阿榮哥海南茶で伝統的な朝食 クアラルンプール・ICCプドゥ

 

この日は日帰りでマラッカへ行こうと思って、

朝6時半にはホテルをチェックアウトし、そのまま

荷物を預けて、バスターミナルへ向かいます。

 

TBSバスターミナルには7時頃到着しました。

日曜日だし、8時頃のバスに乗れればいいかな・・・

 

窓口でマラッカ行きのチケットを購入しようとしたら

何と10:15のバス。3時間待ちやん。

 

じゃあ、行き先を変更して、テロックインタンは?

 

こちらはバスの本数が少ないこともあり、12時過ぎ。

 

愕然とします。

通常でも日曜日は混みますが、マレーシアは

前日の土曜日から火曜日まで連休中だったのです。

 

事前予約することも考えていたのですが、その時の

気分で行くか行かないか、行くなら何時頃か決めた

かったので、予約しませんでした。

 

連休と知っていたら、予約したのに・・・

 

もう行くのは諦めようか思いましたが、取りあえず

10:15発のマラッカ行きのチケットを購入。

 

購入時点で既に、このチケットは捨てることになる

かもと思っていました。

 

いや捨てる可能性大だけど、もしかしたら行くかも

しれないから、一応買っておこうという感じかな。

 

待ち時間が3時間もあるので、時間潰しも兼ねて朝食

にでも行きますか。長い待ち時間のおかげで、行きた

かった店へ行けるとポジティブに考えます。

 

LRTに乗ってプドゥ駅で降り、向かったのがICCと

いうビル。

 

ここは旧インビマーケットが移転してきたビルで、

生鮮食料品市場に加えて、屋台・フードコート的な

飲食店も入居しています。

 

お目当ては阿榮哥海南茶檔(Ah Weng Koh Hainan

Tea & Coffee)。

 

1964年創業の老舗。以前のインビマーケットにあった

時から有名店・人気店でした。

 

思っていた以上に広いです。

 

前回KLに来た際、ホテルから近く、朝食で行こうと

思っていましたが、雨が降っていたので諦めたのです。

 

カウンターで注文するのかと思っていましたが、

中に入るとすぐに店員が寄ってきて、テーブルに

案内され、そこで注文を聞かれました。

 

同じ経営なのか、別の経営なのか不明ですが、春巻の

ようなポピアの店もあります。

 

シグネチャー海南茶。

海南茶って紅茶?それとも黒茶?

 

半熟卵(温泉玉子)、こんなスタイルで来るのか。

 

熱湯の中に卵が2個、5分待てということでした。

 

カヤ&バター「トースト」を注文したのですが、

「バンズ」が来ました。値段同じだし、まあいいか。

 

ココナッツミルクと卵から作ったカヤジャムと

バターが挟んであります。カロリー高そう・・・

 

半熟玉子もそろそろいいかな。

 

テーブルに置いてある胡椒としょう油で味付けします。

 

 

そのままスプーンですくって食べても良いし、パン

(トースト)に付けて食べてもOK。

 

カヤジャム&バターのパン、特別好きというわけでは

ないのですが、たまに食べると美味いですな。

 

カロリー高いものは美味い。

 

それと結果論としてはトーストよりバンズの方が好きで

良かったかも。

 

代金は全部でRM7.4(約200円)でした。

 

店員は携帯端末というかタブレットみたいなものを

持って注文を管理しているみたいですけど、2回も

代金徴収に来ました(異なる店員)。

 

「もう払ったわ!」と言ったら、すぐに引き下がって

いましたけど、どうなってるの?

 

阿榮哥海南茶檔(Ah Weng Koh Hainan Tea & Coffee)の

場所は、プドゥ地区のジャラン1/77CにあるICCプドゥG階。

LRTプドゥ駅から徒歩7~8分。

 

プドゥ駅周辺の地図とホテル

クアラルンプール 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: マレーシア タグ: , パーマリンク