チェンカーンのナイトマーケットで夕食

 

ホテルにチェックイン後、すぐに夕食へ出掛けます。

 

古い木造家屋が並んでいるチェンカーン観光の中心、

チャイコーン通りは歩行者天国のナイトマーケットに

なっています(昼も営業している店はありますが)。

 

 

この日は木曜日と平日なのですが、そこそこに

賑わっています。

 

チェンカーンってここ数年で結構有名になったと

思いますが、中国人をはじめとする外国人観光客は

少なく、大半がタイ人のようでした。

 

こういう古い木造家屋が有名なんですよね。

でも見学するのは明るくなった明日にして、

夕食に専念しよう。

 

カラフルなカノムチーンの乾麺。チェンカーンで

結構目にしたので、名物なのかな?

 

夕食は屋台で何ヶ所か買い食いして済ませようと

やって来て、実際食べ物屋台も色々あるのですが・・・

 

やっぱりちゃんとした店舗のレストラン・食堂で

落ち付いて食べようかな。

 

食後のデザートにホテルで食べようと思い、

タイの伝統的なスイーツだけ屋台で買いました。

 

肝心の夕食場所ですが、チャイコーン通りに

あるフアン ルアンパバーンというレストランに

目を付けていました。

 

行ってみると、結構混雑していて気後れしてしまい、

入るのを諦めてしまいました。

 

結局ホテルの前、シーチェンカーン・ソイ9にある

ルック ポチャナーというレストランに入りました。

 

混雑しているわけでもなく、かといってガラガラ

でもなく、一人でも入りやすい雰囲気です。

 

通りに面したテーブルに座ります。

目の前には泊まっていたプーンサワットホテル

 

プラー ラート プリック、250バーツ。

直訳すると唐辛子乗せ。

 

白身魚を揚げたものですが、ここはメコン川沿いの

山の中ですし、やっぱりナマズかな?

 

甘・辛・酸っぱいソース、タイでよくある

サーム ロット(3つの味)で、魚にクセも全くなく、

とてもおいしかったです。白飯が進むなあ。

 

もう一品、ヤム ムーヨー、120バーツ。

ムーヨー(豚肉の蒸しソーセージ)の和え物・

サラダです。

 

辛さを聞かれて、「少し」でお願いしたのですが、

結構辛かった。

 

ムー ヨーはタイ北部や東北部でよく見ますが、

ベトナム風ソーセージ(というかハムに近いけど)

と呼ばれています。ベトナムではチャー ルアです。

 

ムーヨーもチェンカーンの名物料理なのかな。

チャイコーン通りでムーヨーを売っている屋台が

いくつかありました。

 

但し、塊がデカいんですよね。

 

このヤム ムーヨーの一切れ一切れもゴロゴロと

結構大きめでした。

 

チェンカーンらしいものが食べられたし、料理

自体もおいしかったし、満足でした。

 

目の前のホテルに戻って、さっき買ったお菓子を

頂きます。

 

同じ種類のお菓子を何個かで売っていたのですが、

バラバラでもいい?と聞いて、適当に選びました。

 

全部で8個を選んでいましたが、お値段は30バーツ。

どういう計算根拠か不明ですが、安っ!

 

 

こういうお菓子って、バンコクで見ると

なんか地味な印象で、買おうと思うこともないの

ですが、食べてみるとおいしいですね。

 

チェンカーンの地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク