クアラルンプール・チョウキットのナイトマーケットでドリアン

 

KL最初の食事にバクテーを食べた後、今日は移動で

疲れたのでホテルへ戻りますか。

 

おっ、ペトロナスツインタワーが見えますね。

 

ホテルのすぐ近く、シェルのガソリンスタンド脇の

通りに結構店が出ています。ちょっと寄ってみましょう。

 

Jalan Raja Alangというチョウキットマーケットがある

通りです。

 

サテとか食べ物の屋台もあるのですが、多くが野菜・

果物などを売る露店。もう23時頃なのですが、こんな

夜遅くに営業しているんですね。

 

 

 

あっ、これこれ、毛のないランブータン。

 

正確にはランブータンの近縁種のプラサンと言って、

以前チャイナタウンで買って食べたことがあります。

 

この通りには、一見マレーシア人に見えますが、

インドネシア人のコミュニティーがありそうです。

インドネシア料理店もいくつかありましたし。

 

そして所々にドリアンの屋台があります。

ここにドリアン屋台が出ていることは、何かで見て

知っていたんですけど。

 

そういえばホテルにチェックイン後、エレベーターで

一緒になった華人系のグループがドリアン臭かったの

ですが、ここらで食べたのでしょうか。

 

ドリアンチェンドルの店がかなり繁盛していました。

私はその前の客がいない空いているドリアン屋台へ。

 

去年10月にKLでドリアンを食べようとしたら、

めちゃくちゃ高かったんですよ。

 

最高級ブランドの猫山王でRM7~80/kg、その他の

ブランドドリアンでRM4~50/kgもしたので、さすがに

馬鹿らしくなり諦めました。

 

シーズン外れで時期が悪かったのか、中国の爆買いで

ドリアン相場が高騰したのか。

 

今回はどうかな。

 

猫山王は置いてなかったのですが、D24や紅蝦など

2番手クラスのブランドドリアンでRM15~20/kgと

思っていたほど高くない。

 

翌日ジャランアローでも値段をチェックしたところ、

猫山王でRM40~50/kg、その他銘柄でRM20~25/kgと

いったところでした。

 

ジャランアローは外国人観光客も多いし、KLのど真ん中

ですから、多少高めですね。

 

こちらはカンポン(=村・集落の意味)ドリアンと

呼ばれるノーブランドのドリアン、値段はRM10/kgと安い。

パハン州のものと言っていたかな。

 

どうせなら今まで食べたことがない銘柄がいいなあ。

 

ということで、XXという1個だけあったドリアンに

してみました。

 

お値段はRM20/kg x 1.7kg =RM34(約920円)。

 

XOは有名なのですが、XX(エックスエックス、ダブル

エックス)って初めて聞いた名前だし、ネットで検索

しても全然出てきません。

 

 

果肉はかなりトロトロに熟していました。

マレーシアの人はかなり熟れたのが好きで、タイ人

だと完熟より少し前が好まれるような気がします。

 

 

すごく甘くて濃厚です。

カラメルのような香ばしい感じもします。

 

昔は少し硬めのそこまで熟していないドリアンが

好きだったのですが、最近はトロトロに熟れているのも

悪くないと思うようになりました。

 

KLでバクテーにドリアンと、相変わらずワンパターン

ですが、大満足でホテルへ帰りました。

 

チョウキットマーケット周辺の地図とホテル

クアラルンプール 洗濯機・コインランドリーがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: マレーシア タグ: , パーマリンク