ホイトート チャウレー バンコク・トンロー

 

この日はメトロポールバンコクに宿泊するのですが、

12時半頃着したらまだ部屋が準備出来ないとのことで

先に昼食へ行きます。

 

トンロー通り(スクンビット・ソイ55)にある

ホーイトート チャウ レー(Hoi Tod Chaw Lae)に

やって来ました。ホイトートとパッタイの有名店。

 

 

路地の上に屋根を付けたようなオープンスペースで

暑かったのですが、向かって右側にエアコンの

効いた店舗があるのに食べた後で気付きました。

 

シリントーン王女(プラテープ)から何か表彰?

下賜?された写真が誇らしげに飾ってあります。

 

注文したホーイトート。

 

ホーイ・マレーンプー(ムール貝)とホーイ・

ナーンロム(牡蠣)のどちらにするか聞かれ、

牡蠣を選びました。

 

パッタイ クン ソット、活エビ乗せのパッタイ。

ホー カイ(玉子包み)になっています。

 

タイでは屋台を含め、パッタイとホーイトートを

一緒に売る店が多いです。食材に共通性があるのか?

 

思っていた以上にエビが大きいですね。

 

味は特筆することもなく普通です。

個人的に、パッタイならもう少し甘めの味付けの

方が好きかな。

 

食べ終わってお勘定をすると、270バーツだと。

なんかおかしくない?

 

ホイトートが80~100バーツ。

 

パッタイ クン ソットが100~120バーツ。

 

「~」の基準もよく分かりませんが、両方高い料金

で計算しても220バーツにしかならないんだけど。

 

店員に聞いてみると、ホイトートがムール貝では

なく、カキなので150バーツだと。

 

メニューのホイトートの下には食材としてムール貝

(Mussels)と書いてあります。

 

そして別のメニューであるオースワンの下には

カキ(Oyster)と書かれ、値段は120~150++と

なっています。

 

悪気はないのかもしれませんが、分かりにくいと

言うか、客側からすれば騙しに近い。

 

実は先に食べ終えた別の日本人客もお勘定の際に

何か揉めていたのです。

 

味は悪くなかったけど、格別に美味しいかと

言えばそうでもなく、料金の件で、あまり良い

印象はありませんでした。

 

お店の場所は、スクンビット通りからソイトンロー

に入って数十メートルの左手。BTSトンロー駅から

徒歩1~2分。

 

BTSトンロー駅周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク