シルクエアーMI751便 プーケット・シンガポール線 旅行記・口コミ・評判

 

いよいよこの旅もシンガポール経由で帰国する時が

やってきました。

 

プーケットからシンガポールへはシルクエアーの

MI751便を利用します。

 

シルクエアはシンガポール航空傘下のリージョナル

エアライン(地域航空会社)です。

 

タイ国際航空のタイスマイル、キャセイパシフィック航空

のキャセイドラゴンと同じような位置付けでしょうか。

 

2016年に開業したプーケット国際空港の国際線ターミナル、

到着は経験ありですが、出発は初めてです。

 

 

5分ほど待っただけでチェックイン完了。

 

ラウンジで時間をつぶし、搭乗ゲートへ向かいます。

使用機材はエアバスA320-200。

 

シルクエアはエアバスA319/A320やボーイング737という

ナローボディ機のみ保有しています。

 

前方に2-2で3列のビジネスクラスがあり、エコノミー

クラスは3-3の座席配置です。

 

地味なシート色です。

 

私は10Cを座席指定していました。

 

フライトアテンダントさんはユニフォームのせいも

あるのか、親会社のシンガポール航空と違い庶民的、

隣のお姉さんって印象です。

 

機内エンタメ用のパーソナルモニターはありません。

 

10列目と11列目が非常口席でシートピッチは広く、

足下はこんなに余裕があります。

 

シートピッチは広いのですが、隣はかなりおデブな

中華系カップル。

 

通常の席のシートピッチは31インチ(約79cm)、

フルサービスキャリアとしては少し狭い~普通程度です。

 

非常口席なので、非常ドアの外し方が図解されています。

他の航空会社でも見たことがありましたが、ドアって

こんなに簡単に開く(外れる)のかと思います。

 

搭乗の際にも感じましたが、乗客の半分以上が西洋人

でした。

 

この路線のみ予約している人はほとんどおらず、私を

含めて大半がチャンギ空港でシンガポール航空へ乗り継ぐ

乗客でしょう。

 

スケジュールでは10:15発だったのですが、もう10:00過ぎ

には動き出していました。

 

水平飛行になって、先ずはウェットタオル(おしぼり)の

サービス。

 

機内食はスパイシーチキンヌードルとフィッシュの

オイスターソース掛け+ライスの2択でしたが、チキンに

しました。

 

ココナッツ風味のスパイシーなチキンにビーフン。

悪くなかったです。

 

わずか1時間45分でシンガポール・チャンギ空港に到着

しました。

 

あえて乗継時間の長いフライトを予約したので、この後

シンガポールを少し楽しみます。

 

その他のシルクエアーの搭乗記を見る

航空券+ホテルでお得

プーケット ウォータースライダー付きプールがあるホテル・サービスアパート

シンガポール ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: シンガポール, タイ タグ: , , パーマリンク

1 Response to シルクエアーMI751便 プーケット・シンガポール線 旅行記・口コミ・評判

  1. ピンバック: コーラル エグゼクティブ ラウンジ プーケット空港国際線ターミナル | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。