碧龍宮青龍爺公 バンコク・クロントイの中国寺院

 

ホテルの予約に朝食が付いていないので、近くの

クローントーイ市場周辺で食べることにします。

 

どこか良さげな食堂がないかグーグルマップで

探していたところ、中国寺院(道教寺院)を発見

したので行ってみます。

 

碧龍宮青龍爺公(サーンチャオ ペク レン ケン

マンコン キアウ)と言います。

 

本殿の前には「天地父母」の神位を祀った祠。

 

天地父母は主に潮州人に信仰されていることから

潮州系が華人の過半を占めるタイの中国寺院では

よく目にします。というよりほぼ100%ある?

 

私はタイをはじめ東南アジアではよく道教寺院に

行くのですが、こうした観光客がほぼ訪れない

ようなところでは、たいてい変なよそ者が来た

と怪訝な目で見られるんですよね。

 

しかしここでは管理人らしき方から、「どうぞ

中に入って見学して」みたいに促されました。

 

これで心置きなく見学・画像撮影出来ます。

 

本殿の中央に祀ってあるのは青龍爺公だよね?

 

安済聖王と書いてあります。

 

安済聖王とは三国時代の蜀の武将である王伉のこと。

別名、青龍爺、大老爺。

 

つまり安済聖王=青龍爺公で正解。青龍爺公は

主に潮州人に信仰されているようです。

 

青龍爺公って、今まであまり聞いた・見たことが

ないなあと思っていたのですが、

 

チャイナタウンの龍尾古廟に主神の龍尾爺公と共に

祀られていたのを思い出しました。

 

青龍爺公の左右には女性が祀られています。

普通は奥さんなのでしょうが、2人ってどういうこと?

 

 

左手(向かって右手)が大夫人(第一夫人)、

右手が二夫人(第二夫人)でした。

 

主祀の青龍爺公以外には、大聖佛祖。

斉天大聖とも言いますが、西遊記の孫悟空です。

 

戝神爺。

 

本家中国には存在しないという土地の神様、

本頭公(老本頭公)。一部の廟では、福徳正神と

習合・同一視されています。

 

タイの商店・住宅で玄関の床に祀ってあるのを

よく目にする地主神、タイ語でティー チュー イヤ

(チャオ ティーとも)。

 

バンコクで中国寺院(道教寺院)と言えば、

チャイナタウンやトンブリー周辺に多いですが、

こんなところにもあるとは知りませんでした。

 

マイナーな寺院の存在に気付いたことと、

青龍爺公という今まで知らなかった神仙のことを

知ることが出来て、朝から少し得した気分です。

 

クロントイ市場周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク