ハーン ノック ユーン(鳳凰木)

 

タイでイメージする花ってなんでしょうか?

 

ラン(オーキッド)、蓮の花、ジャスミン、ブーゲンビリア、

プルメリア(リーラワディー、チャンパー)・・・

 

ちなみに、タイの国花はタイ語でラーチャプルックorドーククーン、

英名ゴールデンシャワー、和名ナンバンサイカチという黄色い

花が房状に咲く植物です。

 

私が一番好きなのは、タイ語でハーンノックユーン(ハーン=尾、

ノック ユーン=孔雀、つまり孔雀の尾っぽ)、日本では鳳凰木と

呼ばれる植物です。

 

タイだけではなく、東南アジア一帯でよく目にしますね。

 

ちょうどタイが一番暑い4-5月くらいに朱色の燃えるような色の

花を咲かせるので、これでもかとばかりに熱帯・暑いというのを

強調してくれます。

 

先月泊まったオークウッド トリリアント スクンビット18の部屋より。

 

同じく先月泊まったベストウエスタン プレミア スクンビットの玄関

 

BTSラチャダムリ駅より

 

タイ国花の「ゴールデンシャワー(ラチャプルック)」と共に

街道沿いの街路樹として植えられていることも多く、この2つは

ほぼ同じ時期に花が咲くので、ゴールデンシャワーの黄色い花

とハーン ノック ユーン(鳳凰木)の朱色の花が並んでいるのを

見ると「タイにいるんだ」と実感します。

 

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク

ハーン ノック ユーン(鳳凰木) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ラチャプルック(ゴールデンシャワー)とインタニン | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。