観音菩薩を祀る観音古廟 バンコク・チャイナタウン

 

バンコク最終日、この日の深夜便で帰国するの

ですが、夕方から個人的な趣味の中国寺院巡りで

チャイナタウンへやって来ました。

 

この日のターゲットは2ヶ所。

 

チャイナタウンに着いたのはもう16時半近く。

こうした中国寺院は17時までという所が多いので

急がないと。

 

先ずは新本頭媽廟(老達叻本頭媽宮)へ。

 

ヤワパーニット通りから狭い路地を入った所に

あります。

 

あれっ?もう閉まっている?

でも少しだけ門が空いていますね。

 

中に入って画像撮影をしていると、管理人らしき

おばあさんに「もう終わりだ、帰れ!」みたいに

怒鳴られました。

 

そんなに怒らなくても・・・

 

ここは16時までのようです。

次回の宿題とします。

 

次はパートサーイ(Phat Sai)通りにある観音古廟。

 

この廟の前を通ったことは何度もあるのですが、

あまりに小さくみすぼらしい感じなので、今まで

スルーしていました。

 

ちなみにこのパートサーイ通り、靴屋と印刷屋が

やたらと多い通りです。

 

かなり貧相な廟ですが、屋根はそれなりに装飾

されています。

 

中に入ってみましょう。

 

 

観音古廟ですから、当然中央の主祀は観音菩薩。

 

一瞬、媽祖(天后聖母)?なんて思ったのですが、

蓮華座(蓮の花の台座)なので観音菩薩でしょう。

 

観音菩薩と媽祖は習合(同一視)されるケースも

あります。

 

弥勒菩薩(布袋)と赤ら顔は関帝聖君(関羽)

でしょうか。

 

 

タイの商店・住宅でよく目にする地主爺かと

思いましたが、土地公(福徳正神)のようです。

 

地主爺(地主公)と土地公の見分けは難しい。

 

ネットで検索すると、中国語の「Yahoo!知恵袋」

的なサイトで質問されているケースも多いので、

中国人でも分かっていない人が結構いるのかな。

 

道教の神様にはそれぞれ生誕日(誕生日)があり、

その日にお祭り・儀式が行われますので、それで

判断することも可能です。

 

こちらは太子爺。

 

中壇元帥や哪吒(ナタ)とも言い、タイ語では

ナーチャー。

 

様々な仏像。

 

招き猫のポーズの女神、メー ナーン クワック。

 

タイの仏教寺院でお馴染み、黒髪から水を滴らせ、

敵を撃退する女神メー トラニー(ナーン トラニー)。

 

 

お偉いさんが訪れた写真が飾られているなあと

思ったら、シリントーン王女。こんな小さな廟にも

来られるのか。

 

自他共に認める中国好きのシリントーン王女

ですので、タイで中国寺院巡りをしていると、

同王女が参拝された写真をよく目にします。

 

こうした装飾にはお目出度い動物・草花が使われる

のですが・・・

 

カニ?

 

蟹も中国では吉祥の意味があるのか調べると、

横行君子と言って、権力に抗って我が道を行く

(=横歩き)君子として称えられるようです。

 

食べ物としてだけの対象じゃないんだ。

一つ勉強になりました。

 

バンコク・チャイナタウン周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク