バンコクエアウェイズのブルーリボンクラブラウンジ スワンナプーム空港

 

バンコクで2泊した後は、プーケットへ向かいます。

 

タイ国際航空便利用なのでスワンナプーム空港へ。

 

チェックイン&保安検査も待つことなく終わりまして、

搭乗までの間、ラウンジで時間つぶしをします。

 

ブルーリボンクラブラウンジ、バンコクエアウェイズの

ビジネスクラス用ラウンジです。

 

利用するのはタイ航空ですし、ビジネスクラスでも

ないのですが、いつの間にかブルーリボンラウンジが

プライオリティパスで利用可能になっていました。

 

最近、スワンナプーム空港では、航空会社のラウンジも

プライオリティパスと提携するケースが増えています。

 

今回は国内線ですが、国際線ではバンコクエアウェイズ、

オマーン航空、KLMオランダ航空、トルコ航空のラウンジ

が利用可能です。

 

各航空会社のラウンジも存続の為には、外部の客も

取り入れていかないといけないってことでしょうか。

 

バンコクエアウェイズの場合、エコノミークラス用に

ブティックラウンジがあり、そちらは何度か利用した

ことがありますが、ビジネスクラス用のブルーリボン

クラブラウンジは初めて。

 

 

機内食も大したものは出ないでしょうから、少し食べて

行きましょうかね。

 

エコノミー用のブティックラウンジはポップコーンや

スイーツ程度でお腹にたまるようなものはほとんどない

ですが、ここはさすがにありますね。

 

カウンターで麺類なども作ってもらえるようです。

 

点心(ディムサム)がありました、私はこれにしよう。

 

 

ただこの種のラウンジとしては、ミール類はそれほど

充実していないという印象です。国内線だからという

こともあるのかな。

 

冷蔵ケースのドリンク類。

 

 

 

しかし、暑いなあ。

 

タイですと、室内は馬鹿みたいにエアコンを効かせて

寒いくらいだったりしますが、ここは効きが悪くて

汗ばむくらい。

 

寒いのもイラっとしますが、エアコンがあまり効いて

いないのも不快です。

 

ブルーリボンクラブラウンジがこんな感じと知れた

ことは経験としては良かったですし、現時点でスワンナ

プーム空港国内線エリアのプライオリティパスで利用

出来るラウンジはここしかないので仕方ないですが・・・

 

国際線エリアにたくさんあるミラクル系ラウンジが

国内線エリアに出来たら、そっちを利用すると思います。

 

航空券+ホテルでお得

バンコク・スワンナプーム国際空港周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: タイ タグ: , , パーマリンク

2 Responses to バンコクエアウェイズのブルーリボンクラブラウンジ スワンナプーム空港

  1. ピンバック: バンコクエアウェイズのブティックラウンジ | 泊まりたいアジア

  2. ピンバック: タイ国際航空TG211便 バンコク・プーケット線 旅行記・口コミ・評判 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。