ラビットカード(Rabbit Card)@バンコク

 

5月からICカード・電子マネー「ラビットカード(Rabbit Card)」の

運用がバンコクで始まりました。しかし、ラビットとはありきたり

な名前ですね。クアラルンプールにもラビットカードがあります。

 

当初、交通機関としてはBTSでのみ使用できますが、将来的

には地下鉄(MRT)でも使用できるようになる予定です。

 

BTSの駅構内にもラビットカードとそのポイントプログラムの

「キャロット・リワード(Carrot Rewards)」の宣伝ののぼりが

たくさんあります。

 

 

 

 

またマクドナルド、スターバックス、バーガーキング、ダンキン

ドーナツ、OISHI・・・などファストフード・外食チェーンでも使用

可能ですが、現時点で実際に利用出来るの店舗は一部だと

思います(同じチェーンでも使用できる店舗と出来ない店舗

があり、使用できる店舗は入口のドアなどにラビットカードの

シールが貼ってあります)。

 

新規購入する場合は、現在、発行手数料50バーツとデポジット

50バーツ(これはカードを返却すれば返金される)それに使用

可能額100バーツ~で計200バーツ~。発行手数料は現在

プロモーション中で、将来的には150バーツになるとか(まあ

そのまま50バーツが半永久的に続きそうな気もしますが)。

 

BTSのSky SmartPass(スカイ スマートパス)や30DAY

SmartPassを持っている人は、そのまま無料で残高・有効期間

をラビットカードに移行可能です。

 

私もスカイスマートパスを持っていたので、ラビットカードに

移行しました。

 

 

私のスカイスマートパスの場合、使用可能額180バーツ+

デポジット30バーツ=残高合計210バーツ。これをラビットに

移行すると使用可能額160バーツ+デポジット50バーツになり

ました。

 

ここで注意しなければならないのは、ラビットカードに移行する

場合、元のスカイスマートパスの有効期間(発行日から5年)も

そのまま移行されるので、場合によってはラビットカードがすぐに

有効期間を迎える可能性があるということです。

 

有効期限を過ぎると使用可能額もデポジットもパーになるはず

なので、もう期限が近い人は移行ではなく、新規購入した方が

良いかもしれませんね。

 

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク