HOME
バンコク
ノボテル バンコク フェニックス シーロム
Novotel Bangkok Fenix Silom
2010年11月宿泊
                                                                                                       
9月にオープンしたばかりのノボテル バンコク フェニックス シーロム(Novotel Bangkok Fenix Silom)
に1泊だけしてみました。このホテルは以前はシーロム プラザ ホテルという古ぼけた中級ホテルだっ
たものを現オーナーが買収、改装して新たに開業したものです。料金は一番安いスタンダードルーム
で税・サ・朝食込約55ドル(約1,650バーツ)でした。立地はあまり良くないのですが、夜中にチェックイン
して次の日の昼前まで約12時間の滞在、どこに行くわけでもないし、ロビーや部屋は新しくてきれいで
すし、安かったので満足です。が、数日泊まるのはやはり立地的にちょっと遠慮したいです。


ロケーションはシーロム通りでもかなり西の方、チャオプラヤー川・チャルーンクルン通り方向へ進み
ホリディイン・シーロムを左手に見ながら通り過ぎ、すぐの右手です。最寄駅はBTSスラサック駅と
サパーンタクシン駅がほぼ同じくらいの距離で、徒歩10分近く掛かります。ただ高速道路の降り口が
すぐそばにあるので(シーロムの出口を下り、左折して数10メートル)、空港等よりタクシーで到着する
際は便利です。同じシーロム通りでもサラデーン駅・パッポン・タニヤ周辺の大繁華街に比べると、こ
のホテルの周りは寂れている感は否めませんが、それでもレストラン・屋台などはポツポツとはありま
す。コンビニは高速道路の出口の向こう側、徒歩2分ほどのところにあります。

改装してオープンしたてですので、部屋はとてもきれいです。ただ一番安いスタンダードルームという
こともあるのか、少し狭いですね(予約サイトには23uと書かれていました)。キングサイズベッド周り、
壁・窓との間は7-80cmくらいでしょうか。

バスルームはシャワーのみ(レインシャワー+ハンドシャワー)で、透明のガラスで仕切られており、
ベッドルームからのぞけるシースルータイプです。ロールスクリーンを下ろして(上げ下げは電動式)
見えなくすることも可能です。シャワーブースの間仕切りガラスが半分ほどしかなく、また段差もほと
んどないので、洗面台の方へお湯が飛び散るし、床からは溢れそうになります。どういう設計思想なの
か理解に苦しみます。お湯の温度は問題なしですが、多少勢いが弱いかなと思いました。またバス
ルーム内のトイレはすりガラスのドアがあり、独立したブースのようになっていますので、寝室・洗面台
シャワーブースからは見えません。こういうのは、2人で泊まる場合いいですね。

朝食はサービスアパートメントに泊まることが多い私からすると、ここはホテルですから品数は多い
なあと思いました。味はすごく美味しいというわけでも、まずいというわけでもなく、特に感想はないです
ね。宿泊料金やホテルのグレードからすると悪くないと思います。

インターネット接続は一日400バーツと聞きましたが、使用していないのでアクセス速度等はわかりま
せん。

ロビーや朝食会場で見る限り、客層は中華系(中国人ではなくおそらくシンガポール・マレーシアあたり
の華人)が多く、後は西洋人(白人)という感じでした。他に気になったのはエレベーターが2機しかない
のですが、動きが遅いというか制御システムがドンくさいというか(表向きはきれいになっていても、
基本的な構造は以前の古いホテルのままなんでしょうか)、多少イラつきました。
ノボテル バンコク フェニックス シーロムの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
BTSスラサック駅周辺の地図とホテル

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む