シンガポール・チャンギ空港でトランジット・乗り換え 所要時間 シンガポール航空

 

関空からSQ623便でシンガポールに到着後、

SQ956便に乗り継いでジャカルタへ向かいます。

 

シンガポール・チャンギ空港には何度も来て

いますが、乗り換えは初めてかな。

 

最後方の席だったので、到着から降機まで

12~3分掛かりました。

 

SQ623便が到着したのはターミナル2のE28ゲート。

ターミナル2の一番端、ターミナル1との境目にある

ゲートです。

 

一般的な空港と異なり、シンガポール空港の場合、

出発客と到着客の動線が分かれておらず、混在して

いるのが特徴です。

 

その為、乗り換え・トランスファーする場合、

一般的な空港にある(保安検査が行われる)乗換口

というものがなく、次の便の出発ゲートへ直接

行くことが出来ます。

 

そして各搭乗ゲートの入口で保安検査が行われます。

 

マレーシア・クアラルンプール国際空港(KLIA)

かつて同じ国だったせいか、同様のシステムですね

 

但し、シンガポール・チャンギ空港ターミナル4と

クアラルンプールKLIA2(LCC専用)は異なります。

 

次の便の搭乗口はどこかな?

 

さすがに4時間半近く先の便なので、まだ表示されて

いませんでした。

 

電光掲示板の他、所々にあるこんなキオスクで確認

する方法もあります。

 

ボーディングパス(のバーコード)をスキャンすると

搭乗ゲートが表示されるはずなのですが・・・

 

まだ早いせいかエラーになります。

 

そこで画面の「フライトナンバー」という部分を

タップするとキーボードが出てきますので、便名を

入力してみます。

 

やはりまだ早いみたいですね。

 

ラウンジなどでかなり時間をつぶしてから、再度

ボーディングパスをスキャンしてみます。

 

今度はちゃんと読み取れました。

E11ゲートとなっています。

 

「View Map」をタップすると、現在地から搭乗ゲート

へのルートを表示してくれます。

 

E11ゲートは同じターミナル2でも、触覚みたいに

伸びている部分の結構先の方です。

 

(参考)シンガポール・チャンギ国際空港フロアマップ

 

所要時間6分となっています。

 

少し歩くと、E1~12ゲートのあるエリア(触覚みたいに

伸びている部分)への分岐点が出てきました。

 

そばにトランスファーラウンジEがあります。

 

次の便のボーディングパスを受け取っていない人は

ここでチェックインします。私は既に受け取って

いるので寄りません。

 

チャンギ空港の搭乗ゲートは、

 

ターミナル1がCとD

ターミナル2がEとF

ターミナル3がAとB

 

に分かれていますが、各エリアにこうした

トランスファーラウンジがあります。

 

結構遠いなあ・・・

 

やっとE11ゲートに到着。さっきのキオスクから

6分と表示されていましたが、10分弱掛かりました。

 

今回は同じターミナル2内(E28→E11)の乗り継ぎ

でしたが、着陸から搭乗口まで約25分、降機から

搭乗口までなら12~3分でした(出発ゲートを確認

する時間は除く)。

 

チャンギ空港の場合、ターミナル1~3は繋がって

いるので、スカイトレイン(空港内交通システム)や

徒歩でターミナル間の移動は可能です。

 

但し、ターミナル4は離れた場所にありますので、

ターミナル1~3とターミナル4間の乗り継ぎは、

一旦入国&再出国する必要があります。

 

ターミナル4⇔ターミナル2は無料シャトルバスが

運行されています。

 

航空券+ホテルでお得

シンガポール・チャンギ国際空港周辺の地図とホテル

シンガポール 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: シンガポール タグ: , パーマリンク