プーケット~カオラック~タクアパー バスでの行き方・アクセス方法・時刻表

 

今回プーケットに来た一番の目的は、パンガー県の

タクアパーという街へ行くことでした。

 

タクアパーはかつて錫の採掘が盛んで、その労働力として

移住した華人によってチャイナタウンが形成され、古い

ショップハウスや中国寺院が残っています。

 

ネットでの事前情報や現地で分かったことを総合すると

現在プーケット・タクアパー間には下記2路線のバスが

運行しているようです。

 

1)436番路線 プーケット~タクアパー

2)465番路線 プーケット~タクアパー~スラータニー

 

1)行きは436番路線を利用しました。

始発・終着はプーケットタウンのパンガー通りにある

バスターミナル1(旧バスターミナル)となります。

 

ここはプーケット空港からのエアポートバスも発着する

バスステーションなので、前日到着した際に時刻表を

確認しておきました。

 

プーケット発は8:40/10:20/11:40/12:40/15:30/16:20/17:30

タクアパー発は確認出来ませんでしたが、午前便が

中心で最終バスは14:30発のようです。

 

尚、この路線に限りませんが、日によって一部の便が

運行されないこともあります(事前に運休が決まって

いることもあるし、当日決まることも)。

 

私は10:20の便に乗るつもりで10時にはバスステーションへ

やって来ました。

 

タクアパーと書いてあるデスクでチケットを購入します。

運賃は100バーツ。

 

もうバスは来ていました。

 

ม.2(モー2)と書かれているので、2等バスですね。

 

中に入ると座席は2-2の並びで、思っていたより

ちゃんとしたシートです。エアコンも効いています。

 

かなり昔の情報ですが、プーケット・タクアパー間の

バスはエアコンなしと書いてあったので、覚悟はして

いたのですが、さすがにタイでも中長距離バスで

エアコンなしは少なくなってきたのかもしれません。

 

テレビ付きです。

 

足元が狭いということもなく。

 

5分ほど遅れて10:25に出発。

出発時に乗客は7~8人、外国人はおそらく私だけ。

 

タイの中長距離バスあるある、車内はタイの演歌とも

言われるルークトゥンが流れ、やたらとキットゥン

(恋しい)、キットゥンと歌っております。

 

プーケットタウンからテープカサットリー通り

(国道402号線)を北上して行き、スーパーチープなど

プーケット島内でもいくつかのバス停で乗客を拾って

行きます。

 

アジアのバスっていうと、スピード出しまくりの

対向車線にはみ出しての無理な追い越しというイメージ

ですが、このバスは安全運転、こちらがもう少し

スピード出せよと思う位でした。

 

途中のバス停も決まった発着時刻があるので、それに

合わせる為に調整しているのでしょうか。

 

出発して1時間15分ほどで橋を渡って、プーケット島を

後にし、本土のパンガー県へ入ります。

 

隣に見えるのがサラシン橋。最初にプーケット島と

本土を結んだ古い橋ですが、現在は歩行者専用。改修で

一部が高くされ、見晴らしが良くなっています。

 

出発から1時間半、少し賑わっている所に差し掛かり

ます。パンガー県のコーククローイという街で、ここで

国道4号線と合流します。

 

この辺りからポツポツ降りる乗客も出てきますが、

ルート上であれば好きな所で降ろして貰えるようです。

車掌のおばさんが降りる場所を聞いています。

 

ちょっとした荷物の運送も請け負っているのかな?

 

出発から2時間20分、海が一瞬見えました。

そろそろカオラックでしょうか。

 

ビーチリゾートとして有名なカオラックですが、

この辺りが中心街?

 

カオラックもタクアパー郡なので、もうそんなに

遠くないでしょう。

 

が、更に40分でやっとタクアパーのバスターミナルに

到着しました。

 

プーケットからは3時間くらいと聞いていて、多少は

早く着かないかなと期待していましたが、所要時間は

3時間10分でした。

 

手前がプーケット、パンガー、スラータニーなど

中距離用ターミナルで、奥にバンコクなど長距離用の

ターミナルがありました。

 

タクアパーのバスターミナルから目的地の旧市街までは

7~8km程度離れています。

 

ネットで調べてもどういう交通手段があるのか分からず、

ソンテウとかバイクタクシーとか、まあ何かあるだろうと

思って来ました。

 

結論としてはソンテウしかおらず、しかも決まった路線

を走るものではなく、チャーターせざるを得ないようです。

 

帰りは16:30発のバスに乗ることにして、それまでの

3時間チャーターすることになりました。旧市街からも

帰りの足がありませんから、チャーター一択ですね。

 

料金は3時間で400バーツと言われました。

交渉してみたけど、選択肢がないこちらとしては

弱い立場で値引きなし。

 

バスターミナルからタクアパー旧市街までは

ソンテウで15~20分です。

 

2)タクアパーからプーケットへの帰りは465番路線を

利用しました。この路線はスラータニーとプーケットを

結んでいます。

 

タクアパー到着時に時刻表を確認しておきました。

こんなところで帰れなくなったらどうしようもない

ですからね。

 

プーケット行は19:30が最終ですが、この日は運行

しないらしい。少し考えて、16:30発に乗ることに

しました。

 

タクアパー旧市街の観光を終え、バスターミナルには

16時過ぎに戻って来たのですが、なんと16:30発の便は

キャンセルになったと。

 

次の17:30発のバスに乗るしか選択肢はなく、チケットを

購入、料金は100バーツ(2等バス)。しかし1時間以上

待つ必要があります。

 

タクアパー川沿いのタクアパー リバーウォークなる

ナイトマーケット(屋台街)や・・・

 

ビッグCにも行ってみましたが、これといって

時間つぶしになるものもなく、バスターミナルへ

戻ります。

 

スラータニー発プーケット行のバスが17:05には到着

しました。

 

 

 

スラータニー方面から乗ってきた客もいますし、

前便も後便もキャンセルになっているせいか、結構

混んでいます。

 

欧米人の乗客も6~7人いました。

カオソック国立公園から乗って来たのかもしれません。

 

465番路線のプーケット側の発着はプーケットタウンの

北外れにあるバスターミナル2(新バスターミナル)と

なります。

 

プーケットバスターミナル2には20時頃到着。

タクアパーからは2時間半でした。

 

465番路線のプーケット発のタイムテーブル(時刻表)は

下記の通りです。

 

ป.1(ポー1)はエアコン付き1等バス、ป.2(ポー2)は

エアコン付2等バス、以前の呼び方ですね。

 

ป(ポー)はプラップ アーカート(=エアコン)の略。

 

プーケットのバスターミナル1とターミナル2の間には

ソンテウが運行していますが、19時までのようです。

 

仕方なくバイクタクシー。

旧市街まで5km・15分程度ですが、料金は100バーツと

結構高い。

 

タクアパーまで往復6時間に対し、現地での観光は

3時間だけ・・・何となく割が合わないような気も

しますが、良い経験になりました。

 

プーケットタウン旧市街の地図とホテル

タクアパーの地図とホテル

プーケット ウォータースライダー付きプールがあるホテル・サービスアパート

カオラック ウォータースライダー付きプールがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク