アアヴァ マラッカ ホテル マラッカのショップハウスホテル 旅行記・口コミ・評判

 

マラッカではアアヴァ ホテル(Aava Malacca Hotel)

宿泊しました。

 

アドバンテージルームという部屋を予約、料金は

1泊税・サ・朝食込で4,484円(RM168)+チェックイン

の際に、マレーシアの観光税RM10/泊とマラッカの

遺産税RM2/泊が徴収されました。

 

せっかく世界遺産の街・マラッカに泊まるのですから、

歴史を感じることが出来る古いショップハウスを改装した

ホテルを予約しようと探していました。

 

マラッカでショップハウスホテルというとヒーレン

ストリートにあるホテルプリが有名で、私もそこを

予約しようかなと思っていましたが・・・

 

ホテル予約サイトを見ていると、ホテルプリより

口コミの評価が高く、見た目も良さげに思えたのが

今回泊まったアアヴァホテルです。

 

ロケーションはマラッカのチャイナタウン(旧市街)、

観光の中心となるジョンカーストリートの少し北側、

マラッカ川に近いジャラン カンポン フールー。

 

2008年にマラッカが世界文化遺産に登録された際、

ホテルのある場所はコアゾーンからぎりぎり外れた

その周辺のバッファーゾーンでしたが、2011年に対象

区域が若干修正され、コアゾーンとなりました。

 

コアゾーンは現在プロパティという呼び名に変更されて

います。

 

観光客より地元民が多い、少しうらぶれた印象の

通りで、賑やかさはないのですが、車は結構通ります。

 

ジョンカーストリートまで徒歩5分程度ですし、

中国寺院をはじめ中華街メインに観光しようと思って

いる私にとっては便利な立地でした。

 

到着したのは夜でしたので、建物がライトアップ

されて幻想的な雰囲気です。

 

いかにもプラナカン風のショップハウスという外観。

築100年超の古い建物を改修して昨年1月にオープン、

まだ1年半くらいなので、新しくてきれいです。

 

部屋は2階の202号室、エレベーターはありません。

 

ニョニャウェア(プラナカン食器)のような

パステルカラーで可愛い内装です。女性が喜びそう?

 

 

アドバンテージルームは22~25平米とあまり広くない

ですが、特に不都合はありません。天井は高いです。

 

まだまだ新しく、清潔なので気持ち良いですね。

 

ベッドの寝心地はごく普通。

 

一番安いクラシックルームは窓無しのようなので、

その上のアドバンテージルームを予約したのですが・・・

 

廊下と中庭(吹き抜け)に面している内窓なので、

開ける訳にはいかず、実質窓無しと同じです。

 

隣の建物と密接している構造上、フロアマップを

見ても、通りやマラッカ川に面した部屋以外、大半の

部屋は内窓さえもなさそうです。

 

こちらはグランドフロア(1階)のフロアマップ。

 

中庭(吹き抜け)部分はランタンのようなライトが

吊るされていて趣があります。

 

ワーキングデスクの広さも問題なし。

デスク前を含め、電源コンセントは全てマレーシアの

BFタイプですので、変換アダプターが必要です。

 

Wifiは遅くて、多少ストレスがありました。

 

ポットに無料の水、インスタントコーヒー、それに

エスプレッソマシンもあります(カプセル2個あり)。

冷蔵庫の中は空です。

 

テレビチャンネルにはNHKワールド(英語放送)も

NHKワールドプレミアム(日本語放送)もなし。

 

クローゼットにはセーフティボックス、バスローブ、

予備のトイレットペーパー。スリッパはなかったです。

 

ヘアドライヤー、ランドリーバッグ、ソーイングキット。

 

バスルームはベッドルームとの間がガラス張りでシースルー

になっています(ブランドカーテンはあります)。

 

トイレにはホース式(ハンド式)にウォシュレット付き。

 

バスタブはなくシャワーブースのみ。

お湯の温度・量(水圧)は特に問題ありませんが、

温度が若干不安定でした。

 

アメニティグッズは歯ブラシ・歯磨き粉、石鹸、

フェイスソープ、コンディショニングシャンプー、

シャワージェル、ローション、シャワーキャップなど。

 

タオル類はバスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルの

3サイズ置いてありました。

 

朝食はロビー奥の中庭(吹き抜け)にて。

 

ハム・ソーセージ・卵料理・点心などいくつかある

メニューから欲しいものを選んで作ってもらうのですが・・・

 

点心(焼売)を注文したら、目の前で冷凍食品の袋を

開けて取り出し、レンジに放り込みます。正直、萎えます。

 

他にパン・シリアル・ドリンクなどをセルフで頂くの

ですが、ドリンクもコーヒー・紅茶・水程度でフルーツ

ジュースはなし。

 

更にインド系のスタッフは愛想が悪く、あまり気分が良く

なかったです。

 

外で点心を食べる予定で、ホテルの朝食ははっきり

言えばブログ用にどんなものか知る・画像撮影だけが

目的でしたけど。

 

食べなくても全く惜しくないレベルです。

 

館内設備としては、意外にも2階のマラッカ川沿いに

小さなプールがありました。

 

廊下など館内にはプラナカン家具、プラナカン女性の

衣装であるバティックのサロン、ビーズ刺繍のサンダル

などが飾ってあります。

 

 

 

チェックアウト後、マラッカセントラルバスターミナルまで

Grabで呼んでくれました(個人車が来ました)。通常の

タクシーなら定額でRM20ですが、GrabでRM8。

 

部屋に窓がない、朝食がお粗末といったマイナス点は

ありますが、歴史を感じさせてくれる素敵な建物、新しく

清潔な部屋、料金もお手頃とトータルではかなり満足

でした。

 

アーヴァ マラッカ ホテルの客室タイプ・料金を調べる

マラッカ その他のホテル・サービスアパート宿泊記

ジョンカーストリート周辺の地図とホテル

マラッカ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: マレーシア タグ: , パーマリンク

3 Responses to アアヴァ マラッカ ホテル マラッカのショップハウスホテル 旅行記・口コミ・評判

  1. ピンバック: マラッカ 秀珍娘惹小厨でニョニャ料理 | 泊まりたいアジア

  2. ピンバック: 板底街芋飯肉羹湯でバクテーに似た肉羹湯 マラッカ | 泊まりたいアジア

  3. ピンバック: クアラルンプール国際空港 KLIAからバスでマラッカへ | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。