HOME
バンコク
 
パタヤ
 
サムイ島
 
セントラ セントラル ステーション バンコク(現 プライムホテル セントラル ステーション)
Centra Central Station Bangkok
2015年9月宿泊
                                                                                                       
セントラ セントラルステーション バンコク(Centra Central Station Bangkok)に1泊しました。「セントラ
(Centra)」は、センタラホテルズ/Centara Hotelsが展開する比較的お手頃なセカンドブランドです。
一番安いカテゴリーのセントラ スーペリアは窓なしのようなので、2番目のセントラ プレミアムという
部屋を予約、料金は1泊税・サ・朝食込みで5,888円(約1,650バーツ)。
 
ロケーションはMRTフアランポーン駅の1番出口から徒歩2-3分、タイ国鉄のフアランポーン駅
(バンコク中央駅)は前の通りが工事中で渡りにくいのですが、5分くらいでしょうか。黄金仏で有名な
ワット・トライミットが2-3分、チャイナタウンのメインストリートであるヤワラート通りの入り口が5分、
チャイナタウン中心部は10分弱です。


コンビニはワットトライミットの方向へ1分ほどでセブンイレブンあり、以前ホテル建物の地下に入って
いた24時間営業のミニスーパー、マックスバリュ・タンチャイは閉店していました。
 
ロビー・レセプションは12階で客室が6-11階という変な構造。エレベーターで一旦12階に行き、そこで
別のエレベーターに乗り換えなければなりません。古い建物を改装しただけのホテルなので、
エレベーターもちょっと遅く、結構イラっときます。

レセプションの後ろには壺がたくさん飾られています。

セントラプレミアムの部屋は広さが28平米、ホアランポーン駅ビューで全面窓の明るい部屋でした。
部屋は一見きれいで凝ったデザインと感じますが、細かいところで所々塗装の剥げ・キズがあったり、
オープンして2年ちょっとのわりに傷みが多い?。それと内装・家具は多少安っぽいかな。



ベッドはかなり大きい、寝心地は至って普通ですが。




テレビチャンネルはNHKワールド(英語放送)あり。


デイベッド。


冷蔵庫の中にミニバーは入っていません。


クローゼットにはヘアドライヤー、セーフティボックス、懐中電灯。
バスローブやスリッパは置いてませんでした。

バスルームにバスタブはなく、シャワーブースのみ。

バスルームの入り口ドア。中華風の洒落たデザイン。




シャワーブースは無駄に広いです。
ハンドシャワーのみ、お湯の温度・量は特に問題なく。


洗面台のところに石鹸、シャワーキャップ、サニタリーバッグしか
置いてなかったので、「何だよ、置き忘れかよ」と思ったのですが、
シャワーブース内にボディソープ兼シャンプーのディスペンサー。

インターネット接続はWifi(無線)で無料です。チェックイン直後の昼間は快適だったのですが、夜は
アクセススピードが遅く、結構ストレスがありました。
 
朝食はビュッフェスタイルですが、規模のわりに料理の数は多くありません。チャイナタウンに近い
立地で、中華色を出しているホテルなのに、点心も全くなし。

朝食会場は広くて席数も充分でしたが、社員食堂みたいな印象。
常識・マナーのない国の人たちがいっぱいで、朝からうるさかったです。







プールやフィットネスジムといった館内設備はありません。→フィットネスセンターはあるようです。

プールかと思いきや、ただの池でした。
周りはバーになっていて、夜はライトアップされ幻想的な雰囲気。

ホテルの周りは何もないですが、MRTでシーロム駅まで2駅ですので、サラデーン・タニヤ・パッポン
までは近く、アソーク(MRTスクンビット駅)も1本で行けますので、立地は思ってたほど悪くないかな。
センタラ、ましてやセンタラグランドと同じなんてイメージ・期待を持っていかなければ、今回位の料金
ならお値段以上の内容と思います。ただ個人的には、エレベーターの乗り換えのめんどくささ、ネットの
遅さなどストレスもあり、また積極的に泊まろうとは思わないです。
プライム ホテル セントラル ステーション バンコクの空室・料金を調べる
エクスペディアでも料金検索
MRTフアランポーン駅周辺の地図とホテル

他のホテル・サービスアパートの宿泊記・レビュー・口コミ、おすすめホテルを読む