カオピヤックセンとカオチーのランチ チェンカーン

 

午前中は近場の仏教寺院を4ヶ所回ってみましたが、

これと言って興味を引かれることもなく。

 

12時にホテルをチェックアウトし、荷物を預けて、

またチェンカーンを散策します。

 

エアアジアのルーイ空港行きバンの出発時刻まで

4時間近く空き時間があるのです。

 

まずは昼食なのですが、午前中歩いている時に、

食べる物の目星を付けていました。

 

カオ ピアック センとカオチーです。

ラオスにもありますよね。

 

シーチェンカーン通り(国道211号線)にいくつか

食堂があるのですが、特に理由もなく、入ったのが

こちらのカオ ピヤック セン テーウ ハック ナーンと

いうお店です。

 

昼時なのですが、私以外に客はいません。

この店だけでなく、他も同じようなもんですけど。

 

メニューは、カオピヤックセン、カイガタ、

カオジー ユアン、ジョークムー。

 

朝食でカイカタとジョークを食べたのですが、

チェンカーンで地元の人が普段食べる料理って

この4種類が多いのでしょうか。

 

カオ ピヤック セン(卵入り)、45バーツ。

 

具はムーヨー(ベトナム風ハム)、ルークチンクン

(エビのすり身団子)など。フライドオニオンが

香ばしい。

 

麺の原料は米粉にタピオカ粉も入っているせいか、

モチモチというかネチャネチャした食感。

 

スープは薄味でやさしい感じ。

少し甘めですが、結構好きな味です。

 

トッピングの玉子を溶いて、さらにマイルドに。

 

カオピヤックセンはラオス・ルアンパバーンでも

食べたことがあり、ラオス料理とされていますが、

ベトナム風ヌードルと書かれていることもあります。

 

ベトナムではバインカン/バンカン(Bánh Canh)と

呼ばれる麺料理が原型?

 

もう一品、カオチー ユアン、15バーツ。

 

カオチーもラオスにありますよね。

ベトナム風のサンドウィッチ、バインミー/

バンミーです。

 

ちなみにユアンとはベトナムを意味します。

 

中の具はベーコン風のものと豚挽肉など。

 

ベトナムやラオスではフランスパンを使いますが、

ここではコッペパンみたいな安っぽいパン。

 

パンといい、中に塗ってあるマーガリンといい

本場ベトナムのバインミーに比べると、ちょっと

しょぼい感じは否めませんが、これはこれで

ありだと思います。

 

料理の味自体よりも・・・

 

カイガタもそうですが、タイ東北部・イサーンでは

ベトナム発祥の料理も多く、そんな歴史・文化的な

つながりを感じられたことで満足です。

 

チェンカーンの地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク