HOME
バンコク
ノボテル バンコク プルンチット スクンビット
Novotel Bangkok Ploenchit Sukhumvit
2012年2月宿泊
                                                                                                       
ノボテル バンコク フェニックス プルーンチット(Novotel Bangkok Fenix Ploenchit)に1泊しました。
アコー恒例のスーパーセール時に予約して、「スーペリア」が1泊税・サ込・朝食なしで1,883バーツ
(約4,800円)でした。

ロケーションはプルーンチット通り沿い、ソイ・ルアムルディーの角にあり、BTSプルンチット駅の駅前
で徒歩1分と非常に便利な立地です。ソイ・ルアムルディーにいくつかレストランはありますが、この
あたりはあまり何もない感じですね。ただ、スクンビット・ソイ2が徒歩3分、ソイ4が5分、ナナプラザが
6分程度で、このナナ周辺に行けばいろいろありますので、不便はないです。コンビニはソイ・ルアムル
ディーを2-3分奥に入ったところにセブンイレブンがありました。

部屋は28平米と普通の広さです。豪華さやラグジュアリー感はないですが、2010年末にオープンと
まだ1年ちょっとなのできれいです。広さなど多少異なりますが、同じ頃にオープンして、オーナーも
同じノボテル バンコク フェニックス シーロムと似た印象です。世界的に展開しているノボテルですか
ら、ある程度部屋のデザイン・内装は規格化されているんでしょうね。

デイベッド風のソファがあるのはくつろげていいです。





バスルームはベッドルームとの間がガラス張りになったシースルータイプ(電動のロールスクリーンを
下して見えなくすることも可能)、バスタブはなくシャワーブース(ハンドシャワー+レインシャワー)の
みです。お湯の温度や排水は全く問題ありませんでした。お湯の量というか水圧はもうちょっとあれば
いいかなという感じです(たいした問題ではないですが)。

左はバスルーム内にあるトイレのドア



シャワーブースのガラスの仕切りが半分程度しかない(狭いので、ドアをつけると開閉するのに邪魔だ
から?)とか、トイレにすりガラスのドアがある(これは2人で泊まる場合は良いですね)とか、これらも
以前泊まったノボテル バンコク フェニックス シーロムと同じです。トイレにはホース式(手動式)の
ウォシュレットは付いていません。

朝食は付いていなかったので分りません。別途料金を払って食べる場合は450バーツのようです。

インターネット接続は部屋に設置されたLANケーブルもしくはWifi(無線ワイヤレス)ですが、こちらも
有料だったので使用せず、アクセススピードは不明です。料金は1日428バーツです。

ノボテルということである程度のサービス・設備は保証される一方で、部屋のデザイン・内装は規格化
されているので、個人的には泊まる前から見えてしまう・想像出来てしまうし、部屋はシンプルというか
色気がないというか、ワクワク感がないのも事実です。立地も良いし、部屋も特に欠点はなく、一般的
にはある程度の評価はされるホテルだと思いますが、是非また泊まってみたいとはならないですね。
今回、スーパーセールで安かったのですが、ただ朝食やインターネット接続料金を払ったとすれば、
それほど安くもないですし・・・朝食はなくてもいいのですがインターネット接続も有料ですと、よっぽど
のことがない限り、選択肢からは外れてしまいます。
ノボテル バンコク プルンチット スクンビットの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
BTSプルンチット駅周辺の地図とホテル

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む