HOME
バンコク
グランド ミレニアム スクンビット(現 プルマン バンコク グランデ スクンビット)
Grand Millenniem Sukhumvit
2008年9月宿泊
                                                                                                       
今回利用したホテルはグランド・ミレニアム・スクンビットでした。
3連泊以上で一泊120ドル(約4000バーツ)程度のプロモーションが出ていたので利用しました。昨年末
にオープンしたばかりで新しく、高級ホテルとしてのサービス・設備で悪くはないのですが、通常の
5-6000バーツはおろか、今回の4000バーツ程度でもリピートはしないかなと思いました(個人的にホテ
ルよりサービスアパートの方が好きということもありますが)。

立地は地下鉄MRTスクンビット駅まで徒歩2分、BTSアソーク駅まで3分程度で良い。メインエントラン
スはアソーク沿いですが、車でスクンビット通りからアソークに入った場合、反対車線側になるのでホ
テルに入れない(ペッブリー通り側からアソークに入る必要がある)。ソイ23側に裏口があり、こっちを
利用するのが便利だと思います。

一番安いグレードの部屋(デラックス?)でしたが、38平米と広めで比較的ゆったりしています。バスル
ームはガラス張りで、ここ数年流行りのベッドルームからバスルームがのぞける(それともバスルーム
からベッドルームを覗くのか?)タイプ、ブラインドを下ろして見えなくすることも可能。バスルームはバ
スタブ、独立したシャワーブースの他、トイレもブース状に仕切られており、鍵もかかります。

部屋は意外と壁が薄いかもしれません。夜のお楽しみの声が聞こえてきたわけではありませんが、隣
室のテレビの音が結構聞こえてきました。ロビーや廊下などの公共スペースが広くなくて、少し圧迫感
がありました。これが余り高級感が感じられなかった要因と思います。高級「ビジネスホテル」というの
が私の感想です。

朝食は特別感想はなし。席に案内されるとコーヒーか紅茶がポットでサービスされる。白米はタイ米と
日本米の2種類ありましたね。コメ系は他にお粥が2種類(いわゆる雑炊風のカオ・トムと中国粥のジョ
ーク)、チャーハン(カオ・パット)。おかず類は毎日代り映えしない感じでした。

カードキーは部屋・エレベーター(昇り)ともに差し込むのではなく、Suicaのような接触式でした。
読売新聞の衛星版が無料で部屋に届けられました。

インターネットはLANケーブル・無線で1時間250バーツ・24時間499バーツと言われました(利用しませ
んでしたが)。
プルマン バンコク グランデ スクンビットの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
BTSアソーク駅周辺の地図とホテル

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む