HOME
バンコク
 
パタヤ
 
サムイ島
 
フォー シーズンズ ホテル バンコク(現 アナンタラ サイアム バンコク ホテル)
Four Seasons Hotel Bangkok
2014年7月宿泊
                                                                                                       
フォーシーズンズホテルバンコク(Four Seasons Hotel Bangkok)に1泊しました。一番スタンダードな
デラックスという部屋を予約、1泊税・サ込・朝食なしで3,819バーツ(約12,000円)とこのホテルにしては
かなりお安いプロモーション料金でした。バンコクで今でもギリギリ5本の指に入る高級ホテル?
通常だと6-7,000バーツはするので、とても泊まれませんが・・・ここには、ザ リージェント バンコク
だった時代の18年前に泊まって以来です。

ロケーションはバンコクのど真ん中、ラチャダムリ通りにあり、BTSシーロム線のラチャダムリ駅が
徒歩1-2分、スクンビット線のチットロム駅が7分ほどです。近くにコンビニがないのですが、ホテル脇
(ペニンシュラプラザやグランデセンターポイントラチャダムリとの間)のソイを奥まで行って、路地を
抜けるとランスアン通りに出るので、すぐ右手にセブンイレブンがあります。徒歩5-6分です。
またエラワンバンコクの地下にミニスーパー「マックスバリュータンチャイ」があり、こちらも徒歩5-6分。

建物は9階建のコロニアル風、最新の高層ホテルとは一線を画します。



ロビーラウンジでは午後のハイティーを楽しむ人も目立ちます。


ロビー正面にある巨大な絵画。天井絵とともにこのホテルの名物?

ホテルは中央のカニカコート(Kannika Court)、北側のパリチャートコート(Parichart Court)、南側の
モンタティップコート(Monthatip Court)に分かれていまして、私の部屋はモンタティップコートの3階
でした。コートヤード(中庭)を囲むように部屋が配置され、リゾートっぽいですね。


デラックスルームでも広さが42平米とゆったり。最近オープンしたホテルではありませんので、
ピカピカに新しいわけでもなく、重厚感のある家具・内装です。



さすがにベッドの寝心地は良いですね。


テレビチャンネルにはNHKワールド(英語放送)と
NHKワールドプレムアム(日本語放送)の両方あり。

テレビの下にDVDプレイヤーも設置してあります。


ワーキングデスクも広くて使いやすいです。




クローゼット。


こちらのクローゼットにセーフティーボックス、スリッパ、傘など。

インターネット接続はWifi(無線)で無料ですが、よりアクセススピードの速い(最大4倍だそうです)
プレミアムは1日706.2バーツ。LANポートもありましたので、有線での接続も可能だと思いますが、
部屋にLANケーブルは置いてありませんでした。またテレビでもインターネット利用可能ですが、有料
で1日481.5バーツ。ウェブサイトを見たり、メール程度なら無料のサービスで充分。
 
バスルームはバスタブと独立したシャワーブースがあります。お湯の温度・量も全く問題なし。

こちらにバスローブ。


ドライヤー、ボディローション、歯ブラシ・歯磨き粉、
髭剃り、シャワーキャップ、綿棒とコットンパッド。


バスタブはゆったりサイズ。


シャワーブースは固定シャワーのみ。


アメニティー類はロクシタン。

夜は当然ターンダウンサービスあり。ベッドの準備に、水・氷・スリッパ・寝間着が用意されていました。
 
朝食はビュッフェスタイルで料金は790バーツ++の930バーツですが、時間がなくて断念。また朝には
ドアの所に読売新聞が掛っていました。。
 
プールは2階にあります。こちらもバンコクの都心にありながら、リゾートっぽい雰囲気。



プール監視員もいますので、安全対策もばっちり?

フィットネスセンター(ジム)は2階から階段で1階へ。画像撮影するので見せてとお願いしたら、スタッフ
が丁寧に案内・説明してくれました。



私のような素人にも、マシンが充実しているのが分かります。


スカッシュコートなんてものも。


ジャグジー、スチームサウナもあり。

こちらはパリチャートコートのコートヤード(中庭)、ショッピングアーケードにもなっています。






まさに都会のオアシスと言った感じのホテルです。スタッフも人により態度がまちまちなんてこともなく
さすがにこのクラスのホテルになると全員きちんとしています。何一つ不満・不自由なこともなく、
やっぱり中途半端・ハードだけのエセ5つ星ホテルなんかとは違うなあと感じます。私にはオーバー
スペックですが、たまにはこうしたホテルで贅沢・優雅な気分を味わうのも悪くないですね。
アナンタラ サイアム バンコク ホテルの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
BTSラチャダムリ駅周辺の地図とホテル

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む