HOME
バンコク
 
パタヤ
 
サムイ島
 
メトロポール バンコク
Metropole Bangkok
2019年1月宿泊
                                                                                                                        
メトロポール バンコク(Metropole Bangkok)というサービスアパートメントに1泊しました。
スタジオという部屋を予約、料金は1泊税・サ込、朝食なしで1,671バーツ(5,766円)。
 
閉鎖されてずっと放置されていたモーラコットホテルという安ホテルを改装してオープン
したのが2年半ほど前、当初はアスコット、サマセット、シタディーンでお馴染みのシンガポールの
アスコット社が運営・マネジメントを請け負っていましたが、いつのまにか外れていました。
開業当初はこの立地でこの料金は無理だろうと思うほど強気の価格設定でしたが、アスコットが
外れてかなり安くなりました。
 
ロケーションはトンロー通り(スクンビット・ソイ55)とペッブリー通りの三差路、BTSトンロー駅
からはとても歩ける距離ではありません。公共交通機関としてはセンセープ運河を運航する
ボートのトンロー桟橋が徒歩2分にある程度です。トンロー駅近くからセンセープ運河の手前
までは料金7バーツの赤バスが運行しています。
 
周りにこれといったものはありませんが、隣のビルには24時間営業のミニスーパー「マックス
バリュー タンチャイ」、ペッブリー通りを西へ2分ほど行くとコンビニのセブンイレブンはあります。
夕方からはホテル前にいくつか食べ物屋台も出ていました。Jアベニュー辺りまでは徒歩圏内
ですが、15分程度は掛かります。
 
建物は4階建ての低層で、コロニアル風のクラシックな内外装です。


部屋は225号室、ヨーロッパ調のクラシックな内装なのですが、広さ27平米という数字よりは
かなり狭く感じます。ここはホテルではなくサービスアパートで、キッチン設備もある為、そう
感じるのかもしれません。



ベッドの寝心地は悪くないです。


テレビチャンネルにNHKはありませんでした。


ワーキングデスクはなく、こうしたダイニングテーブルのみ
ですので、デスクワークには向いていません。


クローゼットにはバスローブ、ヘアドライヤー。
スリッパがなかったのですが、サービスマニュアル通り
なのか、単に忘れられていたのかは不明です。


おそらくここにはアイロンがあるべきなのでしょう。
アイロン台だけ置いてありました。


別の収納スペースにセーフティボックスとラゲッジラック。

ベッドルームにゴミ箱がありませんでした。

部屋に入ってすぐにあるキッチンスペース。

流し、IHコンロ、電子レンジはあるのですが、フライパン・
鍋などの調理道具や食器類は一切置いてありませんでした。




ポットと無料の水・インスタントコーヒー。


冷蔵庫は空ですが、サービスアパートのものとしては小さいです。


全室に洗濯機(乾燥機能付き)が設置されています。
個人的には非常に使い易い機種でした。

(参考)バンコク 全室に洗濯機があるホテル・サービスアパート

バスルームもクラシックな調度品ですが、ゆったりという感じではありません。



トイレは日本式のウォシュレットが付いています。


「American Standard」ブランドのウォシュレット。
現在は日本のLIXILグループです。

(参考)バンコク ウォシュレットのあるホテル・サービスアパート


バスタブは元々大きくない上に、半分程度が腰掛け用?に
浅くなっているので、ゆっくりお湯につかるのは難しいです。

バスタブ周りの水が手前側に流れ落ちる構造なので、
シャワーを浴びるとバスルームの床が水浸しになります。


アメニティグッズは石鹸、歯ブラシ・歯磨き粉、綿棒、
シャワーキャップ、サニタリーバッグ。

タオル類はバスタオル,フェイスタオル,ハンドタオルの3サイズ。


シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ。

屋外に申し訳程度のプールとフィットネスジムがあります。



フィットネスジムはプール脇の階段を上がったところ。
部屋のカードキーで出入りできるのですが、カードが
反応せず、中には入れませんでした。

外から見た限りでは、マシンが4台あるのみでした。

ベルボーイは非常ににこやかで対応も良かったのですが、レセプションスタッフの一部は余り
感じが良くありませんでした。USBに保存した飛行機のボーディングパスの印刷を依頼したら
「何枚?」なんて嫌そうな顔。一応プリントしてくれましたけど。
 
全116室しかないのに、大型観光バスが停まっていました。中国人団体ツアー客のようです。
チェックイン前なのかチェックアウト後なのか分かりませんが、彼・彼女らの多くがロビーのソファを
長時間占領していて、あまり良い雰囲気ではないですね。
 
オーナーはインド系タイ人企業のFICOですが、個人的には同社がオーナーのホテルにはあまり
良い印象はないです。FICOがタイでドミノピザをフランチャイズで経営している関係で、ここ
メトロポールにもドミノピザの店舗が入っています。
 
洗濯機目当てで予約したので、その目的は果たせましたが、部屋が使いづらいというか、あまり
居心地は良くなかったです。
 
立地の悪さは理解して予約したし、ある程度バンコクに慣れているなら解決出来る範囲ですが、
せっかくサービスアパートを予約したのに居住性が悪く、見栄えばかりという印象を受けました。
それでも今回の料金なら悪くないかと思いますが、7〜8千円〜になってくると「ない」ですね。
メトロポール バンコクの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
カミリアン病院周辺の地図とホテル

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミを読む