福美軒で三峡名物のクロワッサン 金牛角 台北郊外

 

三峡老街と三峡清水厳祖師廟を見学しましたので、

後は名物の金牛角を食べないと。

 

名前の通り、牛の角のようなクロワッサンみたいな形を

したパンです。

 

三峡老街周辺には、これでもかというほど金牛角の店が

たくさんあります。

 

金喜軒

golden_croissants_sanxia_1

 

康喜軒

golden_croissants_sanxia_2

 

牛香軒

golden_croissants_sanxia_3

 

たくさんある中で私が買ったのは、金牛角発祥の店・元祖と

言われる「福美軒」です。他にも元祖・発祥と称している

店があるので、どれが本当かわかりませんけど。

golden_croissants_sanxia_4

 

ほとんどの店がマンゴー味、ドリアン味、チョコレート味、

パイナップル味、抹茶味・・・など様々なフレーバーの金牛角を

販売している中、この福美軒は原味(オリジナル味)のみ。

 

その頑固一徹さが老舗っぽくて、ここにしてみました。

 

ネット情報では、人気店なので行列なんて書いてありましたが、

この時は全くそんなことはなく、すぐに買えました。

 

皆さん、10個?単位の箱買いされているのですが、

こんなのたくさん買っても一人じゃ食べきれないしなあ・・・

そもそもパンはそれほど好きでもないし。

 

1個20元、2個だけ購入。

近くの中国寺院の脇に座って食べてみます。

 

形はクロワッサンに近いのですが、パリパリとかサクサク

とか軽い感じではなく、外側はかなり固いです。

golden_croissants_sanxia_5

 

(固いタイプの)プレッツェルみたいな食感。

 

中はモチモチした感じ。口の中の水分が全部持って行かれて、

喉が詰まりそうになります。

golden_croissants_sanxia_6

 

味も地味な感じで、なんかイマイチだなあ。

1個で充分です。

 

ホテルにチェックイン&爆睡してから、残りの1個を食べて

みました。

 

んっ?結構、バターの香りがするな。

 

三峡で食べた時は、あまり良い印象はなかったのですが、

バターの香りとほのかな甘みの素朴な味で悪くないかも。

 

単にお腹が空いていただけかもしれませんけど。

 

牛乳、豆乳、コーヒーなどと一緒に食べると良いかな。

 

福美軒の場所は、三峡清水厳祖師廟の北側、民生街にある

三峡公有市場脇の信義街を入って右手。

 

三峡周辺の地図とホテル

台北のホテル

 

カテゴリー: 台湾 | タグ: , | 1件のコメント

三峡清水厳祖師廟 台北郊外

 

老街と並ぶ三峡のもう一つの観光名所、清水巖祖師廟に

行ってみます。老街のすぐ近くです。

 

三峡清水厳祖師廟は三峽長福巖、三角湧長福巖などとも

呼ばれています。

 

清水祖師は福建省泉州市安渓県の人々に信仰されている

北宋時代の僧侶。

 

台湾をはじめ、シンガポール、ペナン、タイ南部、ジャカルタ

など福建系華人の多い都市の道教寺院ではよく目にしますし、

潮州系の多いバンコクのチャイナタウンにも清水祖師廟が

あります。

 

三峡清水厳祖師廟は、淡水、艋舺(台北)と合わせて

台湾三大祖師廟とされています。

 

遠足・社会科見学らしき小学生がいますね。

子供たちが来る前にとっとと入りましょう。

sanxia_qingshui_zushi_temple_1

 

東方芸術の殿堂とか、未だ完成していないところから

東洋のサグラダファミリアなんて言われているそうです。

 

立派な龍柱ですね。

sanxia_qingshui_zushi_temple_2

 

ブロンズ製の獅子は頭を撫でられすぎ?でテカテカ。

sanxia_qingshui_zushi_temple_3

 

精巧な彫刻の装飾が各所に施されています。

sanxia_qingshui_zushi_temple_4

 

sanxia_qingshui_zushi_temple_5

 

こちらが主祀の清水厳祖師だと思います。

sanxia_qingshui_zushi_temple_6

 

清水巖祖師を囲む装飾もすごい。

sanxia_qingshui_zushi_temple_7

 

sanxia_qingshui_zushi_temple_8

 

sanxia_qingshui_zushi_temple_9

 

sanxia_qingshui_zushi_temple_10

 

この屋根の反り・曲線がいかにも福建系の寺院っぽいですね。

sanxia_qingshui_zushi_temple_11

 

本殿の外側から左右に分かれて2階へ上がれるので、

高い位置の装飾が近くで見られます。

sanxia_qingshui_zushi_temple_12

 

sanxia_qingshui_zushi_temple_13

 

この祠にも神様が祀られています。

sanxia_qingshui_zushi_temple_14

 

三面六臂の姿で表現されることも多い、太歳星君という

祟り・災いの神。太歳星君を祀ることで災い・厄除けの

意味があります。

sanxia_qingshui_zushi_temple_15

 

太鼓が設置されている鼓楼。

sanxia_qingshui_zushi_temple_16

 

これも瑞獣の一つなのかなあ。

sanxia_qingshui_zushi_temple_17

 

学問の神様、文昌帝君。道教寺院ではレギュラーメンバーの

神様です。

sanxia_qingshui_zushi_temple_18

 

こちらには、鐘が設置してある鐘楼。

sanxia_qingshui_zushi_temple_19

 

sanxia_qingshui_zushi_temple_20

 

三峡清水厳祖師廟は素晴らしい建築だと思いますが、

個人的には香港や台湾の中国寺院・道教寺院って何となく

興味津々ではないんですよね。

 

中国から距離的にも近いし、民族的にも中華系がメジャーな

国・地域なので、いかにも当たり前で特別感がないものに

感じてしまうのです。

 

これが東南アジアになると、中国から遠い土地に渡って、

その国でマイノリティとして生きてきた(シンガポールは除く)

華僑・華人たちが建てたのか・・・とちょっとロマンを

感じて興味が湧くのです。

 

三峡周辺の地図とホテル

台北のホテル

 

カテゴリー: 台湾 | タグ: , , | コメントする