ザ メモリー アット オンオン ホテル プーケットタウン 旅行記・口コミ・評判

 

プーケット初日はザ メモリー アット オン オン ホテル

(The Memory at On On Hotel)に宿泊しました。

 

スーペリアルームという部屋を予約、料金は税・サ込、

朝食なしで4,128円(1,175バーツ)でした。

 

このホテルは2000年公開のレオナルド・デカプリオ主演

映画「ザ・ビーチ」にも登場した有名なホテルです。

 

映画ではゲストハウスのような安ホテルでしたが、

2012年に改装され、現在はちょっと洒落たヘリテージ

ホテルになっています。

 

プーケットタウン旧市街(オールドタウン)の

パンガー通りにあり、オールドタウン観光には便利な

ロケーションです。

 

コンビニは徒歩1分でファミリーマートあり、空港バス

が発着するバスターミナル1(旧バスターミナル)は

徒歩約15分、パトンビーチなどへのソンテウ・バスが

発着するラノーン通りの生鮮市場までは徒歩5分。

 

1927年福建系商人により建設された歴史ある建物、

中国語では安安旅社。プーケットではシノポルトギース

と呼ばれる中国と西洋の文化が融合したスタイルです。

 

せっかく雰囲気のある建物なのに、電柱と電線が

景観を台無しにしてるなあ。

 

夜にはライトアップされ、ホテルの斜め前にある

カシコン銀行プーケット支店と共に、映えスポットに

なっています。

 

 

ホテルに入ってすぐのランタンが気分を盛り上げて

くれます。

 

ロビー周辺にはアンティークな生活用品やニョニャウェア

(プラナカンの食器)などが展示されています。

 

 

ロビーエリアの奥はコートヤード(中庭)になっており

ここを囲むように部屋が配置されています。

 

奥から入口方向を望んだところ。

 

私の部屋は1階(G階)の104号室。

 

部屋に入って最初の感想は「狭い」。

おそらく15~18平米くらいではないでしょうか。

 

何とかスーツケースを広げるスペースはありましたが、

もう足の踏み場もないくらい。

 

またこういう建物ですから、防音性は低いです。

 

新しい印象は全くありませんが、清潔感は問題ないし、

クラシックな雰囲気で悪くないです。

 

スーペリアルームはトラベラーズ、カーペンター、

アーティスト、レッド ピオニーという内装の異なった

4タイプがあり、私の部屋はレッドピオニー。

 

レッドピオニーは赤い牡丹という意味です。

牡丹は中国人の大好きな花ですね。

 

窓はあるのですが、上記のコートヤード(中庭)に

面している内窓です。窓には華人のショップハウスで

よくみられる鎧戸が付いています。

 

窓の下にあった木製のテーブルセット。

 

デスクの上にはポット、インスタントコーヒー・

ティーバッグなどが置いてあり、スペースはあまり

広くない。

 

デスク下に冷蔵庫。ドリンキングウォーターに加え、

2本のソフトドリンクも無料だったと思います。

 

クローゼットにセーフティボックスとヘアドライヤー。

 

続いてバスルーム。

 

ベッドルームとバスルームを仕切る引き戸の取っ手や

ガラスの細工もクラシック・レトロな雰囲気です。

 

洗面ボウル周りは物を置くスペースが結構あって

良かった。

 

トイレにはホース式(手動式)のウォシュレット付き。

トイレの水の流れが若干悪かったです。

 

バスタブはなく、シャワーブースのみ。

シャワーはハンドシャワーとレインシャワーがあります。

 

お湯の温度・量(水圧)は特に問題なし。

 

バスルームが微妙に下水臭かったのですが、

原因は排水口なのかシャワーのお湯なのかよく分かり

ませんでした。

 

アメニティグッズはバス&シャワージェル、シャンプー、

ソープ、シャワーキャップ、綿棒、サニタリーバッグ。

 

タオル類はバスタオルとフェイスタオルの2サイズあり。

 

バスルームの壁の一面だけがボロいまま残されています

(それともボロく見えるような塗装?)。「敢えて」だと

思いますが。

 

元が古い建物ですので、不具合もちょこちょこあり、

快適・機能的かと聞かれたら、「NO」ですが・・・

 

歴史を感じさせてくれる建造物であることや映画

「ザ・ビーチ」に登場したというストーリー性があり、

私は結構満足、泊まって良かったと思いました。

 

前回プーケットタウンに来た際、こことカサブランカ

ブティックホテルと迷って、カサブランカに泊まったので、

今回はザ メモリー アット オンオン ホテルにしたのです。

 

内装の新しさ・快適性・機能性ではカサブランカの方が

良いと思います。ただメモリー アット オン オン ホテルも

歴史を感じさせてくれる趣のある建物で、私は嫌いでは

ありません。

 

プーケットタウンを再訪することがあれば、違うカテゴリー

の部屋に泊まってみるのも悪くないかなと思いました。

 

ザ メモリー アット オン オン ホテルの客室タイプ・料金を調べる

プーケット その他のホテル・サービスアパート宿泊記

プーケットタウン旧市街の地図とホテル

プーケット ウォータースライダー付きプールがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク