HOME
バンコク
 
パタヤ
 
サムイ島
 
プルマン バンコク キングパワー
Pullman Bangkok King Power
2014年3月宿泊
                                                                                                       
プルマンバンコクキングパワー(Pullman Bangkok King Power)に1泊しました。開業してわりとすぐに
泊まって以来、約6年ぶりです。一番スタンダードなスーペリアという部屋を予約、料金は1泊税・サ込
朝食なしで2,458バーツ(約8,200円)でした。

ロケーションはランナム通り、大規模な免税店も併設しているので、広いホテルの敷地を出るだけでも
2-3分歩きますが、ホテルロビーからだとBTSアヌサワリーチャイ駅(戦勝記念塔駅)が徒歩6-7分、
BTSパヤタイ駅が7-8分、空港へ向かうエアポートレールリンクのパヤタイ駅が約10分です。

エアポートリンクの駅に近いという理由でこのホテルを予約したのですが、暑い中、重いスーツケース
を引っ張って、10分ほどガタガタの歩道を歩くのはちょっとつらいです。思っていたほど駅から近く
なく、その点ではあまり意味がなかったかな。BTSアヌサワリーチャイ駅まではトゥクトゥクで送って
くれるサービスがあります。コンビニはランナム通り側、シーアユタヤ通り側、どちらに出ても、ホテル
の敷地を出てすぐ徒歩1-2分であります(ホテルロビーからだと3-4分)。




スーペリアルームは広さが32平米、開業してもう6年半くらい経ちますが、まだまだきれいで劣化は
それほど感じられなかったです。窓も床から天井まで全面にあり、明るい部屋で気分は良いですね。









テレビチャンネルにはNHKワールド(英語放送)と
NHKワールドプレミアム(日本語放送)の両方ありました。


クローゼットにはセーフティボックス、バスローブ、スリッパ、
アイロン・アイロン台、傘、懐中電灯など。
バスルーム側からも開けられるようになっています。

バスルームはバスタブと独立したシャワーブースがあります。ベッドルームとの間は、半透光性の
引き戸があり、これを開けるとシースルーとなります。



バスタブも比較的ゆったり。


シャワーブースはレインシャワーとハンドシャワーの両方あり。
バスタブも含めて、お湯の温度・量も全く問題なしでした。


アメニティー類はこれと言って特別なものはないですが、
歯ブラシ・歯磨き粉のセットも置いてあります。



朝食は付いていない予約だったのですが、チェックイン時に600バーツ→300バーツ(税・サ込)と半額
になる割引クーポンを頂いたので、食べてみました。G階にある「キュイジーヌ・アンプラグド」という
レストラン・カフェにて。プルマンもそうですが、世界的に展開しているホテルチェーンのビュッフェ朝食
は、メニューも豊富・バラエティーに富んでいて外れがないですね。





巻き寿司もあり。ちょっとコメが固まって団子状に
なっていましたが、そんなに悪くなかったです。




卵料理や麺類などもお好みで作ってくれます。

朝7時前という早い時間帯に食べたのですが、日本は3連休中ということもあるのでしょうか?日本人の
年配のご夫婦が多かったです。団体ツアーに参加されているのだと思いますが、7時半集合とか話さ
れていたので、この後は観光に出掛けられるようです。どこかの国の方々とは違って、皆さんお上品
で、静かに食事されていました。

客室棟に囲まれた中庭。




プールとフィットネスセンター(ジム)は4階。



子供用のプールもあり。

インターネット接続はWifi(無線)で無料です。アクセススピードもストレスなく利用できました。

今回は朝食を含めると1泊税・サ込で約2,750バーツ(約9,200円)・・・部屋やスタッフの対応などに全く
不満はないのですが、個人的にはロケーションがイマイチ。それと敷地が広すぎて、外出する際に
ちょっとめんどくさい。大規模ホテルはどうも苦手、もっとこじんまりしたホテルの方が好きですね。
超激安という料金があれば別ですが、今後このプルマンバンコクキングパワーに泊まることは、もう
ないかなあ・・・
プルマン バンコク キングパワーの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
BTSビクトリーモニュメント駅周辺の地図とホテル

プルマン バンコク キングパワー 1回目の宿泊記

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む