シアン ホッケン寺院 媽祖を祀る中国寺院 シンガポール

 

シンガポールの街歩きを楽しもうと思い、敢えて

乗継時間が12時間もあるフライトを選びました。

 

出入国審査などに掛かる時間を除いても8~9時間は

楽しめそうですね。

 

先ずは前回行列になっていて、フライトの時間に間に合い

そうになかったので諦めた、ブギスの阿秋甜品へ。

 

人気店だけあってこの時も行列になっていました。

日曜日ですしね。

 

今回もあっさり諦めることに。

 

次は趣味の中華寺院(道教寺院)巡りです。

 

タンジョンパガーのSeng Wong Beo(都城隍廟)、

更にチャイナタウン方向のSiang Cho Keong(仙祖宮)と

行ったのですが・・・

 

たくさんの地元の人たちが参拝している中、観光客の私が

画像撮影しながら見学するなんて場違いという雰囲気を感じ、

こちらも諦めました。

 

香港・台湾・シンガポールなど華人比率が高い所は

同じような感じです。

 

タイ、ベトナム、インドネシアなど華人比率が低いと、

地元の参拝者も多くなく、ゆっくりと見学出来るん

ですけどね。マレーシアでぎりぎりかな。

 

空振りが続きます。

 

そしてやって来たのが、ティアン ホッケン寺院。

ここは有名な観光名所ですから、観光客もたくさんいて

画像撮影していても浮かないでしょう。

 

入口の門に当たる前殿。

3つの屋根=三川脊(三川背)を持つ三川殿と呼ばれる構造。

 

周りを高層ビルに囲まれているのがシンガポールらしい。

 

福建系の中国寺院なので名称のホッケンの部分は福建と

思っていたのですが、シアン(ティアン)=天、

ホッ(ク)=福、ケン=宮、天福宮だったんですね。

 

1839年に創建され、1973年にはシンガポールの国定史跡

(National Monument)にも登録されています。

 

1998~2000年に大規模な補修工事が行われているので、

いかにも古そうという見た目ではありません。

 

正殿の中央に祀られている主神は媽祖(天上聖母)。

 

 

近くで撮影しようとしたら係員に注意されました。

本殿内での撮影は禁止との掲示も出ていました。

どうもすいません。

 

少し離れたコートヤード(中庭)からの撮影はOKです。

 

媽祖を守る鬼神、千里眼と順風耳。

 

千里眼は緑色。

 

順風耳が赤色。

 

媽祖の向かって右手には関聖帝君(関羽)。

 

向かって左手には保生大帝。

福建系の寺院ではよく目にする医学・健康の神様です。

 

左右の廊廡・廂房から後殿も見学してみます。

 

こちらの三柱はどんな神仏か分からなかったのですが、

後で調べると伽藍菩薩でした。

 

伽藍菩薩=関羽だそうで、関羽=赤ら顔と思っていた

ので全く分かりませんでした。道教ではなく、伽藍菩薩と

いう仏教の世界だからかな?

 

言われてみれば、向かって左は周倉っぽいですね。

 

孔子(至聖先師)像。

 

釈迦牟尼仏。

 

前に七爺八爺(謝将軍・范将軍、白無常・黒無常)が

いるので、こちらは城隍神ですね。

 

開漳聖王こと陳元光、福建でも特に漳州人に信仰されて

います。

 

後殿には南海娘娘=観世音菩薩(観音菩薩)。

 

南海娘娘の陪神には太阳公(太陽公)と月宮娘娘。

 

 

中国寺院ではよくありますが、道教・仏教・儒教の

神仏がごちゃ混ぜに祀られていますね。

 

こちらにはたくさんの位牌らしきものが。

 

下世話ですが、位牌の大きさ・装飾により料金が

SGD1,500~5,000(約12~40万円)するみたいです。

 

シンガポールの観光名所の一つで、以前から行こう

行こうと思っていたので、やっとそれが実現して、

すっきりしました。

 

シアンホッケン寺院周辺の地図とホテル

シンガポール ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: シンガポール タグ: , , パーマリンク