HOME
バンコク
2009.08.04
ホテルとマッサージパーラー
                                                                                                       
ラチャダーピセーク通りにあるヒップホテル(HIP Hotel)は、マッサージパーラー(MP)・ミラージュだっ
た建物を改装してホテルに商売替えしたものです。マッサージパーラーの痕跡はクールスタジオ以上
の部屋のバスタブに残っているそうです。ヒッピー風の内装はちょっと安っぽい感じもしますし(料金か
らすれば、そんなものかもしれませんけど)、好みも分かれそうですが・・・
 
また最近アソーク・ディンデーン通りにオープンしたオープンしたハイ レジデンス(HI Residence)とい
うサービスアパートも元はマッサージパーラーのニュー クレオパトラのあった場所です(改装ではなく
て、新たに建て直されたものと思います)。
 
マッサージパーラーとホテルと言えば、スクンビット・ソイ24のデイビスホテル(Davis Hotel)も忘れて
はいけませんね。当時、マッサージパーラー王とか風俗王とか言われたチューウィット氏が率いる
デイビスグループがオーナーということで、建設中はマッサージパーラーじゃないかと噂されていまし
た。マッサージパーラーからホテルに変更したのか、最初からホテルのつもりだったのか分かりませ
んが、結局はホテルになりました。スクンビット・ソイ24と言えば、日本人も多く住むエリアですので、奥
さんや子供たちに「あの建物は何?」と聞かれたら、どうしようと戦々恐々としていたお父さんも多かっ
たのではないでしょうか?このデイビスホテルはソイ24でもスクンビット通りからはかなり遠く、ラマ4世
通りに近いので、旅行者にとっては良いロケーションとは言えませんが、かなり豪華な作りで、しかも
最近はお手頃な料金が出ているので、結構人気があります。
 
逆にホテルからマッサージパーラーに商売替えした建物もあります。在タイ韓国人の多く住む、スクン
ビット・ソイ12にあるマッサージパーラーのダーリンは、かつてはアラスカホテルという名前のホテルだ
ったそうです。
 
          
ヒップホテル                 デイビスホテル
 
→次のコラム
→ホテル・サービスアパートに関するコラム 目次