海記合桃坊甜品でクルミのお汁粉 香港・太子~旺角

 

坤記竹昇麺で食べた後、もう一つの目当てである

香港スイーツのお店・海記合桃坊甜品の開店時間まで

2時間ほどあります。

 

今まで何度か行こうとした香港歴史博物館に今度こそ

と思ったのですが、よく考えたら、この日は定休日の

火曜日でした。

 

時間つぶしにどこかブラつくにしても、旅の終わりで

かなり足が疲れているんですよね。

 

結局、九龍公園と公園内にある香港文物探知館で

ぼぉ~として過ごしました。

 

開店時間の12時半になったので、楽道にある

海記合桃坊甜品・尖沙咀店に行ったところ、店は

開いているのですが、まだ準備中という感じ。

 

作業しているおばさんに呼び掛けても無視されました。

 

ムカっとしたので、別の支店へ行くことにします。

 

海記合桃坊甜品は、旺角と太子の間にも2つ支店が

あるのです。

 

当時は開店時間が太子に近い方が12:30、旺角に

近い方が13:00になっていたので、太子店へ。

 

良かった、開いてた。

 

まだ開店準備中って感じですが、すぐにメニューを

出してくれました。

 

メニューには色んなスイーツがあるのですが、

店名も海記合桃坊甜品だし、初志貫徹で合桃(クルミ)

のお汁粉にします。

 

注文した沙沙合桃糊、HKD27(約380円)。

〇〇糊というのはお汁粉のような中華スイーツです。

 

凍(冷)と熱があるのですが、今までの経験から

熱(ホット)にしました。

 

もともと薄味のデザートなので、冷たいのだと余計に

味を感じなくなるんですよ。

 

砕いたクルミがたくさん振りかけられています。

 

以前食べた合桃縁の合桃糊より少し色が濃いかな。

 

まさに糊という感じで、多少ドロッとしています。

 

合桃縁はすごくやさしい薄味でしたが、こちらの

海記合桃坊甜品のはクルミの粒も入っているせいか、

もう少し味ははっきりしています。

 

クルミ好きなんで、どっちもおいしいですけど。

 

でもクルミのお汁粉以外に、芝麻糊(ゴマ)や

腰果糊(カシューナッツ)なども捨てがたいです。

 

フライトの時間も迫っているので、店での滞在時間

10分以下と慌ただしく空港へ向かいます。

 

こちらは同じ西洋菜南街、歩いて3分ほどのところに

ある旺角店。

 

お店の場所は西洋菜南街の太子寄り、MTR太子駅B2

出口から徒歩3分。尖沙咀、旺角~太子以外に土瓜灣、

観塘にも支店あり。

 

MTR太子駅(プリンスエドワード駅)周辺の地図とホテル

香港 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: 香港 タグ: , パーマリンク