HOME
バンコク
ヴィ ホテル(ウィー ホテル)
Vie Hotel
2009年4月宿泊
                                                                                                       
今回の訪タイではウィーホテル(VIE HOTEL)に宿泊しました。昨年末にオープンしたフランス・アコー系の高級
ブティックホテルブランド「M Gallery」を冠したホテルです。元々、デラックス(一番安いスタンダードな部屋)に
1-2泊お試し宿泊しようと思っていましたが、2月末頃にアコーのサイトで3日間限定の超特価セールがあって、
デラックススイート(いわゆる1ベッドルーム、73-76平米)までデラックスと同じ、変更・キャンセル不可、朝食なし
、税・サ込約1,565バーツでしたので、迷わず全日程予約しました。このホテルはデラックスよりこのデラックススイ
ートの方が部屋数が多いようです。

通常は4,500-5,000バーツ程度する部屋ですので、不満などあるはずもないのですが、超特価で泊まれたことを
差し引いても、部屋は期待以上に良かったです。

場所はBTSサイアム駅の隣のラーチャテウィー駅から徒歩1分と便利です。アジアホテルの斜め前になります。通
常なら徒歩5分程度は気になりませんが、特に暑いこの4月には、駅に近い便利さを実感しました。ただコンビニ
はパヤタイ通りを渡った向い側にしかなかったと思います。

敷地はそれほど広くありませんので、ロビーも広くなく、レストランやバーなどは充実していません。部屋にキッチン
設備や食器類があるわけではないのですが、全体的な雰囲気としてはホテルというよりサービスアパートにいる
かのような印象でした。部屋はフローリング(一枚一枚の板が幅広なので安っぽさはありません)、木製の家具
など、濃い茶色のイメージですが、カーテン・ソファ・クッション・絨毯などちょっとくすんだ感じの玉虫色・黄色・オ
レンジ・ワインレッドなどでコーディネートされており、シックな中にも品良く暖かい感じでまとめられ、やはりサービ
スアパートと比較すると高級感があります。ブティックホテルというとモノトーンとか妙に凝った疲れるデザインの部
屋という偏見しかなかったのですが、良い意味で期待を裏切られました。

バスルームはバスタブ、ハンドシャワー&レインシャワーのシャワーブース、トイレブースに分かれています。流行り
のベッドルームからバスルームをのぞける設計ではありませんでしたけど。アメニティー類はAignerで揃えられてい
たと思います。

安く泊まれたのはいいのですが、インターネット接続・ランドリー代はさすがに割高です。インターネット接続はワイ
ヤレス接続で1分19バーツ、24時間750バーツです。ただし、ビジネスセンターやロビーでは無料で接続出来ます
。ランドリー代も長そでシャツ170バーツ、スラックス200バーツなど一般的なサービスアパートの2倍以上ですね。

気に入ったと言っても、私の場合、予算的に通常価格では今後泊まることはないと思いますが、5ツ星ホテルの
スタンダードな部屋に1泊130-150ドル程度出す余裕のある方には、このホテルのデラックススイートに宿泊され
た方が満足度が高いように思います。ここ1年バンコクで宿泊したプルマン・キングパワーグランドミレニアム・スク
ンビットセンターラグランド@セントラルワールド(いずれも一番下か下から2番目のグレードの部屋)と部屋だ
けを比較すれば、このVIE HOTELが圧倒的に好みでした。
ウィーホテル バンコクの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
BTSラチャテウィー駅周辺の地図とホテル

ヴィホテル(ウィーホテル) 2回目の宿泊記

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む