ソン ホン ビジネス ラウンジ ハノイ・ノイバイ空港国際線

 

ハノイから次は、タイ・エアアジアでバンコクへ

向かいます。

 

出発の約2時間前にはノイバイ空港ターミナル2

(国際線ターミナル)に到着。

 

既にウェブチェックイン済で、バゲッジドロップ

カウンターにて荷物を預けるのも2~3分で終了。

 

出国審査とセキュリティチェックもそれほど待つ

こともなく通過出来ました。

 

ボーディング迄まだ1時間以上あるなあ。

 

今迄ならハノイ・ノイバイ空港では時間を潰すのに

困ったのですが・・・

 

プライオリティパスで利用可能なラウンジが

登場したのです。新しいラウンジなのか、前から

あったけど新たにプライオリティパスと提携した

のか不明ですが。

 

それがソン ソン ビジネス ラウンジ(SONG HONG

BUSINESS LOUNGE)。

 

搭乗ゲート28と29の間にあるエスカレーターで

上がります。

 

 

受付を済ませ、中へ入ると、「広っ!」。

 

 

そして食べ物・ミール類も思った以上に豊富。

但し、クオリティという面では今一つですけど。

 

 

味噌スープ(味噌汁)なるものもありました。

 

 

 

冷蔵ケースにはミネラルウォーター、ソフトドリンク、

ビールなどがぎっしりです。

 

 

アルコール類はビールだけなんてケチなことは

言わず、ワインやブランデーなどもあります。

 

外を眺めていると、最近運航を始めたばかりの

ベトナムのLCC・バンブー エアウェイズですね。

 

近くに座っていた若いアジア系の女性が何度も

何度も食べ物やドリンクを取りに行っています。

 

そんなにがっつかなくても・・・

 

と思っていたら、毎回数本の缶ビールを持って来て

キャリーケースにこっそり入れていました。それを

何度も繰り返していたのです。

 

青緑っぽいパスポートを持っていたから、ベトナム、

韓国、台湾あたり?

 

ちょっと色黒だったので、ベトナム人かな。

 

そろそろ時間なので、最後にトイレへ行っときますか。

 

トイレ内にシャワー室が2室あります。

 

 

シャワールーム内には更衣スペースもありますし、

サンダルも置いてあります。

 

ダナン空港のCIPオーキッドラウンジのシャワー室は

ドア開けたらいきなりシャワーブースで、どこで

着替えれば?靴は外に置くの?って感じでした。

 

バスタオルも置いてあり、自由に利用出来るのが

良いですね。この種のラウンジではシャワールームは

あっても、バスタオルを含め、受付に依頼する必要が

あるところも多いです。

 

アメニティグッズは、シャンプー、コンディショナー、

くし、シャワージェル、シャワーキャップ、

サニタリーバッグ。

 

用を済ませ、手を洗おうと思ったら・・・

 

うわっ、なにこれ。

金色に輝く洗面ボウル。TOTO製でした。

 

施主の意向でしょうけど、日本人の感覚からすれば、

ちょっと悪趣味って感じですね。

 

その横には歯ブラシ・歯磨き粉と綿棒。

 

食べ物・ドリンク、シャワーとこの手のラウンジと

しては充実しています。

 

個人的にはベトナム航空で東南アジア各都市へ行く

ことが多く、その乗り継ぎはラウンジが使える

ホーチミンを優先していましたが、今後はハノイ

優先にするでしょう。

 

ホーチミン空港のプライオリティパスで利用出来る

ラウンジは、現在シャワーがありませんので。

 

ハノイ・ノイバイ国際空港周辺の地図とホテル

ウォシュレット・日本の民放TV・大浴場 ハノイの日系・日本式ホテル

 

カテゴリー: ベトナム タグ: , パーマリンク

ソン ホン ビジネス ラウンジ ハノイ・ノイバイ空港国際線 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: タイエアアジアFD643便 ハノイ・バンコク ドンムアン線 旅行記・口コミ・評判 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。