ピーターコーンじゃなくてピーコンナーム チェンカーンのお化け・精霊

 

チェンカーン市街に戻ってきて、ワット ター コック

の前あたりにある、メコン川沿いの公園をブラブラ

していますと・・・

 

またこれか。

 

昨晩チャイコーン通り(ウォーキングストリート)

のナイトマーケットを歩いていた時にも、この

お化け・精霊に仮装したのがいたんですよ。

 

最近、人気・知名度も上がってきている奇祭、

ピー ター コーン(Phi Ta Khon)祭りに登場する

お化け・精霊のお面です。

 

あれはルーイ県のダーンサーイ郡なんですよね。

 

同じルーイ県とはいえ、ピーターコーン祭りの

人気に便乗かよ、全く・・・

 

チェンカーンとしての誇りはないのか。

 

と思っていたのですが、これはピーターコーン

ではなく、ピー コン ナム(Phi Khon Nam)と

いう別のお化け・精霊だったのです。

 

ホテルでエアアジアのバンが来るのを待って

いる時に、チェンカーンの観光ガイド的な冊子を

読んでいて知りました。

 

ピーコンナムはチェンカーン郊外ナーサーオ村

(Ban Na Sao)発祥のお化け・精霊で、300年の

伝統があります。

 

毎年田植え前に豊かな雨と五穀豊穣を願って、

ピー コン ナーム祭りが開催されるそうです。

 

ピー ター コーン祭りとは謂れが違いますし、

よく見るとお化け・精霊の姿も違いますね。

 

角のようなものは、農作業を行う水牛の角を

表しています。

 

また体に付いている紙のピラピラは雨を表現して

います。

 

ホテルのロビーの壁に描かれていたこちらのお化けは

ピー ター コーンですよね。

 

ピーコンナム祭りは、チェンカーン郡ナーサーオ村で

毎年4月末~5月の満月の夜から3日間開催されます。

 

チェンカーンの地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク