スカルノハッタ空港から空港鉄道レイリンクでジャカルタ市内へ

 

ジャカルタ・スカルノハッタ空港に到着後、

先ずは空港内の新交通システム「スカイトレイン

でターミナル3から空港鉄道駅に移動しました。

 

次は案内に従い、隣接する空港鉄道レイリンク

RAILINKのスカルノハッタ インターナショナル

エアポート駅(SHIA駅)へ歩いていきます。

 

SHIA駅に到着しました。

 

レイリンクと呼ぶのか、エアポートトレインと

呼ぶのか不明ですが・・・

 

スカルノハッタ国際空港→バトゥ チュペル→ドゥリ→

BNIシティ(スディルマン バル)→(マンガライ)→

ブカシに停車します。

 

現時点でブカシ発着は1日4往復のみ、大半の列車は

SHIA駅とBNIシティ駅(スディルマンバル駅)間を

運行しています。マンガライ駅は将来的に停車予定で

現在は通過。

 

BNIシティ駅は、本来スディルマンバル駅という駅名

ですが、BNI(バンク・ネガラ・インドネシア)に

ネーミングライツを売却して、こうなったようです。

 

時刻表によると、SHIA駅発は6:20~23:20、

BNIシティ駅(スディルマンバル駅)発は4:51~21:51、

どちらも30分間隔。

 

チケット売り場はどこかな?

 

これがチケットの自動販売機。

 

係員が近付いて来て、操作はほぼ全部やってくれ

ました。自分でやりたかったのに・・・

 

帰りは自力でやりましたが、通常チケット

(レギュラーチケット)の購入方法は下記手順と

なります。

 

画面に従い、「TICKETS」→「BUY TICKET」→

「REGULAR TICKET」を選択します。

 

次に目的地を選択。

 

購入可能な列車が出発時刻の早い順にずらっと

表示されるので、希望の列車を選択。

 

次は画面にキーボードが出てきて、電話番号を記入。

私は日本の電話番号を記入しましたが、おそらく

適当な数字を入れても大丈夫では?

 

購入するチケットの明細が表示され、支払い方法を

選択します。

 

支払方法はクレジット/デビットカード、プリペイド

カード、バウチャーの3択、現金は不可です。

 

レギュラーチケットの料金は現在7万ルピア。

正規運賃は10万ルピアですが、3万ルピア割引の

プロモーションを継続しているようです。

 

私はクレジット/デビットカードを選択。

 

横の端末の下からクレジットカードを挿し込み、

ピンコード(暗証番号)を押して、緑のボタンを

押します。

 

決済が完了すれば、チケットとカード利用明細が

出てきます。

 

こちらがチケット。

 

改札はチケットのバーコードをスキャンして入場。

 

こんな車両です(帰りにBNIシティ駅で撮影)。

 

そこそこ乗っていますね。

 

スーツケースなどの荷物置き場もあります。

 

隣の車両へ行くとガラガラ。

 

開業してまだ1年半ほどなので、シートなどは

きれいですね。

 

 

帰りも感じたのですが、1両目だけそれなりに

乗客がいて、それ以外の車両はガラガラ、下手したら

1両に乗客1人だけなんてレベルです。

 

なんで空いている方に来ないんだろう?

 

今になって気が付きましたが、チケットには

車両番号と座席番号が記載されていました。

 

私は勝手に自由席と思って、空いている車両に

座っていたのです。

 

途中で車掌の検札があるわけでもなく、全然

気付きませんでした。

 

スカルノハッタ国際空港駅をほぼ定刻に出発。

 

途中に通過する駅がいくつも出てくるんです。

 

あれっ、今後新しい駅が出来るのかな?

そのわりに古くてボロい感じだけど・・・

 

後で調べると、この空港鉄道は従来からある

ジャカルタ首都圏鉄道・KCI(KRLジャボタベック)

の路線から空港へちょっと支線を延ばしたもので、

大半は既存のKCIの線路を走っているんですね。

 

それで空港からBNIシティまで46分も掛かるのか。

距離のわりに時間が掛かると思ったんですよ。

 

ドゥリ(Duri)駅で6~7分停車、動き出すと

スイッチバックのように進行方向が逆になります。

 

KCIでもドゥリ駅は乗換駅になっていますね。

 

スディルマンバル駅(BNIシティ駅)には5分ほど

遅延して到着。

 

線路・ホームは地上階ですが、改札などは2階。

 

改札を出る際にもチケットのバーコードをスキャン

します。

 

改札を抜けると、また地上階へ降ります。

 

BNIシティ駅の外に出ると、MRTドゥクアタス駅や

KCIスディルマン駅方向へ歩道が繋がっています。

両駅まで徒歩3~5分。

 

トランスジャカルタのバスも乗り入れています。

 

私は予約しているオールシーズンズ  タムリン

歩いていきます。BNIシティ駅から徒歩3~4分と

すぐそばです。

 

タクシーの高速代込みで15~6万ルピアは別にして、

ダムリのバス4万ルピアに比べると、レイリンクの

運賃7万ルピアはちょっと高いかなと思いましたが・・・

 

ダムリのバスはガンビル駅まで4万ルピアですが、

そこからタクシーに乗る必要があります(私が泊まる

エリアだと料金2~3万ルピア)。そう考えると

料金差はほとんどないかな。

 

空港鉄道の場合、BNIシティからMRTに乗り継いでも

せいぜい+数千ルピアですから、今後は可能な限り、

この空港鉄道を利用すると思います。

 

ジャカルタ・スカルノハッタ国際空港周辺の地図とホテル

BNIシティ駅(スディルマンバル駅)周辺の地図とホテル

ジャカルタ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: インドネシア タグ: , , パーマリンク

1 Response to スカルノハッタ空港から空港鉄道レイリンクでジャカルタ市内へ

  1. ピンバック: スカイトレイン ジャカルタ・スカルノハッタ空港のターミナル移動 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。