フィリピン航空PR736便 マニラ・バンコク線 プレミアムエコノミー? 搭乗記・口コミ・評判

 

5泊したフィリピンを後にし、フィリピン航空PR736便で

バンコクへ向かいます。

 

火曜日の12時頃でしたが、ザ マニラホテルから

ニノイアキノ空港ターミナル2までホワイトタクシー

(通常のタクシー)で約30分、料金は170ペソ程度。

 

行きは土曜日の23時過ぎ、空港からほぼ同じような

立地のルネタホテルまでイエロータクシーで約20分、

料金は286ペソでした。

 

ホワイトタクシーとイエロータクシーって初乗り料金

だけでなく、メーターの上がり具合も違うんでしょうか?

 

ターミナルの入口でセキュリティチェックがあります。

pr736_jun2018_1

 

チェックインは2~3分待っただけで終わりましたが・・・

pr736_jun2018_2

 

出国審査は結構な行列になっています。

pr736_jun2018_3

 

どれだけ並ぶんだと思いましたが、20分ほどでした。

思ったほど掛かりませんでしたね。

 

搭乗口が並んでいる出発ホールは、女性用だけではなく、

男性用トイレも行列しています。

pr736_jun2018_4

 

帰りもこのターミナル2の国際線エリアに来ましたが、

やはり男性用トイレは混んでいました(女性用はもっと

混んでいます)。

 

搭乗口は4番ゲート、ここはバスゲートでした。

並んでいる乗客には日本人も10人以上いるようでした。

 

バスで飛行機のところまで行きます。

pr736_jun2018_5

 

pr736_jun2018_6

 

使用機材はエアバスA321のはずでしたが、A320に変更

されていました。昨晩ウェブチェックイン出来なかった

のは、そのせいなのかもしれません。

 

私は31Cを座席指定していましたが、機材が変わっても

31Cのまま。

 

エアバスA321の31Cは、3クラス制のプレミアムエコノミー

のすぐ後ろ、エコノミークラスで一番前の席だったのですが・・・

 

このA320は2クラス制で、2-2 x 3列のビジネスクラスの

後ろにエコノミークラスがあるのですが、座席番号は

21、22、31・・・となっています。

pr736_jun2018_7

 

pr736_jun2018_8

 

つまり31Cはエコノミークラスで前から3列目の通路側。

毛布はリクエストでしたが、枕は最初から置いて

ありました。

 

あれっ?やけに膝のところに余裕があるんですけど。

私の感覚ではシートピッチが34~36インチはありそう。

pr736_jun2018_9

 

でもすぐ後ろの32列を見てみると狭く、シートピッチが

広いのは前の3列(+非常口席)だけのようです。

 

帰りのシンガポール・マニラ線のエアバスA321でも31Cに

座りました。この席は上でも書いている通り、エコノミー

クラスの最前列です。

 

この席は狭かったですね。おそらくLCCより若干マシな

30インチ(約76cm)程度だと思います。

 

エアバスA321のプレミアムエコノミーを見ていると、

シート自体はエコノミークラスと全く同じ(色は違うけど)、

シートピッチが広いだけのようでした。

 

今回利用したエアバスA320-200は、シートも張り替え

られてきれいにリノベーションされています。

 

将来的に2クラス→3クラス制に移行し、このエコノミー

クラスの前3列はプレミアムエコノミーになるのか、

それとも以前プレミアムエコノミーだった名残なのか?

 

シートは明るい青・水色の皮張りです。

pr736_jun2018_10

 

レカロのシートですね。

pr736_jun2018_11

 

ビジネスクラスは各席にパーソナルモニターあり。

エコノミークラスは天井からモニターが出てくるタイプ。

ヘッドフォンも準備されていました。

pr736_jun2018_12

 

機材はかなり新しい感じがしたのですが、後で調べたら

新造機ではなく、6年近く経過したものでした。最近

改修したのでしょう。

 

私の席上のモニターは故障しているのか、開いたり

閉じたりが止まりません。

pr736_jun2018_13

 

そのモーター音がうるさいので、通路を挟んで

向こう側の31Dに移動しました。隣の31Eは空席。

 

離陸後しばらくして機内食の時間です。

 

選択肢はビーフパスタorチキンライスで、チキンに

しました。

pr736_jun2018_14

 

チキンバーベキューで有名なレストラン、アリストクラット

のソースが付いています。

pr736_jun2018_15

 

チキン自体もアリストクラット監修なのかな?

味も機内食としては悪くなかったです。

pr736_jun2018_16

 

そして、食後にアイスクリームが出てきましたよ。

pr736_jun2018_17

 

フィリピンのArce Dairyというブランドのアボカドアイス

でしたが、普通においしかったです。帰りのシンガポール・

マニラ線では、タイの「ete」ブランドでした。

 

トイレもきれいです。

pr736_jun2018_18

 

便座シートがあります。

pr736_jun2018_19

 

ローションやコロンまで置いてありますよ。

pr736_jun2018_20

 

約3時間でバンコク・スワンナプーム空港に到着。

 

機材もきれいで、機内食も悪くなかったし、幸運にも

シートピッチが広かったので、快適なフライトでした。

 

フライトアテンダントが、救命胴衣のデモをやった後、

「マブハイ!」のアナウンスと共に、胸のところで

両手を重ねるポーズも萌えます。

 

悪評が目立つフィリピン航空なのにどうしたのでしょう?

同航空のイメージが変わりました。

 

フィリピン航空は昨年スカイトラックスから4つ星に

認定され。さらに5つ星を目指すなんて言っていますが、

やる気を出してきたのでしょうか。

 

提携しているANAのマイレージが付く予約クラスでしたが、

6月14日・16日の国内線と19日に利用したこのフライトは

7月5日、6月24日のフライトは7月21日に加算されました。

 

その他のフィリピン航空の搭乗記を見る

たまにすごい掘り出し物価格が見つかる 中華圏のホテルに強いTrip.com

マニラのホテル

バンコクのホテル

 

Related Post

カテゴリー: タイ, フィリピン タグ: , , パーマリンク