シャンガリラキッチンで点心・飲茶 バンコク・チョンノンシー

 

チェックアウト後、また次のホテルへ移動する前に、

ホテルと同じ建物に入っているレストランで昼食を

済ますことにしました。

 

チャイナタウン、タニヤ、シーロムにも支店がある

シャンガリラレストラン系列のシャンガリラキッチンです。

 

このホテル、リニューアルオープンする以前は

シャンガリラスイーツというアパートでした。

 

尚、店名は「シャンリラ」であって、「シャンリラ」

ではありません。

 

チャイナタウン・ヤワラート通りの支店へ行ったのも

ずいぶん以前のような気がします。

 

昼前でしたので、まだ客は少なかったです。

 

中華料理のメニューも一通りあるのですが、私は

點心(ディムサム)目的で来ました。

 

小籠包、中のスープも濃厚、豚肉餡もジューシーで

おいしかった。

 

 

うさぎの形をしたハーガオ(蝦蒸し餃子)。

ハーガオは他にも金魚とか生き物シリーズがいくつか

あったと思います。

 

中のエビはプリプリ、ゴマ油が効いていて、本場の

香港で食べるのと近いです。

 

タイの庶民~中級の点心屋はエビを重曹で下処理

しないのか、プリプリしないところが多いのです。

 

豉汁蒸鳳爪、鷄の足(モミジ)の豆豉蒸しです。

 

好きな点心なのでよく注文しますが、まあ普通に

おいしかったです。

 

これは何という点心か名前を覚えていないのですが、

豚肉の上に豆腐が乗っている?

 

豆腐が香ばしかったとメモに残っています。

 

叉焼まん。

 

具のチャーシューは良かったのですが、外の皮が

ねちゃねちゃ気味でした。

 

お値段は小籠包が90バーツで、他の点心類は

45~75バーツ。

 

バンコクには1点30バーツ程度の安い点心チェーン店が

ありますが、それらとは味のレベルが違いますね。

 

この位の値段を出せば、割とまともな點心が頂けます。

マレーシアならこの半額程度であると思いますが。

 

シャンガリラはそこそこのお値段でそれなりの点心が

頂けるお店です。

 

タイにはこのクラスの點心屋が少ないんですよ。

もっと安いけどかなりレベルが低いか、美味いけど

かなり高いかのどちらか。

 

お店の場所はBTSチョンノンシー駅前、徒歩数十秒です。

 

BTSチョンノンシー駅周辺の地図とホテル

バンコク ウォシュレットがあるホテル・サービスアパート

 

Related Post

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク