高雄 海倫新加坡肉骨茶で海南チキンライスとバクテー

 

今回の高雄・台南の旅も最後の夜、夕食は3日前に

空振りに終わった自強夜市の店2軒に再チャレンジ

しようかとも思ったのですが・・・

 

小雨が降ってかなり寒いし、疲れもあったので

ホテルの近場で済ませることにしました。それに

また行列だったら嫌だし。

 

ホテルが大幅にアップグレードされて、思いの外

部屋の居心地が良かったということもあります。

 

グーグルマップで見つけた海倫新加坡肉骨茶という

店に行くことにしました。

 

高雄でわざわざシンガポール・マレーシア料理の

バクテーを食べなくてもと言う気もしますが、台湾の

バクテーがどんなものか興味もあります。

 

ホテルを出る前に地図を確認し、六合一路を歩いて

行きます。

 

もう出てきてもいいと思うんだけど・・・

グーグルマップを確認すると、大幅に通り過ぎて

いました。

 

六合一路を戻って行くと、「海南雞飯」の看板が

見えてきました。あそこでしょう。

 

 

店内はテーブル数も多くなく、相席になりました。

 

テーブルのガラス下にあるメニュー。

 

注文した海南鶏飯のライス抜き。

 

もう一品注文した所、店の人が「ライスいる?」

と聞いてくれて、ライスなしにしました。

 

海南鶏飯のライスと言えば、鶏の出汁で炊いた

油飯が一般的ですが、この店は白飯のようです。

 

モモの部分を豪快にぶつ切りにしてあります。

 

チキンの角が立っているというのかな?

切り口が鋭利な感じ。

 

チキンを茹でた後すぐに氷水で冷やしてしめると

こうなると聞いたことがあります。

 

タレはチリソースのみ。

シンガポールですと、チリソースの他にドロッとした

中国醤油(老抽)とジンジャーソースの3種が定番です。

 

チキン自体に醤油とゴマ油のタレが掛かっているので

私は使いませんでした。

 

ボリュームもあるし、チキンもジューシーなのですが、

冷蔵庫に入っていたのか、肉がかなり冷たいんですよ。

常温だったらおいしかっただろうに、もったいない。

 

そしてもう一品注文した肉骨麺。

要は肉骨茶(バクテー)に麺を入れた料理です。

 

店名に新加坡(シンガポール)と入っていますが、

肉骨茶はシンガポールでメジャーな潮州風(白バクテー)

ではなく、マレーシアでメジャーなスープの色が濃い

福建風(黒バクテー)です。

 

肉はかなり大量に入っていて、この値段でこんなに?

と思いましたが、スープがダメダメ。

 

色は濃いのですが、味が薄くてコク・脂の旨味が

ありません。薄味好みの台湾人向けの味付けなのかな?

 

麺はねちゃねちゃ気味で食感がイマイチ。

 

メニューには肉骨麺(冬粉)と書いてありました。

冬粉=春雨ですが、春雨とは違いますね。

麺(小麦が原料)の他に、冬粉も出来ますってこと?

 

肉骨麺はスープも麺も私の口には合いませんでした。

肉のボリュームだけは良かったですけど。

 

お勘定は全部で195元(約730円)でした。

メニューを見ると海南鶏飯100元、肉骨麺120元なので

海南鶏飯のライス分として25元引いてくれたようです。

 

お店の場所は六合一路と六合一路96巷の角、美麗島駅

から徒歩7~8分。

 

MRT美麗島駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: 台湾 | タグ: , | コメントする

高雄 ラ イン ホテル 楽逸旅居 La Inn 旅行記・口コミ・評判

 

高雄に戻って、最終日はラ イン(La Inn)に宿泊

しました。

 

スタンダードルームという部屋を予約、料金は1泊

税・サ・朝食込みで6,378円(約1,863元)。

 

ロケーションは高雄市新興区、七賢一路と南華街の

角にあり、MRT美麗島駅7番もしくは10番出口から

徒歩4分、高雄駅はまだ工事中で少し大回りする

必要があり8~9分。

 

コンビニは徒歩3分くらいでセブンイレブンが2ヶ所、

六合夜市は5分程度です。

 

7階建て計18室のこじんまりしたホテルです。

 

ロビーや廊下など館内は暗めのライティングで

おしゃれな雰囲気を醸し出しています。

 

ブティックホテルとかデザイナーズホテルと

いった感じ。

 

チェックイン時刻の15時は台湾で一般的ですが、

チェックアウト時刻は12時ではなく11時。

 

部屋は最上階7階にある717号室、この階には2室しか

ありません。3~6階は各4室となっています。

 

予約したのは一番安いスタンダードルームですが、

上から2番目のデラックスルーム(ラグジュリアスルーム)

へアップグレードされました。

 

部屋の広さは23平米から50平米と2倍強、料金も2倍

くらいする大幅なアップグレードです。

 

50平米もあるので部屋は広く、天井も高いのでかなり

ゆったりしています。

 

ベッドのマットレス・リネンなど質が高く、寝心地は

かなり良かった。個人的にこのホテルで一番気に入った

点です。

 

モノトーンのシックでモダンなインテリア、多少

高級感もあります。

 

デイベッド風のソファ。

モノトーンのインテリアの中、赤が鮮やかです。

 

7階の2室のみ広いバルコニー(ベランダ)付きで

ブランコが置いてあります。

 

ライトアップも出来ます。

 

ライティングデスクも充分な広さがあり、機能的です。

 

ただ室内の場所によってWifiの繋がりがあまり良く

なかったです。

 

テレビの日本語チャンネルとしては、緯来日本台

(VL Japan)、NHKワールドプレミアム、アニメ

専用のアニマックスがありました。

 

クローゼット代わりのハンガーラック。

 

下の引き出しにセーフティボックス。

個人的には上向きに開くタイプは使い易いです。

 

さらにその下にスリッパ2種。

 

バスルームの手前に冷蔵庫(ミニバーなし)、

無料の水、ティーバッグ、ポットなど。

 

バスルームへのアプローチ。

ベッドルームとの仕切り・ドアがないので、

二人で泊まる場合は相手を選びそうです。

 

洗面台周りは充分過ぎるほど物を置くスペースあり。

 

ヘアドライヤー。

 

アメニティグッズは髭剃り、歯ブラシ・歯磨き粉、

くし、バニティキット。

 

ダマナ(DAMANA)ブランドのクレンジングジェル

(シャワージェル)、シャンプー、コンディショナー、

ソープ。

 

トイレは個室状に仕切られているのですが、

ガラス張りで丸見えです。

 

TOTOのウォシュレット付き。

 

(参考)

高雄 ウォシュレット(シャワートイレ)付きのホテル

 

ゆったりしたバスタブ付きです。

12月で小雨も降り、かなり冷え込んでいたので、

熱いお湯に浸かれて良かったです。

 

独立したシャワーブースもあります。

レインシャワーとハンドシャワーがありますが、

温度が多少不安定で調節が難しかったです。

 

朝食は2階のレストランにてビュッフェスタイル。

全18室の小さなホテルなので品数は多くないですが、

味はおいしく、特に不満はありませんでした。

 

 

 

 

 

朝食会場のレストランはハッピーアワーと称して、

午後~夜に無料で軽食やドリンクを提供しています。

 

 

ホットミール的なものはなく、お菓子・パン程度で

大したものはありません。

 

 

見学・画像撮影目的で来ただけですし、これといった

料理もないので、記念にアイスだけ頂きました。

 

こちらはドリンク類。

 

 

 

またレストランと同じ2階にコインランドリーがあり、

洗濯機・乾燥機が各1台設置されています。

 

料金は洗濯機50元、乾燥機は10元/6分。

洗剤等も置いてあります。

 

一般的にセル℉ランドリーはビジネスホテルというか

中級ホテルに設置されていることが多いですが・・・

 

台湾でこのホテル位のクラスならたいてい無料で、

もっと料金が安い中の下クラスだと有料という

ケースが多いです。

 

(参考)

高雄 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

今回は大幅なアップグレードをして頂いたので、

コスパと言う意味では評価は難しいですが・・・

 

例え本来のスタンダードルーム(それほど広くない)

だったとしても、立地が良く、部屋に高級感があり、

料金もそれほど高くなく、かなり満足していたでしょう。

 

先に泊まったカインドネスホテルより1泊1,000円前後

高いですが、立地はほぼ同等、部屋のグレード感を

考慮すれば、私ならこちらのラ インを選びます。

 

