シンガポール航空 エアバスA350-900 シンガポール・ジャカルタ線SQ956 旅行記・口コミ・評判

 

シンガポールからジャカルタへはシンガポール航空の

SQ956便を利用しました。

 

シンガポールに到着後、もっと出発時間が早くて

乗継時間の短いフライトが2便あったのですが、

あえてこの便にしました。

 

チャンギ空港の場合、搭乗ゲート前で保安検査が

あるので、少し早めに搭乗口に向かいます。

 

セキュリティチェック後、搭乗券のチェックを

受けて待合室に入る際、インドネシアの税関申告書

を受け取ります。

 

インドネシア入国時には、入国カードはなく、

この税関申告書のみ提出が必要です。

 

ここは機材がばっちり撮影出来ます。

 

使用機材はエアバスA350-900なのです。

 

あえてこの便にしたのは、朝早くジャカルタに到着

してもすることがない(チャンギ空港で時間をつぶす

方がよっぽど快適)のも理由ですが、一番の理由は

使用機材がエアバスA350-900だという点です。

 

せっかく早めに来たのに、使用機材の到着遅れ

で遅延だって。もう到着はしているんですけどね。

イギリス・マンチェスターからだそうです。

 

定刻は9:25発でしたが、9:20頃からボーディング

が始まります。結局、出発は15分程度の遅れで

済みました。

 

エコノミークラスの座席配置は3-3-3、

私は45Kを座席指定していました。

 

いつもは通路側を選ぶのですが、1時間半程度の

近距離路線なので、たまには窓側にするかと。

 

エコノミークラスは41列から始まりますので、

45列はわりと前方です。

 

シートピッチは32インチ(約81cm)らしいですが、

数字より広く感じます。関空・シンガポール間で

利用したボーイング787-10もそう感じました。

 

ボーイング787-10では廃止されたフットレストが

付いています。

 

機内エンタメの言語は、英語、中国語、マレー語、

フランス語、ドイツ語、韓国語、日本語、タミール語、

ヒンディー語、インドネシア語が選択出来ます。

 

さっきのボーイング787-10にはコントローラーが

なかったですが、こちらはあります。

 

日本映画だけでも23本ありますが(アニメ含む)、

短時間のフライトですので、何も見ず。

 

モニター脇にフック、USBなど各種端子、イヤホン

ジャック。

 

反対側はドリンクホルダー。

 

テーブルは2段階に開くタイプ。

女性にはうれしい?鏡付き。

 

 

出発前におしぼりのサービス。

 

近距離路線なので、毛布と枕は置いてません。

 

短時間なので我慢しようかと思いましたが、機内が

あまりに寒く、リクエストして持って来てもらい

ました。

 

そして水平飛行になってすぐに機内食。

 

シーフードヌードルかソーセージ&スクランブル

エッグという選択肢で、シーフードヌードルに

しました。

 

ピリ辛のサンバルが効いていてうまいです。

 

飛行時間は約1時間20分、あっという間にジャカルタ・

スカルノハッタ国際空港に到着。

 

入国審査は待ち時間ゼロ、荷物も15分くらいで出て

来まして順調、順調。

 

到着はターミナル2だと思いきや、ターミナル3

でした。何か新しくてきれいだなと思ったんですよ。

 

かつての主力ターミナルのターミナル2はエアアジア、

ライオンエアなどLCCがメイン、フルサービスキャリア

の大半はターミナル3へ移転しています。

 

その他のシンガポール航空の搭乗記を見る

航空券+ホテルでお得

シンガポール 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

ジャカルタ ウォシュレット付のホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: インドネシア, シンガポール タグ: , , パーマリンク