ヘンヨートパックであんかけ麺 ラートナー バンコク・チャイナタウン

 

チャルームラー公園でストリートアートを見学した後、

前回見学出来なかったタラートノーイの「漢王廟」へ

向かいます。

 

その前にチャイナタウンで軽く食べようかな。

 

ラーチャテウィー~チャイナタウンは、直線距離では

近いのですが、BTSとMRTを乗り継いでフアランポーンと

なるとかなり遠回りになるので、さすがにタクシー。

 

チャイナタウンでやって来たのは、ヘーン ヨート パック

というあんかけ麺・ラートナーのお店。

 

 

漢字では「興粿條稚菜」と書くようです。

 

店の前は何度も通ったことがあって、存在は知っていた

のですが、ラートナーにあまり興味がなかったのです。

 

それがトラン県カンタンで食べたラートナーがおいしかった

ことで、急にラートナーに目覚めたのです。

 

中に入ってみましょう。

 

メニューはタイ語、中国語、タイ語のローマ字表記で

書かれています。

 

私が注文したミー クロープ ラートナー サイ カイが

やって来ました。

 

サイ カイ(卵入り)なので、肉・青菜と共に玉子焼き?

が入っています。

 

ミー クロープは中華麺を揚げたカリカリの麺。

 

一般的な米粉麺、クイッティアオのセンミー(中細麺)、

センヤイ(太麺)もメニューにあります。

 

パリパリの麺を汁(餡)に浸して、少しふにゃっと

させて頂きます。

 

玉子が入っているせいか、餡自体がそうなのか、

餡が甘くてコクがあるんですね。

 

おいしかったですが、私には少し甘過ぎかな。

テーブルにある調味料で酸味とか足した方が良かった

かもしれません。

 

お勘定は62バーツでした。

ラートナーが60バーツで、2バーツはお茶代?氷代?

 

タイ語で検索すると、ラートナー ヨート パック 〇〇と

いう店はタイにたくさんあり、料理名なのかな?

 

それからBTSサパーンタクシン駅近く、ロビンソン

デパート・バーンラック店前にも「ヘーンヨートパック」

というラートナーのお店があるのですが、同じ系列?

 

機会があれば、こっちでも食べてみようと思います。

 

お店の場所は、ラーマ4世通りとソイ・ナナ(チャイナ

タウンにもソイ・ナナがあるのです)との角、MRT

フアランポーン駅から徒歩5~6分。

 

フアランポーン駅周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク