゴダから徒歩8分程度。

 

スーレーパゴダ周辺の地図とホテル

ヤンゴン ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: ミャンマー | タグ: , | コメントする

ヤンゴンのコロニアル建築 歴史的建造物 ヘリテージビル

 

午前中にチャイナタウンの中国寺院巡りをした後、

ホテルをチェックアウトし、午後はイギリス植民地

時代のコロニアル建築を見学しようと思います。

 

ヤンゴン ヘリテージ トラストという団体による

ブルー プラーク(Blue Plaques=青い銘板)プロジェクト

のリストに掲載されている建物をメインに、グーグル

マップにマッピングして回って行きます。

 

歴史的建造物はスーレーパゴダの南東に多いので、

この辺りを重点的に見学します。

 

先ずはヤンゴン・チャイナタウンのメインストリート

とも言えるマハバンドゥーラ通りを歩いて行きます。

 

ヤンゴンのチャイナタウンで感じたのは、

 

1)道路や歩道に落ちているゴミが意外と少ない。

2)歩道の凸凹が少ない。

3)季節なのかアボカドを売っている露店が目立ちます。

4)バンコクのチャイナタウン並みに金行(金製品販売店)が多い。

 

アボカドはミャンマー産なのでしょうか?

東南アジアでアボカドが普通に売られているのは初めて

見ました。

 

日本でよく目にするメキシコ産の品種よりかなり大きいです。

 

最初の目的地、マハバンドゥーラ通りから26thストリートに

入ってすぐのMusmeah Yeshua Synagogue。シナゴーグとは

ユダヤ教徒の会堂(集会場)。

 

ここは1893~1896年に建設されています。

特に興味はなかったのですが、通り道にあったので

寄っただけです。

 

スーレーパゴダのすぐそばまでやって来ました。

 

30thと31stストリートの間、Bo Sun Pat Rdにある

旧Steel Brothers & Coビル。1930年前後に建設された

とされています。

 

Steelと付くので鉄鋼関連の会社かと思いきや、

Steelさんというイギリス商人が設立した会社で、

最初は米の生産・精米業を事業目的としていました。

 

スチール ブラザース ワイン&グリルという

バーレストラン。

 

現在はヤンゴン エクセルシオールとして使われています。

 

ストランド通りとスーレー通りの角にある水色の建物。

 

ブループラークプロジェクトには登録されていませんが、

ミャンマー エコノミック銀行第3支店です。

 

1914年完工と100年超えです。

 

斜め前にあるヤンゴン ストック エクスチェンジ

(ヤンゴン証券取引所)。

 

ヤンゴン証券取引所は2015年に設立されたばかりですが、

この建物は英領インドの中央銀行であるインド準備銀行の

ヤンゴン支店として1937年に建設されたものです。

 

その隣にあるのが高級ホテルのローズウッド ヤンゴン

 

 

 

1927~1931年に裁判所(New Law Courts)として

建設された建物です。

 

バンクストリートからストランドロードに抜ける途中に

あった放置された建物。リノベーションしたら良さげな

建物になりそうです。

 

ヤンゴン川沿いのストランドロードはコロニアル風の

建物が並んでいて、屋外博物館って感じです。

 

赤い建物はヤンゴン税関(Yangon Custom House)、

1912~1916年建設。

 

ミャンマー港湾公社、1926~1928年建設。

 

建物が近くて全体を撮影しにくいので、陸橋を渡って

通りの向こう側に移動しました。

 

ミャンマー国営航空の本社ビル。

 

1915年前後にボンベイ ビルマ トレーディングという

イギリス人(スコットランド人)の貿易商社のビル

として建設されました。

 

ヤンゴンを代表するコロニアルホテルのザ ストランド

 

1901年にアルメニア人のサーキーズ兄弟により建設

されています。

 

同じサーキーズ兄弟により建設されたコロニアルホテル

にはシンガポールのラッフルズホテル、マレーシア・

ペナンのE & O ホテルがあります。

 

真っ白で目を引くのはイギリス大使館。

 

J & Fグラハムというイギリス系の海運会社・保険会社

により1900年に建設されています。

 

ピンク色の建物は1908年完工のゼネラル ポスト オフィス

(中央郵便局)。元々はイギリス(スコットランド)の

精米・貿易会社の本社です。

 

ストランドロードからマーチャントロードに移動します。

この通りも古い建物が残っています。

 

 

 

 

 

 

三角形のペディメント風の装飾を施して、いかにも

コロニアルという雰囲気の建物。

 

A Scott & Coというスコットランド人のスコットさんが

設立した会社の本社でした。1902年完工となかなかの

古さです。現在はヤンゴン市開発委員会や銀行が入って

いるようです。

 

マーチャント通りとパンソダン通りの交差点に

来ました。

 

こういう黄色い建物はベトナムっぽいイメージ。

 

ローキャナットビルディングといい、元々は1906年に

イラク系ユダヤ教徒のSofaer氏により建設されました。

 

後ほど、このビルに入っているカフェレストランで

食事をしました。

 

インド大使館、1914年完工。

 

元はインド・コルカタに本社のあったオリエンタル

ライフ アシュアランスという生命保険会社のビル。

 

パンソダン通りを北に歩くと旧ヤンゴン最高裁判所が

あるので行ってみましょう。

 

この赤い建物がそうだと思うのですが、近すぎて

全体像が見えないですね。1911年完工。

 

パンソダン通りとマハバンドゥーラ通りの交差点に

建っている、ひと際目立つピンク色のビル。

 

マハバンドゥーラ通りをスーレーパゴダの方へ

歩いて行きます。

 

AYAバンクの本店ビル、1910年完工。

建設当初はデパートだったようです。

 

隣にヤンゴン市庁舎、ブループラークプロジェクトの

登録番号1番です。1925~1940年建設。

 

ヤンゴン市庁舎の南側にはマハーバンドゥーラ公園。

こちらもプループラークプロジェクトに登録されて

います。

 

向こうに見える赤い(えんじ色)時計塔は、さっきの

旧ヤンゴン最高裁判所かな。

 

エマニュエル バプチスト教会。

 

スーレーパゴダに戻って来ました。

面倒臭くなったので見学しませんでした。

 

本当はもう少し離れた場所にある建物もピックアップ

していたのですが、暑くて断念。1月はミャンマーが

一番涼しい時期なのですが・・・

 

次回の楽しみに残して置くことにします。

 

スーレーパゴダ周辺の地図とホテル

ヤンゴン ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: ミャンマー | タグ: , , | コメントする