ガパオライス専門店 プラウ PROW バンコク・チョンノンシー

 

この日はハブント メット シーロムというホテルに移動

しました。

 

チェックイン後、チャオプラヤーエクスプレスボートに

乗ってノンタブリーへ行くのですが、その前に昼食。

 

ボート乗り場のサトーン桟橋があるサパーンタクシン駅

周辺で食べようと思っていたのですが、ホテルを出て

すぐ隣にこんな店を発見。

 

PROW(プラーウ)というガパオライスの専門店です。

 

日本でもすっかりおなじみになったガパオライスですが、

タイに専門店ってありましたっけ?

 

日本にはあるけど、本家のタイにはなかったような

気がするのですが、この前行ったガパオクンポーと言い、

最近専門店がオープンしています。

 

カフェとかファストフード風の内装。

 

本当にチョンノンシー駅の目の前でしょ?

 

よく見ると、向こう側は別のお店でした。

 

通りから直接店に入ったので分かりませんでしたが、

シーロムコネクトというフード系専門の小さなモール

になっていました。

 

チャータイ(タイ風紅茶)のアイス。

 

ガパオライスは専門店だけあって、肉でも牛・豚・鷄・

ラム、それにエビ・イカ・サーモンなどのシーフード系

などメニューは豊富です。

 

カスタマイズして注文することも可能。

 

私が注文したポークテンダーロインにベーコンと

チーズ乗せ。

 

豚肉はスライスとミンチが可能です。

 

う~ん、普通においしいですけど、チーズは必然性が

全くないなあ。チーズは好きなんですけど、この料理に

関しては、ない方が良いです。

 

辛さはトウガラシの本数でレベル0~5があり、

更にレベルXとして5バーツ追加で6~8本まで。

 

私は2本にしましたが、そこそこ辛かったです。

個人的には1本か2本が適度なレベル。

 

お勘定は、

 

ガパオ ムー チーズ 165バーツ

チャータイ 55バーツ

サービス料 10%

合計 242バーツ

 

前回食べたガパオクンポーも含めて感じたことは・・・

 

ガパオライスはそこらの食堂で、ミンチ肉とガパオに

目玉焼きを乗せたごく普通のが一番美味い。

 

値段も4~50バーツだし、そんな百何十バーツも出して

食べるものじゃないかな。

 

BTSチョンノンシー駅周辺の地図とホテル

バンコクのホテル

 

カテゴリー: タイ タグ: , パーマリンク