ラ イン(楽逸旅居 高雄七賢館)の客室タイプ・料金を調べる

高雄 その他のホテル・サービスアパート宿泊記

MRT美麗島駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: 台湾 | タグ: , | 2件のコメント

阿倫冰店で潮州焼冷冰 熱いかき氷 屏東県潮州鎮名物

 

緑色隧道を散歩して、また潮州の中心街に戻って

きました。

 

最後にこちらの阿倫冰店で潮州名物の熱いかき氷

「焼冷冰」を食べて帰ろうと思います。

 

 

本店創立於民國54年と書いてあるので、西暦1965年

創業の老舗です。

 

メニューはこちら。

 

芸能人が来店されたり、テレビ番組などで取材され

たりしたようで、たくさんの写真が貼ってあります。

 

人気店なんでしょうね。

実際この時も結構お客さんは多かったです。

 

圓環(ロータリー)に面したテーブルに座ります。

 

私が注文した総合焼冷冰、45元(約170円)。

一番オーソドックスな看板メニューです。

 

氷の下に小豆、湯圓(白玉団子)、芋頭(タロイモ)

などの入った熱々のお汁粉が隠れています。

 

当然お汁粉の熱で氷は溶けてきます。

 

そうこうしているうちに氷がほぼ全部溶けて

しまい、冷たいお汁粉状態になりました。

 

メニューの下に焼冷冰的吃法(焼冷冰の食べ方)として

こんな注意書きがありました。

 

1.不要攪拌(混ぜなくていいですよ)

2.從旁邊由下舀起來吃(下の方を横から食べてみる)

3.先吃湯圓(最初に団子を食べる)

 

先に白玉団子を食べていれば、氷がもう少し長持ち

したのかもしれません。

 

氷が溶けて冷たいですがキンキンではないので、

かき氷を食べた時の「頭がキーン」にならなくて

その点では良かったかな。

 

味は普通においしいですが、どちらかと言えば

話のネタになりそうというのがセールスポイント

でしょうか。

 

食べ終わったらパラパラ雨が降り始めたので、

高雄へ戻る為、急いで潮州駅に向かいます。

 

他に潮州日式歴史建築文化園区も見学する予定

でしたが、すっかり忘れていました。

 

高雄なら再訪の可能性大ですが、潮州にまた来ること

なんてあるかなあ・・・

 

阿倫冰店の場所は、潮州駅(台鉄・潮州火車站)から

東の方向へ徒歩10分ほど、ロータリー(潮州圓環)に

面しています。

 

潮州駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: 台湾 | タグ: , | コメントする

緑のトンネル 潮州緑色隧道 屏東県潮州鎮

 

三山國王廟を見学後、更に建基路を歩いて行くと

すぐに屏東戯曲故事館が出てきます。

 

その途中にある時光隧道(摸乳巷)という細い路地

にも寄ろうと思っていたのですが、すっかり忘れて

いました。

 

平屋建ですが、歴史を感じる立派な建物ですね。

 

屏東戯曲故事館の建物は日本統治時代の1916年竣工、

かつては潮州庄役場(村役場)や潮州郵局としても

使われていました。

 

戯曲故事館という名称の通り、歌仔戯(台湾オペラ)、

人形劇、影絵芝居などの資料が展示されています。

博物館というより資料館というレベル。

 

 

 

事前の知識も興味もないので、ほとんど見ることも

なかったです。

 

係員もなんでこんな所に外国人がやって来たのかって

雰囲気がありありでした。

 

まあ建物を見られたことで良しとしましょう。

次の緑色隧道(泗林健走歩道)に向かいます。

 

屏東戯曲故事館から東の方へ20分ほど歩いて到着。

ここは全長1.2kmの並木道です。

 

入口にはレストラン・レストハウスがあります。

 

絵になるでしょ?今ならインスタ映えか。

緑色隧道の名前の通り、街路樹の緑で覆われ、

トンネル(隧道)のようになっています。

 

両脇に植えられているのは小葉欖仁樹、

マダガスカルアーモンドという木らしいです。

 

露店で果物と野菜を売っているおじさんとおばさん。

 

途中途中にこんな休憩用のベンチもあります。

完全に観光用に意識して整備されていますね。

 

通りの左右は畑・果樹園が広がっています。

 

パイナップルでしょうか?

 

これはバナナの木ですね。

 

バナナを収穫・搬出作業をしていました。

 

 

レンタサイクルなのかな?

