世界遺産 古都ホアルー ベトナム・ニンビン省

 

参加者全員のピックアップも完了し、先ずは

ホアルー(Hoa Lu)へ向かいます。

 

ハノイを出てから約1時間半、大きなお土産物店の

ようなところで20分程度のトイレ休憩。

 

ベトナムの伝統工芸である刺繍の実演をしていましたが、

小学生みたいな小さい子も働かされて?いるなあ。

 

売店でお菓子やドリンクを買ったり、カフェで軽い

食事も出来ます。

 

ひっきりなしに観光バスが入ってきて、ドライブイン

のような役割を果たしています。ニンビンツアーでは

お決まりの休憩ポイントなのでしょう。

 

そこから30分ほどで古都ホアルーに到着。

こうした岩山がいかにもカルスト地形って感じですね。

 

ホアルーは10世紀の後半から11世紀の初め、

丁朝(968-980年)から前黎朝(980-1009年)の

短い期間、ベトナムの首都だった古都です。

 

ベトナムでは中国から独立した最初の王朝が丁朝と

されています。

 

前黎朝の後は、李公蘊(李太祖、リータイトー)に

よる李朝が成立し、首都がタンロン、現在のハノイ

に移されます。

 

ベトナムにはリー タイ トーの名を冠した通りや

公園が結構ありますが、こういう人だったのか。

 

駐車場から少し歩いて、ホアルー城跡へ入ります。

 

水牛に乗ったおじさん。

 

観光客向けの商売なのかな?

写真を撮っても特にチップ(お金)なんて言われる

こともなく。

 

ホアルー城跡にはいくつかのお寺・廟がありますが、

最初に見学したのが、ディン ティエン ホアン廟。

 

ディン ティエン ホアンとは丁朝の初代皇帝、

丁先皇(丁部領)、ここはその丁先皇を祀る廟です。

 

 

 

丁朝國母碑記と書いてあります。

 

丁朝があったのは10世紀末ですが、この廟が建設

されたのは17世紀とかなり後なんですね。

 

そんな中で、このLong Sàng (ドラゴンベッド)は

丁朝当時、つまり1,000年以上前のもので、ベトナムの

国宝に指定されています。

 

もう1ヶ所見学したのが、レ ダイ ハン廟。

 

こちらは丁朝の次に成立した前黎朝の初代皇帝、

レ ダイ ハン(黎大行=黎桓)を祀る廟です。

 

じゃあ15分後にここに集合ねって感じで、こちらも

じっくり見るという感じではありませんでした。

 

時間に余裕があっても、どこをどう見て良いのか

分かりませんけど。

 

このブログを書く為に多少調べたので、今になって

少しは歴史も分かりましたが、見学当時は事前知識も

ほとんどなく、ガイドが簡単に説明してくれても

全く頭に入ってきません。

 

そんな状態でしたので、正直、あまり興味を持って

見学出来たわけでもなく、ツアーのスケジュールを

淡々とこなしたって感じでした。

 

バス車中でガイドがベトナムにおけるPAGODAと

TEMPLEの違いについて説明していたのですが、

 

空き時間に上記と関連して、Chùa(仏教などの寺院、

英語でPagoda)、Đền(昔の偉人などを祀る廟、

英語ではTemple)、Dinh(村の守護神を祀る集会場、

漢字で亭)の違いを教えてもらったのが収穫でした。

 

ニンビン周辺の地図とホテル

ウォシュレット・日本の民放TV・大浴場 ハノイの日系・日本式ホテル

 

Related Post

カテゴリー: ベトナム タグ: , , パーマリンク