プーケット空港の空港コードはなぜHKT?

 

世界の空港には国際航空運送協会(IATA)により3レターコード

という3文字の空港コードがつけられていますが・・・

 

なんでプーケット空港は「HKT」なんでしょう。

 

ずっと前から気になっていました(かと言って調べたことも

なかったのですが)。

 

バンコク・スワンナプーム空港はBKK、シンガポール・チャンギ

空港はSIN、香港国際空港はHKG、羽田空港はHND、成田空港は

NRT。ホーチミン・タンソンニャット空港はSGN、これは昔の

サイゴンから来ていますね。

 

どこもそれなりにある程度納得出来る空港コードなのですが、

プーケットの場合、プーケットの「プ」とHKTの「H」という

最初の文字の音が違うので、非常にイメージが湧きにくいですね。

 

プーケットを英語で書くとPHUKETなので、本当ならPKT

あたりが一番妥当なコードなのでしょうが、PKTはオースト

ラリアにあるポートキーツ空港(というより飛行場?)に

先に取られていたので、PHUKETと2文字目のHを使った

のでしょうかね。

 

プーケット ウォータースライダー付きプールのあるホテル

プーケット国際空港周辺の地図とホテル

プーケットのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク