世界遺産チャンアンとホアルーの現地オプショナルツアーに参加 ベトナム・ニンビン省

 

ハノイ2日目は、現地ツアーに参加します。

 

ハノイ発の現地オプショナルツアーとしては、

ハロン湾が王道だと思いますが・・・

 

私がそれ以上に惹かれたのが、ニンビン省の

「チャンアンの景観関連遺産」。陸のハロン湾

なんて呼ばれているところです。

 

同じ世界遺産でも、ハロン湾は自然遺産ですが、

チャンアンは自然と文化の複合遺産に登録されて

います。東南アジア初の世界複合遺産らしい。

 

このニンビン省への現地ツアーを調べていると、

 

1)古都ホアルーorバイディン寺

2)タムコックorチャンアンでボートクルーズ

 

1)と2)からそれぞれ1ヶ所の組み合わせという

のが一般的です。

 

シンツーリスト(シンカフェ)でホアルー

チャンアンのコースをネット予約。

 

返信メールに記載されたURLにアクセスし、

eチケットをプリントして持って行きます。

 

旧市街(オールドクォーター)内ならホテルまで

迎えに来てくれるのですが、私のホテルは対象外

なので、自分でシンツーリストのオフィスへ。

 

オフィスに到着後、eチケットを提示すると

パスポートと決済したクレジットカードの提示を

求められました。

 

パスポートは持ってきたんだけど、クレカは

ホテルに置いて来てしまいました。

 

もう支払い済なので必要ないと思い、持って

来なかったのですが、確かにeチケットにその旨

書いてありました。

 

ホテルに戻る時間もないので、結局ネット予約分

はキャンセルし、新たにその場で予約し現金払いと

いうことで、無事ツアーに参加出来るようです。

 

ネット予約の場合、669,000ドンにサービス料

(決済手数料?)として27,205ドンが加算され、

合計VND696,205でしたが、現金で払うことで

VND669,000のみ。少し安くなりました。

 

でも現金をあまり持って来ていないんですよ。

ツアー代を払ったら、約600Kドン(3千円弱)

しか残っていません。

 

それとクレジットカードへの請求はちゃんと

キャンセルもしくは返金(リファンド)して

くれるか不安がよぎります。

 

ベトナムなので、いい加減そうだしなあ。

 

不要となったeチケットには「2週間以内に

リファンド」と英語で手書きしてくれ、ついでに

スタッフの名前&サインもお願いしました。

 

結論としては、予約したのが数日前でしたので、

その時点でクレカへの請求自体がされておらず、

その後も請求されませんでした。

 

ツアーのタイムスケジュールでは7:45~8:30が

各ホテルでのピックアップ、8:30に出発となって

いましたが、バスがオフィスに来たのは8:40過ぎ。

 

こんなバスでした(途中の休憩地点で撮影)。

 

結構参加者は多いですが、2人席が空いていたので、

その窓側を無事確保。

 

シートピッチが狭く、膝の所がかなり窮屈です。

 

LCCより狭いくらい。大柄の西洋人なんて

もっと窮屈だろうな。

 

シンツーリストのオフィスを出た後も3ヶ所

ピックアップに寄りました。

 

後から西洋人の夫婦が乗って来たので、席を譲り、

私は最後方(5人掛け)の窓側へ移動します。

 

参加者は計27人、全員揃ったところで、名簿に

名前と国籍を書かされます。

 

アメリカ人とイギリス人を中心に西洋人が多く、

中国人や韓国人といったアジア系は少ないです。

 

後で分かりましたが、日本人は私を含め5人。

 

英語の話せるベトナム人ガイドがツアーの概略を

説明します。

 

いつもは笑いを取れるのであろう鉄板ネタ的な

話をしていましたが、若干すべり気味でした。

 

シンツーリストのツアーだと思っていましたが、

実際はKHANH SINH TOURという会社が催行する

ツアーで、参加者は色んなところから集められて

いるようです。

 

後でお話しするようになった日本人のご家族は

旧市街でも北の外れにあるホテル ル カルノ

泊まっていたので、ピックアップ時間が7:15頃。

 

参加者全員ピックアップするまで1時間45分も

バスに乗る羽目になったようです。

 

帰りは渋滞で予定よりかなり遅くなりましたが、

このご家族のドロップオフは道順の都合上、

最後と言われ、キレそうになっていました。

 

私はハノイに入って最初のドロップオフポイント

のオペラハウス近くでさくっと降りました。

 

ピックアップサービスはありがたいですが、

ホテルの場所によっては長時間バスに乗ることに

なるので、自力で集合場所に行く方が良いかも

しれません。

 

それでは世界遺産ホアルー&チャンアンツアーの

スタートです。

 

ハノイ旧市街(オールドクォーター)周辺の地図とホテル

ニンビン周辺の地図とホテル

ウォシュレット・日本の民放TV・大浴場 ハノイの日系・日本式ホテル

 

Related Post

カテゴリー: ベトナム タグ: , , , パーマリンク