HOME
バンコク
2010.02.28
バンコク・サービスアパートの朝食
                                                                                                       
ここ数年旅行者にもすっかり浸透したサービスアパートですが、その長所の反面、ホテルと比較する
と一般的に朝食が貧弱というかメニュー数が少ないというマイナスポイントもあり、「サービスアパート
は泊まりたいけど、朝食がねえ・・・」と不満を漏らされる方もいらっしゃるようです。
 
ホテルも同様ですが、一般論として、部屋数が多い=ビュッフェスタイルの朝食のメニュー数も多いと
いうことなります。またサービスアパートの場合、駐在員のような長期滞在者は朝食なしの契約である
ことが多いので、部屋数・客数に対して朝食を摂る宿泊客が少ないというのは、品数が少なくせざるを
得ない特有の理由かもしれません。
 
私が宿泊したSA(サービスアパート)の中では、シリサトーンは非常に朝食が充実していましたね。
高級ホテルは別として、SAの朝食では見たことがないようなちょっとしたオードブルのようなシャレた
ものもありました。同じ系列のスコータイホテルから運ばれているという噂です。ただし、みそ汁等の
日本食メニューはなかったと思います。他、高級サービスアパートではルブア アット ステートタワー
も評判が良いようです。
 
またグランデ・センターポイント・ラチャダムリセンターポイント・ワイヤレスロードサービスアパート
の朝食としては充実している方だと思います。シーロムランスアンペッブリースクンビットなど他
のセンターポイント系列のSAも同様に(部屋数の少ないサラデーンはビュッフェではなく、いくつか
あるセットメニューより選択式)、特に日本人には定評があります。
 
→次のコラム
→ホテル・サービスアパートに関するコラム2 目次