タクアパーで福建炒麺

 

次はタクアパー旧市街の北側に伸びるモントリー2通り

を歩いていきます。

 

この通りに観光名所らしき建物が2ヶ所あります。

 

まずはクン イン ビルディング。

 

敷地内には入れませんでした。

 

元タクアパー県知事プラヤー・セーナーヌチットの

甥であるイン中尉の家だそうです。

 

1917年に建設されたシノポルトギーススタイルの邸宅

ですが、1981年に改修されており、外観に古さや歴史は

あまり感じられません。

 

もう1ヶ所の導明学校という中華学校へ向かって歩いて

いたところ・・・

 

古い中華風のショップハウスに食堂があるのを発見。

 

ป้าดาหมี่ผัดฮกเกี้ยน(パー ダー ミー パット ホッキアン

=ダーおばさんの福建炒麺)が店名だと思います。

 

お腹も空いていたし、ホッケンミー(福建面)なら、

チャイナタウンのあるタクアパーならではの料理って

感じで全く文句ありません。ここにしましょう。

 

道路沿いのテーブルに座ります。

 

外国人観光客なんてめったに来ないでしょうから、

地元客からの視線を感じます。

 

しかし年季入っている建物だなあ。

 

ドリンクはアイスコーヒー。

 

店名にもなっている看板メニューの福建麺です。

 

福建面と一口に言っても、シンガポール、クアラルンプール、

ペナン・・・全く違うんですよね。

 

ここの福建面は焼きそば風の福建炒麺、プーケット

同じです。クアラルンプールのものもわりと近いのですが、

KLはもっと色が黒くてギトギト、麺は太いかな。

 

食べ終わって店を出て行く地元客が、「ここの福建面が

一番美味いぜ」なんて言葉を掛けてきました。

 

見た目ほど味はしつこくないんですよ。

 

エビも入っていました。

 

福建麺だけでは満腹にならないので、カオ ムー クロープ

を追加注文。

 

表面はカリカリ、その下の脂は甘く、肉はジューシーな

ムー クロープ、中華でいう脆皮焼肉。

 

ご飯が白飯ではなく、油飯(チキンライス)でした。

ちょっとカピカピになっているのが惜しいですけど。

 

意外と言っては失礼ですが、なかなかおいしい昼食

でしたし、その土地ならではの料理だと満足感がアップ

しますね。

 

お勘定は全部で95バーツ(約330円)。

 

カーオ ムー クロープが30バーツなのは店内に貼って

あるメニューで確認したので、残りの福建面もアイス

コーヒーも30~35バーツでしょうか。

 

お店の場所はタクアパー旧市街中心部からモントリー2

通りを北へ歩いて行き、クンインビルと導明学校

(タオミン スクール)の間。

 

タクアパーの地図とホテル

カオラック ウォータースライダー付きプールがあるホテル・サービスアパート

プーケット ウォータースライダー付きプールがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク