強烈キャラの女店主がいる屋台でバインダークア ハノイ・ホアンキエム区

 

夕方ホテルに戻ると、夕食にはまだ少し早いのですが、

お腹減ったなあ。

 

昨日、チョドーでバインダークアを食べたのですが、

今一つ満足出来ず、不完全燃焼な気分でしたので

他にバインダークアの店がないか、グーグルマップで

探してみます。

 

近くに屋台らしきものが一軒見つかったのですが、

口コミは日本語の一件だけ。

 

味は抜群で「異次元の味」だが、店主がかなり

気難しい人のよう。

 

この路地ですね。

 

パラソルの下にベトナム名物の風呂イスとテーブルを

並べただけの屋台・露店です。

 

麺はバインダーとミエン(春雨)のどっちにするか

聞かれまして、私はバインダーに。

 

料金は5万ドンで、先に払えと言われます。

 

屋台にしては安くないし、先入観のせいか、店主の

おばさん(おばあさん)なんか怖そうという印象。

 

注文したバインダークアが運ばれてきました。

油条とフライドオニオンも一緒に付いています。

 

油條、あんまり好きじゃありません。

 

しばらく画像撮影していたら・・・

 

おばさんが近寄ってきて、揚げ玉ねぎをスプーンで

私の口に「あ~ん」して、無理やり食べさせようと

してきます。

 

それを見た周りの客がクスクス笑っています。

 

気難しい人かと思っていたおばさんも、はにかみ

ながら微笑んでいました。前歯が抜けてましたけど。

 

さてバインダークアですが、スープを口に含むと

カニ(クア)の香りが広がります。

 

麺はもっと硬い方が好きかな。

 

カニの香りが広がっておいしかったですが、

「すごく」かと言えば、そこまでではない。

 

やはり初めてバインダークアを食べた時の感動には

及びません。

 

そのホーチミンの店が本当においしかったのか、

初めての体験だったので美化し過ぎているのか、

いつか再訪して確かめたいですね。

 

お店の場所はリー トゥン キエット通りからハノイ市

公安病院の脇にある路地(病院に向かって左側)を

入って左手。ハノイ駅から徒歩4分程度。

 

ハノイ駅周辺の地図とホテル

ウォシュレット・日本の民放TV・大浴場 ハノイの日系・日本式ホテル

 

Related Post

カテゴリー: ベトナム タグ: , パーマリンク