ベトナム航空VN602 バンコク・ホーチミンシティ線 旅行記・口コミ・評判

 

いよいよ帰国の時が来ました。

 

まずはバンコクからベトナム航空VN602便でホーチミン

へ向かいます。

 

待合室では日本人乗客の姿もちらほら見えます。

 

私と同じようにホーチミン・タンソンニャット空港で

3時間程度待って、東京成田、大阪関西、名古屋中部、

福岡行きに乗り継ぐのでしょう。

 

VN602便の使用機材はエアバスA321-200。

 

ベトナム航空の近中距離路線の主力機で、もう何度

乗ったことでしょう。個人的に目新しさは全くなく、

かなりマンネリです。

 

今回は最後列の通路側、38Cを座席指定してみました。

 

隣2席は空席でその点では快適だったのですが、周りは

ベトナム人団体客でうるさかったです。

 

機内エンタメ用パーソナルモニターはありません。

最後尾ですが、座席はリクライニングしました。

 

シートピッチは32インチ(約81cm)、LCCよりは

余裕があります。せいぜい1時間半程度と国内線並みの

フライト時間なので、狭くても問題ないですけど。

 

水平飛行になってすぐに機内食の時間。

スケジュール上で1時間半、実質は約1時間のフライト

なので忙しいのです。

 

うわっ、これかよ。

 

サラダ、フルーツ、パンだけの簡素な食事。

これじゃあ、お腹ふくれないなあ。

 

以前食べた記憶があると思って、過去の記事を調べて

みると、約4年前のホーチミン・バンコク線VN603便

出ていますね。

 

ベトナム航空の場合、近距離の東南アジア路線でも

ぶっかけ飯系や麺類などそこそこボリュームのある機内食

を出してくれるので、さっきのラウンジでも食べるの

セーブしたのに・・・

 

尚、ドリンクにはビールもあります。

ハノイビールとハリダ(HALIDA)だったかな。

 

ホーチミン・タンソンニャット空港が近づいてくると

フライトアテンダントが、向こう側の座席に自分たちの

荷物を置き始めました。

 

乗客に対しては、手荷物は座席の下に置けとか注意

するのに、こんなのでいいのかよ?

 

表面的にはちゃんとしているようでも、キャビンクルーの

安全意識は低い航空会社なんだと思います。

 

無事、タンソンニャット国際空港に到着。

ターミナルには着けず、沖止めでバス移動です。

 

最後列なので降機も最後だと思っていたら、最後方の

ドアも開けられ、先頭で降りられました。

 

だからってどうってこともないのですが。

 

ベトナム航空は既存のエアバスA321の後継機として、

2019年末頃から順次エアバスA321NEOを投入する予定に

なっています。

 

次回利用する時には、エアバスA321NEOだといいなあ。

 

その他のベトナム航空の搭乗記を見る

航空券+ホテルでお得

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

ホーチミン ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ, ベトナム タグ: , , パーマリンク