媽祖を祀る三山天后宮 福州公所 プーケットタウンの福建系中国寺院

 

今日は日帰りでパンガー県タクアパーという街に

行く予定ですが、帰って来るのは夜になると思うので、

先にプーケットタウンを少し観光しておきます。

 

観光と言っても趣味の中国寺院巡りですけど。

 

やって来たのはオールドタウンからクラビー通りを西に

行った所にある三山天后宮(サーン チャオ サム サーン

ティエン ハウ クン)。

 

 

こちらの三山天后宮は、福州公所という福建省福州

出身者の集会所・同郷會館も兼ねています。

 

天后宮ですので、中央に祀られている主神は天上聖母

(媽祖)、航海・漁業の女神です。

 

 

向かって右手には財神爺(チャイ シー イヤ)。

黒面で虎に乗っていることから趙公明でしょう。

玄壇真君とも言います。

 

虎爺もいらっしゃいますよ。

 

向かって左手には土地の神様、福徳正神。

 

タイ語ではプン タオ ゴンと書かれています。

プン タオ コン=本頭公なのですが・・・

 

タイに限らず、東南アジアでは福徳正神と本頭公が

混同・同一化しているのを時々目にします。

 

このように元々は異なる神仏ながら、似たような教義・

姿を持つ為、混同・同一視される現象は「習合」と

呼ばれます。

 

それと福徳正神の周りに祀られた5柱の首だけの像も

気になります。何だろう?

 

ついでに隣にある青龍宮太原堂祖王廟も見学して

いきましょう。

 

こちらは温姓の祖先を祀る宗祠です。

太原堂というのが温姓の堂号。

 

中央に祀られているのが、王審知こと忠懿尊王(忠惠尊王)。

 

 

王審知は五代十国時代の「閩(現在の福建省)」の

初代王となった人物で、開閩王とも呼ばれ、福建人に

信仰されています。

 

左右には数多くの神仙が祀られています。

 

 

こちらは関帝聖君(関羽)。

 

猿の神様・斉天大聖、西遊記の孫悟空です。

 

神台の下には虎爺。

 

うわっ、またこれだ。頭だけの5柱の神様?

さっきの三山天后宮にもありました。

 

これが何か気になって仕方がない。

 

グーグルで検索しようにも日本語の情報はほぼ期待

出来ないし、中国語は分からないし、糸口さえ掴めない。

 

福建系&5人で思い浮かぶのは五府千歳(王爺)。

これをきっかけに色々検索してみたところ、どうも

五福大帝ではないかという結論に。

 

張元伯、鍾士秀、劉元達、史文業、趙光明の5柱で、

五瘟使者とも言い、疫病を司る神らしい。

 

それぞれ青・赤・白・黒・黄と色も決まっている

ようで、この5柱の頭だけの像と合致するし、特に

福州人に信仰されているという点もばっちり。

 

疑問が解消して、非常にすっきりしました。

 

プーケットタウン旧市街の地図とホテル

プーケット ウォータースライダー付きプールがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク