有名なジョークプリンスでお粥 バンコク・バーンラック

 

夕食はどうしようかな。

 

クディーチーンで買ってきたお菓子を食べて、あまり

お腹減ってないし、今日はかなり歩いて疲れたので

近場で済ませたい気分。

 

ということで、ホテルから徒歩1分のところにある

ジョーク プリンスで食べることにしました。

 

昔は近くに住んでいたので、持ち帰りでちょくちょく

食べていたのですが、長らくご無沙汰していました。

 

チャルーンクルン通りから入る路地にテーブルを置いて

営業しています。

 

ガイドブックにも掲載されている有名店なので、

中国人・韓国人を中心に外国人観光客も多いのですが、

この時は地元のタイ人客ばかりという感じでした。

 

お粥のメニュー。

 

大きく分けるとムー ルアン(豚全部)とクルアンナイ

(内臓・モツ)に分かれています。ムー ルアンと

言っても、豚団子が入っているだけですけど。

 

メニューを上から説明しますと、

 

ジョーク ムー ルアン/クルアンナイ 45 (卵入り)50

〃    サイ カイ イアウ マー 50 (大盛り)60

〃    サイ カイ 2バイ(2個) 50 (大盛り)55

〃    サイ カイ イアウ マー+サイ カイ 55 (大盛り)60

ガオラオ ムー サップ/クルアンナイ(ジョーク ヘーン) 50 (大盛り)60

 

サイ=入れる、カイ=卵、カイ イアウ マーは直訳すると

馬のしょんべん玉子ですが、皮蛋(ピータン)のこと。

 

ガオラオはヌードル屋だと麺なしのスープのみですが、

ここではお粥(コメ)なしのムーサップ=豚ひき肉団子、

クルアンナイ=内臓・モツのみということなのかな。

 

こちらはドリンクメニュー。

 

上のナム ゲークフアイは菊花茶なのですが、下の

ナム クラチアップって何だろう?

 

後で調べたらクラチアップはローゼルで、ハイビスカス

ティーでした。

 

ハイビスカスティーの原料って、当然ハイビスカスと

思いきや、実はこのローゼルらしい。

 

私が注文したのはジョーク ムールアンの卵入り。

 

ジョークはコメ(砕米)をトロトロに煮込んで

形がほとんど残っていないお粥。広東語のジョック

(ジョッ)が語源の広東粥です。

 

タイにはもう一つ米粒の残った雑炊のようなお粥の

カーオトムもあります。

 

カーオトムは潮州粥がルーツ。

具入りもありますが、白粥におかず・トッピングを

乗せて食べるスタイルも多いです。

 

タイの華人は潮州系が過半を占めるせいもあるのか、

ホテルの朝食ビュッフェではジョークよりカオトムを

よく見るような気がします。

 

この店は肉団子がおいしいんですよね。

 

でもお粥自体は少し焦げ臭い味?香り?がします。

 

これって意識的にしているのでしょうか?

前回食べた時も同じように感じました。

 

この店に限らず、タイでは焦げ臭いお粥がわりと

多いのです。香港では感じたことはないのですが。

 

ジョークプリンスの場所は、BTSサパーンタクシン駅

からチャルーンクルン通りを向こう側に渡り、北へ

4~5分行ったところ。

 

奥にプリンスシアターという100年以上前にオープン

した古い映画館があったのが店名の由来で、その

映画館が改装され、プリンスシアター ヘリテージ ステイ

というホテルになっています。

 

BTSサパーンタクシン駅周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク