阿道蚵仔煎で鹿港名物 アナジャコの唐揚げと牡蠣オムレツ

 

台中から2時間近くバスに乗って、やっと鹿港に到着。

 

食いまくるぞ!と、先ずは目星を付けていた肉まんの

お店「阿振肉包 振味珍」へ向かいます。

 

ここで修業された日本人の方が東京・世田谷区で「鹿港」

という手作り肉まんのお店を出しているそうです。

 

うわっ、結構な行列。

 

また後にするか。

 

その後3~4回前を通った時も行列になっていて、結局

食べませんでした。

 

今から思うと、並んででも食べれば良かったなあという

いつもの後悔です。

 

この日は日曜日で観光客がかなり多かったのです。

台南・安平に行った時も感じましたが、やはり観光地は

土日を避ける方が良いですね。

 

最初から計画が狂ってしまいました。

 

気を取り直して、鹿港名物らしいシャコを食べようと

思います。

 

特に店は決めていなかったのですが、鹿港天后宮の

すぐ横の「鹿港阿道蚵仔煎」に入りました。

 

同じような店が何軒か並んでおり、おばちゃんが

客引きをしております。

 

 

台湾でよくあるメニューと注文票が一緒になった

やつで、これだと台湾語の話せない私でも簡単です。

 

店名が阿道蚵仔煎なので、看板メニューと思しき

蚵仔煎は注文しないとね、60元。

 

小さいですが、カキもわりとたくさん入っています。

 

蚵仔煎(オアチェン)は台湾を代表する小吃の一つで、

私も何度か食べたことはあるのですが、特別美味いと

思ったことはないんですよね。

 

この店の蚵仔煎は生地がモチモチで、甘辛のソースも

わりと好きな味でした。

 

そして鹿港の名物らしい蝦猴酥。

屋台を含め、鹿港では売っているのをよく見ます。

 

お値段は200元とそこそこします。

 

思っていたより小さいなあ。

体長は10cmもなく、5~6cmくらい。

 

海外で食べるシャコって、日本のものより巨大って

イメージがあったんだけど・・・

 

身自体はあまりなくて、川エビの唐揚げみたい。

川エビほどカリカリでもなく、ソフトシェルクラブ

に近い食感かな。

 

おけら?なんか虫に見えてきた。

 

塩コショウとニンニクが効いてて、シャコ独特って

味でもないなあ。

 

シャコだと思っていましたが、後でよく調べたら

蝦猴はアナジャコ(穴ジャコ)。見た目も名前も似て

いるけど、遠縁の別の生き物のようです。

 

下の方にはニンニクがどっさり。

 

アナジャコおいしいですけど、正直言うとちょっと

期待外れかも。期待が大き過ぎたか。

 

取りあえずお腹も満たされたので、鹿港の街歩きを

スタートします。

 

鹿港の地図とホテル

台中 ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: 台湾 タグ: , パーマリンク

1 Response to 阿道蚵仔煎で鹿港名物 アナジャコの唐揚げと牡蠣オムレツ

  1. ピンバック: 鹿港天后宮 鹿港最大の観光名所 | 泊まりたいアジア

コメントは停止中です。