香港航空HX611 東京成田・香港線 エアバスA330-200 旅行記・口コミ・評判

 

東京で1泊し、これから実質的な1月の旅のスタート

となります。

 

先ずは香港航空HX611便で香港へ。

香港航空を利用するのは今回が初めてです。

 

料金が安かったのと今まで乗ったことがないという

理由で香港航空を予約したのですが・・・

 

年末から同航空の経営危機説が報道され、多少

心配しておりましたが、無事搭乗日を迎えました。

 

香港航空というより、海南航空グループ(海航集団)

全体の経営危機説は以前から囁かれていましたが。

 

最近、香港航空のLCC子会社、香港エクスプレスを

キャセイが買収か?なんてニュースも流れています。

 

香港航空のチェックインインカウンターは

成田空港第1ターミナル北ウイングとなります。

 

出発の2時間前に着いたのですが、多少行列して

いますね。でも大したことなさそう。

 

バゲッジドロップのカウンターが別にあり、

私は事前にオンラインチェックイン済ですので

こちらを利用します。

 

バゲッジドロップのカウンターは前に1組だけいて、

待ち時間3分でした。

 

このHX611便は9:05発なのですが、第1ターミナル

北ウイングで最初の便でした。

 

成田空港の離発着は6~23時に制限されていますが、

6~9時は到着専用、出発は9時からで運用されている

みたいですね。今まで気付かなかったなあ。

 

使用機材はエアバスA330-200。

予約時はエアバスA330-300でしたが、いつの間

にか機材変更されていました。

 

エアバスA330-300はリニューアルされた新しい

機材があると聞いて、それを狙っていたんですけど。

 

エコノミークラスの座席配置は2-4-2。

 

香港航空は初体験ですが、以前HKエクスプレスが

運航していた香港航空の機材に乗ったことがあります。

 

機種は違いますが、内装は同じなので、初めて

という感じがしません。

 

私の座席は59H、わりと後方の通路側です。

 

ウェブチェックインの際、後方は空いていたので、

経営危機の噂もあったから、これはガラガラかなと

期待したのですが、いざ搭乗してみるとほぼ満席に

近かったです。

 

私の隣はスーツを着たサラリーマン風の日本人男性。

 

シートピッチは30~31インチ(約79~81cm)くらい

でしょうか。LCCよりはマシですが、レガシー

キャリア(フルサービスキャリア)としては狭め。

 

機内エンタメ用のパーソナルモニターも付いて

います。

 

見た感じではちょっと古そうなモニターですが、

タッチパネル式でした。

 

日本語吹き替えで視聴出来る映画はそこそこあります。

日本映画は2本+アニメ2本(名探偵コナン&火垂るの墓)。

タイ映画も2本あり。

 

フライトアテンダントのユニフォームは紫色で

香港エクスプレスと全く同じですね。

 

出発前に香港の入境カードとイヤホンが配られました。

 

枕や毛布はシートに置いていないですが、リクエスト

すると持って来てくれます。

 

離陸後、水平飛行になって機内食サービス。

 

機内食はサバ味噌煮orチキン+卵焼きという選択肢で

私はサバ味噌煮を選択。

 

びっくりするほど小さなサバの切り身。

 

機内食であることを考慮しても、味のレベルは

かなり低いです。ご飯もパサパサだし。

 

食後にトイレへ行ったら、かなり年季が入っていて、

便器自体も蓋もボロボロです。

 

ここも割れているし・・・

 

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を1本

見終わったら、そろそろ香港への着陸準備です。

 

香港航空はスカイトラックスで五つ星とされている

海南航空系だし、子会社でLCCの香港エクスプレスには

良い印象を持っていたのですが・・・

 

正直言って、機材・サービス共にイマイチでした。

ホスピタリティという意味でも、フライトアテンダントに

笑顔・愛想はなく、う~んという感じ。

 

他のフルサービスキャリアと比較しますと、ベトナム

航空以下、マカオ航空以上というのが私の評価。

 

でも料金の安さを考えると、許容出来る範囲、

特に受託手荷物がある場合は、今後の利用もあり

かなと思います。

 

その他の香港航空の搭乗記を見る

航空券+ホテルでお得

香港国際空港周辺の地図とホテル” />

香港 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: 香港 タグ: , パーマリンク