観光客らしき人がサイクリングをしています。

 

これは何だろう?

アロエとかサボテンっぽいけど。

 

おっ、ドラゴンフルーツ(ピタヤ)じゃないですか。

そういえばドラゴンフルーツはサボテンの仲間だって

何かで見たのを思い出しました。

 

しかし一個一個ネットをかけるんですね。

 

一番先まで行くと往復で2.4kmになるし、また同じ

道を帰って来るのも飽きるので、半分過ぎた地点で

引き返しました。

 

これといって何があるわけではないですが、

緑の中を散歩して気持ち良かったです。

 

潮州駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: 台湾 | タグ: , , | コメントする

潮州三山国王廟 潮州人・客家人の信仰 屏東県潮州鎮

 

上好佳客式炒板條で昼食を済ませ、お腹も落ち着いた

ところで 潮州観光のスタートです。

 

上好佳客式炒板條から建基路を歩いて1分も経たない

うちに出てくるのが潮州三山國王廟。

 

潮州三山国王廟は忠主宮とも言い、これといった

観光資源のない潮州では一番の観光名所と言えるかも

しれませんが・・・

 

観光客どころか地元の参拝客も見当たりません。

 

ランタンがきれいですね。

 

三山国王廟ですから、中央に祀られているのは

三山国王です。

 

三山国王とは広東省潮州府揭陽縣霖田都河婆墟

(現在の広東省揭陽市揭西縣河婆鎮)にある3つの山、

巾山、明山、獨山を神格化したもの。

 

主に潮州人、客家人に信仰されています。

台湾ですと潮州人が少ないので、三山國王廟=客家人

というイメージでしょうか。

 

三山国王の左(向かって右)には子授け・安産・

子育ての女神である註生娘娘。

 

右が土地の神様、福徳正神(土地公、大伯公)。

 

こういう中国建築でよく見られる天井の構造を

「藻井」と言い、円形、八角形、四角形といった

形状があります。

 

東西南北中それぞれの営(軍)を率いる五營将軍

(五營神將)を祀る五営将軍府。中央を担当するのが

中壇元帥(哪吒)です。

 

 

本殿以外にもう一つ、太歳殿・財神宮という建物が

ありますので、こちらも見学してみましょう。

 

 

立派な龍柱ですね。

 

龍の下には鯉が描かれています。中国の故事では

黄河にある滝=龍門を登れた鯉が龍になるとされ、

それが「登竜門」と「鯉の滝登り」です。

 

1階は太歳殿となっており、中央には太歳星君が

祀られていると思いきや、4つの顔と8本の手を持つ

斗母元君です。仏教では摩利支天。

 

斗母元君は北斗七星に輔星(左輔)と弼星(右弼)を

加えた北斗九星(=九皇大帝)の母親とされています。

 

斗母元君の前に小さな神像があり、これが厄災の

神様・太歳星君でした。

 

太歳星君は十干と十二支を組み合わせた六十干支、

つまり60年間毎年変わる神様の総称で、己亥である

2019年の担当として祀られているのが謝太大將軍。

 

残りの59柱の神像はこちらに祀られています。

 

 

今年の担当の謝太大將軍は中央に祀られているので、

その場所だけ空席となっております。

 

2階は財神宮になっています。

 

 

中央には武財神と言われる趙公明(玄壇真君)。

 

趙公明は黒面(黒い顔)で虎に乗っているのが

典型的なお姿です。

 

左(向かって右)に学問の神様・文昌帝君。

 

右には月老星君、つまり運命の赤い糸でお馴染み

縁結びの神様・月下老人です。

 

派手派手な装飾の本殿の屋根。

 

台南の三山国王廟は地味な潮州式建築でしたが、

潮州三山国王廟は台湾でよくある閩南式(福建式)の

派手なタイプでした。

 

主に潮州人や客家人に信仰されているので、

三山国王廟=潮州式建築かと思いきや、台湾では

多くが閩南式建築みたいですね。

 

いつもように先ずは管理人の方には画像撮影許可を

頂いたのですが(断られたことはまずありません)、

参拝客は全くいなかったので、気兼ねすることなく

見学・画像撮影出来たのが良かったです。

 

潮州駅周辺の地図とホテル

高雄 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: 台湾 | タグ: , | 2件のコメント